人権・民主主義

文政権は北朝鮮の人権状況を考えよ! 国際人権団体が公開書簡発表!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アムネスティ・インターナショナル、ヒューマン・ライツ・ウォッチ、国際人権連盟などの69の人権団体などからなる「北朝鮮における人道に対する罪を止める国際連合」が、韓国の文在寅政権に公開書簡を送り、北朝鮮の人権侵害を無視するのをやめるよう求めた。

韓国政府は2008年から一貫して、北朝鮮の人権状況を非難する国連総会決議案への共同提案国に参加してきたが、文政権は昨年この立場から降りた。

また、亡命を求めてきた北朝鮮の漁船民2人を、拷問を受け、殺される可能性すらあることを承知の上で、北朝鮮に引き渡すことも行った。

こうした行為も許されるものではないが、最近の韓国は北朝鮮との交渉において、人権問題で圧力をかけることもやっていない。

北朝鮮の人々は深刻な窮乏状態にあり、激しい人権抑圧に苦しんでいるが、これを無視することは「人権派弁護士」としての文大統領の政治信条を傷つけることになるのではないか。

北朝鮮への圧力を弱めることは、長い苦しみを味わってきた北朝鮮の人たちへの裏切りだ。

北朝鮮との関係を正常化し、経済的関係強化を図るようにすることに、文政権は向かいすぎている。

韓国政府は、朝鮮半島の平和と安定を通じて、北朝鮮の人権状況を向上させる努力を続けると言っている。

だが、北朝鮮に交渉のテーブルに着かせるために、人権問題を軽視するようなやり方は、間違ったアプローチではないのか。

北朝鮮の人権状況を議論し、すべての人の自由と尊厳を尊重して国際社会の一員としての義務を果たすように北朝鮮に圧力をかけることは、どんなテーマであっても北朝鮮との交渉においては不可欠だ。

金正恩に対する圧力を弱めれば、彼の問題行動に利益を与え、北朝鮮の人権状況の改善にはつながることはない。

書簡には、ざっとこんな感じのことが書かれている。

これに対して文在寅政権がどのような返答をするのだろうか。

4月の国会議員選挙が近づく中で、この公開書簡の問いかけがどのような取り扱いを受けることになるのか、注視していきたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のラジオ・フリー・アジアの記事
https://www.rfa.org/english/news/korea/nk-sk-moon-human-rights-03042020162459.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国で拘束された商社マンに、懲役3年の実刑判決!(朝香 豊)

    中国当局に拘束されていた伊藤忠商事の40代の日本人男性社員に対…

  2. 安全保障

    「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際的に…

  4. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  5. 人権・民主主義

    韓国の高校生の、教師の行き過ぎた偏向の訴えを、ソウル市教育庁が却下!(朝香 豊)

    ソウルの仁憲高校では、学生たちに「日本の経済侵略、反対する、反…

  6. 人権・民主主義

    サヨク涙目! 毎日新聞の世論調査でも安倍内閣の支持率は急上昇! (朝香 豊)

    毎日新聞が行なった全国世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前回の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)
  3. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香…
  4. 経済

    ドイツの銀行が顧客にマイナス金利を求める事態へ! 日本に飛び火?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)…
PAGE TOP