経済

新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の海航集団といえば、かつてはドイツ銀行の株式の10%ほどを握って筆頭株主となり、ヒルトンのホテルチェーン(ヒルトン・ワールドワイド)の株式も25%所有する、世界的なコングロマリット(様々な業種の企業を傘下に収める複合企業体)として、よく知られていた。

世界的な大企業のランキングを示すフォーチュン500の170番にランクインしたこともある。

その一方で借入金額は日本円換算で約16兆円に達したこともあり、返済期限が来るたびに高金利での借り換えを行い、さらに苦しくなっていたようだ。

この海航集団は、前々から経営危機説が唱えられていたが、ついに新型コロナウイルスによってとどめを刺された。

海航集団が本社を置く海南省の政府は、新型コロナウイルスの流行のために、同社が金融上の義務を履行できなくなったことから、同社を管理下に置くことを協議していると報じられている。

様々な企業が休業を余儀なくされており、手元のキャッシュが少ない同社が債務の支払いに困ったものと思われる。

すでに昨年12月に、手元のキャッシュの不足により、従業員への賃金の支払いに一部遅延が発生していると言われており、この新型コロナウイルスによる騒動が、ついに息の根を止めることになったと言えよう。

グループ内の中心企業である海南航空は、グループから切り離されて売却されることが検討されている。

同様に、航空貨物会社の金鵬航空も売却される公算が高いとされている。

さらに北京大学の100%出資により設立された北大方正集団もついに破綻したようだ。

北大方正集団は北京大学由来のハイテク・医療系の会社だが、他方で金融部門を大きく広げていて、これが経営的に大きなダメージを与えるようになったと思われる。

総資産は日本円で6兆円ほどで、この破綻の衝撃も大きい。

北大方正集団については、すでに昨年12月にデフォルトが表面化しており、国務院(中国の内閣)系の企業が出資をすることで救済することになっていた。

だが、この新型コロナウイルスショックによって、資金繰りが完全に行き詰まり、北京銀行は同社の再建手続きを北京市の地方裁判所に申し立てた。

中国の中央銀行である中国人民銀行が同社の再建のためのチームを結成し、管理者として資産の整理を行う見通しとなっている。

中国を代表する巨大企業の相次ぐ破綻が表面化した。

不動産バブルの崩壊も止められなくなってきており、今後の中国経済は未曾有の事態に陥ることになりそうだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/52009.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 外交

    北朝鮮の密漁に対する日露の落差に愕然! ロシアは一度に161人を拘束・連行!(朝香 豊)

    ロシアは日本海で密漁を行っていた北朝鮮船13隻を、巡視船や航空…

  2. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

  3. 経済

    原油WTI先物が一時マイナス40ドルに! 壊れる世界経済!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!原油…

  4. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 経済

    カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パキ…

  6. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)
  2. 道理

    ソフトバンクの会計に疑念の目! 含み益経営に赤信号点滅か?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)
  4. 経済

    コロナウイルス禍を奇貨として、日本の大改造を行え!(朝香 豊)
  5. 道理

    イラン、ついに撃墜を認める! ウクライナ機!(朝香 豊)
PAGE TOP