経済

IMFトップに親中疑惑浮上! 任期途中での辞任の可能性も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

IMFのトップのゲオルギエバ専務理事に過度な親中疑惑が持ち上がり、辞任に追い込まれる可能性が浮上した。

この疑惑とは、ゲオルギエバ氏が世界銀行のナンバー2であった時に、ビジネス環境を評価する国別ランキングで中国のランクが本来の順位よりも上になるように不正を働いていたというものである。このランキングは海外からの投資を呼び込むために重視されている。

世界銀行には再三にわたって中国側からランキングの順位が低すぎるという不満が寄せられていた。

このランキングを含む報告書の発表を間近に控えた2017年10月に、ゲオルギエバ氏は中国の政府高官と食事をともにしていた。そしてその4日後に調査の担当者たちに中国の数値を出し直すようゲオルギエバ氏が指示していたのである。

担当者たちは中国の数字だけを見直すことに抵抗したが、結局はゲオルギエバ氏に押し切られていた。具体的には中国の数値を出すのに、香港や台湾のデータの数値も入れ込むことで順位を引き上げたようである。これは捏造と言っていいレベルであろう。

なお、ゲオルギエバ氏は自らの責任を否定し、韓国系アメリカ人のキム総裁(当時)の行ったことだと述べている。

確かにキム総裁は大国となった中国への融資を引き続き「新興国」の位置付けで優遇する策を取るなどの親中姿勢を示し、米トランプ政権との折り合いが悪くなって任期途中で辞任したことでも知られる。

だがこれはキム総裁だけの問題なのかは大いに疑問である。

ゲオルギエバ氏は今年7月に6,500億ドル相当のSDR(特別引出権)の新規配分を行った。非常に大雑把に言えば、特別ボーナスで外貨準備となるお金を各国に配分したと考えればよい。これはコロナ禍で傷ついた新興国を経済的に支える処置であり、その点では評価できる面もある。

だが、このSDRの新規配分の最大の受益国が中国になることは明らかだった。新興国は軒並み自国のインフラ投資の資金を中国から高利で借りており、この返済に頭を悩ませていた。SDRを新規に配分した時にこれが中国からの融資返済に向けられるのは明らかだった。この処置は返済に苦しんだ新興国を助ける役割も果たしたが、焦げつきそうな債権の回収に繋がった中国に最大のメリットをもたらしたものでもあったわけである。

なお、このSDRの新規配分については、バイデン政権がこれを認めたことも大問題であった。この件に関する記事を私はブログに上げているので、よかったらそちらも読んでもらいたい。(この記事の下の方にリンクあり)

さて、世界はここまで中国の強追い影響力のもとに置かれているわけだが、今回このような形で親中問題がIMFで持ち上がったのは、親中トレンドが逆回転してきた具体例な表れであると思っている。

IMFに続く動きが恐らく今後様々に出てくることになるのだろう。この後を楽しみにしておきたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

6500億ドルものSDRの新規配分決定! 最大の受益国は中国!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6602

nhk.or.jpの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211009/k10013300331000.html
www.chosunonline.comの記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/10/11/2021101180014.html
ゲオルギエバIMF専務理事の画像
https://cdn.apptimes.net/2021/10/8102214394_74d6c95634_k.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 中国

    中国の対処が3週間早かったら、感染は95%減らせた! 英大学調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 経済

    資本論をブームとして持ち上げるNHK ! 実は自らがブームの火付け役のマッチポンプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!およ…

  4. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!BB…

  5. 人権・民主主義

    香港の攻防は心理戦! 香港市民はぜひデモに参加を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    FBIがハンター・バイデンを捜査中! マネーロンダリングで!(朝香 豊)
  2. 経済

    中共「中央経済工作会議」で事実上の習近平批判! 習近平体制は来年の党大会までか?…
  3. 安全保障

    反乱法は無理! 冷静になって考えよう!(朝香 豊)
  4. 未分類

    日本では集団免疫ができている! 上久保教授の説の解説!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)
PAGE TOP