経済

新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の海航集団といえば、かつてはドイツ銀行の株式の10%ほどを握って筆頭株主となり、ヒルトンのホテルチェーン(ヒルトン・ワールドワイド)の株式も25%所有する、世界的なコングロマリット(様々な業種の企業を傘下に収める複合企業体)として、よく知られていた。

世界的な大企業のランキングを示すフォーチュン500の170番にランクインしたこともある。

その一方で借入金額は日本円換算で約16兆円に達したこともあり、返済期限が来るたびに高金利での借り換えを行い、さらに苦しくなっていたようだ。

この海航集団は、前々から経営危機説が唱えられていたが、ついに新型コロナウイルスによってとどめを刺された。

海航集団が本社を置く海南省の政府は、新型コロナウイルスの流行のために、同社が金融上の義務を履行できなくなったことから、同社を管理下に置くことを協議していると報じられている。

様々な企業が休業を余儀なくされており、手元のキャッシュが少ない同社が債務の支払いに困ったものと思われる。

すでに昨年12月に、手元のキャッシュの不足により、従業員への賃金の支払いに一部遅延が発生していると言われており、この新型コロナウイルスによる騒動が、ついに息の根を止めることになったと言えよう。

グループ内の中心企業である海南航空は、グループから切り離されて売却されることが検討されている。

同様に、航空貨物会社の金鵬航空も売却される公算が高いとされている。

さらに北京大学の100%出資により設立された北大方正集団もついに破綻したようだ。

北大方正集団は北京大学由来のハイテク・医療系の会社だが、他方で金融部門を大きく広げていて、これが経営的に大きなダメージを与えるようになったと思われる。

総資産は日本円で6兆円ほどで、この破綻の衝撃も大きい。

北大方正集団については、すでに昨年12月にデフォルトが表面化しており、国務院(中国の内閣)系の企業が出資をすることで救済することになっていた。

だが、この新型コロナウイルスショックによって、資金繰りが完全に行き詰まり、北京銀行は同社の再建手続きを北京市の地方裁判所に申し立てた。

中国の中央銀行である中国人民銀行が同社の再建のためのチームを結成し、管理者として資産の整理を行う見通しとなっている。

中国を代表する巨大企業の相次ぐ破綻が表面化した。

不動産バブルの崩壊も止められなくなってきており、今後の中国経済は未曾有の事態に陥ることになりそうだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/52009.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 経済

    テスラが本社移転を示唆! コロナで工場再開できず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスで、台湾とチェコが協力協定へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    韓国のルノーサムスンが再びストへ! 韓国から撤退か?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)
  3. 経済

    江蘇FCが運営停止! 「蘇寧」の危機は中国の経済危機の縮図!(朝香豊)
  4. 人権・民主主義

    中国、インターネット管理をさらに強化! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    アルプス処理水はトリチウム以外も安全! 科学に基づく判断を!(朝香 豊)
PAGE TOP