安全保障

新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

厚生労働省は、新型コロナウイルスの検査を行う対象を拡大したと発表した。

それでも、「37度5分以上の発熱と肺炎を疑わせる呼吸器症状があり、2週間以内に湖北省への渡航歴があるか、湖北省に滞在した人と濃厚接触した人」に、未だ限られている。

すでに国内で3次感染の疑いの強い感染例が報告されている中では、この対応でも不十分だと言わざるをえない。

空港で外国人観光客と接する仕事をしている人に、既に肺炎の症状が出ていて、従来の肺炎治療薬では効果が見られず、状態が悪化した患者がいる。

新型コロナウイルス感染の疑いが強いので、医者が検査をしたいと申し出たのだが、国が定める検査対象には含まれていないということで、対応を断られている。

単純に基準を杓子定規に運用しているだけだろうとは思うが、これはおかしいのではないか。

基準を現実に対応できるようにさらに緩和する必要が明らかに出ているだろう。

そのことにうすうす気付いていながら、この対応に限定しているのは、そうしないと日本の医療のキャパから考えて、対応が不可能になることを、政府も気にしているからかもしれない。

一方、政府は、香港発のクルーズ船「ウエステルダム号」の入港禁止を宣言した。

ダイアモンドプリンセス号から思わぬ数の感染者が発見され、こちらの感染状況の検査で手一杯になっていることから、これ以上の負担は無理だという判断があったのだろう。

国内世論にも配慮せざるをえなかったのだろうとも思う。

にもかかわらず、中国からの全面的な入国について、日本はまだ拒否する姿勢を見せていない。

ダイアモンドプリンセス号の一部の乗員からの検査だけでも数日かかっている現状は、もはや国内の受け入れ体力の面でも、限界を超えていることを示している。

中国からは、今でもおそらくは飛行機だけで、1万人程度の来日客が連日いるはずだ。

その中に仮に1万人に1人の感染者がいたとしたら、毎日1人の感染者が入国していることになる。

この病気が厄介なのは、当人が感染状況に気づかず、いたって元気であったとしても、周りの人を感染させていることもあるという点だ。

問診と検温と目に見える症状だけに頼った検査では、明らかに漏れが出てくると言わざるをえない。

さらに、発病していても、感染しているかどうかがわかりにくいというのも、厄介だ。

中国でこの武漢発の新型肺炎についてはじめに警告した武漢の李文亮医師は、発病から20日間の間に陽性反応が出なかった。そしてついに亡くなった。

従来の対応が限界を超えているのに、未だに対応を抜本的に変えないのはなぜなのか。

日本人の生命や安全より、中国のご機嫌の方が大切なんだろうか。

あまりにも情けない話だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200206/k10012275181000.html?utm_int=news-new_contents_latest_relation_001

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    中国の知的財産窃盗対策に遅れがあることを焦るアメリカ! もっとゆるい日本!(朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガですでに流していた記事を、ブログに再掲載いたしま…

  2. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキング香港やウイグルでの人権弾圧がアメリカで…

  3. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒龍…

  5. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)

    政府は安全保障上重要な日本企業への外資の出資規制を強化する方向…

  6. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. 馬雲 ジャック・マー

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国で艾芬女医も拘束! 国境なき記者団が釈放を要求!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    賢く使い捨てマスクの再利用を進めよう!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?
  4. 人権・民主主義

    脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)
  5. 経済

    北朝鮮の深刻な経済を、金正恩委員長が認める!(朝香 豊)
PAGE TOP