経済

IMFが世界成長率予測の更なる引き下げを示唆! 日本は政策転換せよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

IMFのゴピナート首席エコノミストは、「新型コロナウイルスによる深刻な『世界大封鎖』が経済を直撃した」として、4月時点で発表していた2020年の成長率予測をさらに引き下げる意向を示した。

ゴピナート氏は「世界経済は過去の危機と異なり、大恐慌以来初めて先進国と新興国が同時に景気後退に突入した」とし、とりわけサービス産業の事業収縮に強い警戒感を表明した。

先進国が経済を拡張して、新興国の輸出先を確保させないといけないが、現状の先進諸国の経済政策では、積極的に経済を拡大させるものとはなっていない。

中国から日本へ生産基地を戻すための大胆なプロジェクトなど、日本の経済力を拡大するための思い切った政策を実施し、これが間接的に新興国にも大きな恩恵が与えられるようにするのは、世界的にも求められている。

弱者保護の救済的な財政出動も当然必要だが、それとは全く異なる生産力を拡大させるための投資に直結する財政出動も必要だ。

そういう発想の転換を考えてもらいたいものだ。

 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60405120W0A610C2FF8000/
画像はウォールストリートジャーナルから
https://www.wsj.com/articles/gita-gopinath-and-indias-brain-drain-1538694599
https://images.wsj.net/im-28808?width=620&size=1.5

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 経済

    過剰な感染対策で、経済を潰すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 経済

    緊急経済対策はあまりにもしょぼい! これは怒るべきだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「過…

  3. 経済

    日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)

    今年の日本の出生数は、1~7月は前年同期に比べて5.9%減と、…

  4. 経済

    パンデミックで発展途上国で大量失業! 広がる貧困危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(朝香 豊)

    IMF(国際通貨基金)は世界経済見通しを、前回実施の7月の見通…

  6. 経済

    国内企業物価指数が急上昇! 世界に広がるインフレの波!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    12月の段階で、中国政府は新型コロナウイルスがSARS系だと知っていた!(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    高まるタイの反政府運動! 王室の危機!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港人権民主主義法案の米上院可決に、中国猛反発! 報復を示唆! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊…
PAGE TOP