安全保障

新型コロナで飢餓人口が倍増へ! 「世界食糧計画」が警告!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスのパンデミックが世界経済を麻痺させている中で、世界食糧計画(WFP)のビーズリー事務局長は「紛争で傷ついている国々では女性や子どもを含む大勢の市民が、飢えの淵へと追い込まれている。飢餓は非常に現実的な懸念であり、危険な可能性だ」、「われわれは飢餓パンデミックの危機に瀕している」と述べた。

世界中で都市封鎖が行われ、経済活動が大きく制限される中で、この被害は経済的に弱い国でより厳しい状況が展開されることになる。

外貨を獲得する手段を観光・資源輸出・国外への出稼ぎ労働・海外送金などに依存している国では、直接的影響をもろに被ることになるのは、容易に理解できるだろう。

したがって、国家発展のために多額の債務を抱えている国には、この問題は極めて重大だ。

債務の減免がなければ、元本返済や利払いができないどころか、さらに債務を増やさなければならない立場になってしまうからだ。

そうした国は、一般に国内の医療制度も発達しておらず、失業保険などのセーフティーネットも貧弱だ。

また、都市封鎖によって労働者が出勤できなくなり、食料のサプライチェーンのみならず、肥料などの食糧生産に関わるサプライチェーンまでもが崩れている。

この結果、作付け・栽培・収穫・輸送のいずれもが高いダメージを受けることになり、全世界で人々が口にできる食料品の量は、今年はかなりの落ち込みを見せることが容易に予測できる。

現在慢性的な栄養不足に陥っている世界人口は8億人で、そのうち特に深刻な飢餓に直面している人の数は1億3500万人とされているが、WFPは今年はこれが2億6500万人にまで、ほぼ倍増すると予測している。

私たちはこの問題にどう体処すべきなのだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3279714
画像はPixabayから
https://pixabay.com/ja/photos/人-ホームレス-男性-貧困-1550501/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港、元日に大規模デモ行進を予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!

    いいぞ、メルケル!ドイツのメルケル首相は中国の李克…

  3. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  4. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 豊)

    イラン政府が高まる反政府デモを抑えるためにインターネット通信を…

  5. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アップ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)
  2. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)
  3. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)
  5. 道理

    韓国が福島の食材にまたイチャモンをつける! 
PAGE TOP