人権・民主主義

文政権は北朝鮮の人権状況を考えよ! 国際人権団体が公開書簡発表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アムネスティ・インターナショナル、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、国際人権連盟などの69の人権団体などからなる「北朝鮮における人道に対する罪を止める国際連合」が、韓国の文在寅政権に公開書簡を送り、北朝鮮の人権侵害を無視するのをやめるよう求めた。

韓国政府は2008年から一貫して、北朝鮮の人権状況を非難する国連総会決議案への共同提案国に参加してきたが、文政権は昨年この立場から降りた。

また、亡命を求めてきた北朝鮮の漁船民2人を、拷問を受け、殺される可能性すらあることを承知の上で、北朝鮮に引き渡すことも行った。

こうした行為も許されるものではないが、最近の韓国は北朝鮮との交渉において、人権問題で圧力をかけることもやっていない。

北朝鮮の人々は深刻な窮乏状態にあり、激しい人権抑圧に苦しんでいるが、これを無視することは「人権派弁護士」としての文大統領の政治信条を傷つけることになるのではないか。

北朝鮮への圧力を弱めることは、長い苦しみを味わってきた北朝鮮の人たちへの裏切りだ。

北朝鮮との関係を正常化し、経済的関係強化を図るようにすることに、文政権は向かいすぎている。

韓国政府は、朝鮮半島の平和と安定を通じて、北朝鮮の人権状況を向上させる努力を続けると言っている。

だが、北朝鮮に交渉のテーブルに着かせるために、人権問題を軽視するようなやり方は、間違ったアプローチではないのか。

北朝鮮の人権状況を議論し、すべての人の自由と尊厳を尊重して国際社会の一員としての義務を果たすように北朝鮮に圧力をかけることは、どんなテーマであっても北朝鮮との交渉においては不可欠だ。

金正恩に対する圧力を弱めれば、彼の問題行動に利益を与え、北朝鮮の人権状況の改善にはつながることはない。

書簡には、ざっとこんな感じのことが書かれている。

これに対して文在寅政権がどのような返答をするのだろうか。

4月の国会議員選挙が近づく中で、この公開書簡の問いかけがどのような取り扱いを受けることになるのか、注視していきたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のラジオ・フリー・アジアの記事
https://www.rfa.org/english/news/korea/nk-sk-moon-human-rights-03042020162459.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    日韓のメディア系の労組って、こんなに仲いいのね! 共同宣言発表! (朝香 豊)

    韓国の全国言論労働組合(言論労組)と日本マスコミ文化情報労組会…

  2. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  3. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 豊)

    モスクワ市議会選挙では、反体制派の立候補が妨害されるという事態…

  4. 人権・民主主義

    英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)

    香港の英国総領事館に勤務していた香港人の男性が8月に中国で身柄…

  5. 人権・民主主義

    EU議会が中国の政治犯学者にサハロフ賞を授与! 娘が代理出席!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

  6. 人権・民主主義

    反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    デンマークから中国への支援物資提供に、中国ネット民は「断固拒否」!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    フェイスブックが反中共姿勢を鮮明にする新聞の広告を拒絶! 共和党下院議員が問題視…
  3. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米台間の「太平洋対話」が初開催! アメリカは台湾支援を強化!(朝香 豊)
  5. 外交

    文大統領、IOC会長との会談で東京五輪での旭日旗使用の懸念を表明へ (朝香 豊)…
PAGE TOP