安全保障

中国が尖閣領有権主張の「オンライン博物館」を開設! 日本はカウンターを打て!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国が尖閣諸島の領有権を主張するための「オンライン博物館」を開設した。

現在は中国語版・英語版・日本語版が用意されており、一応もっともらしい解説もついている。

今後その他の言語にも広げていく予定のようだ。

日本政府はこれに対して抗議し、このウェブサイトの削除を求めたが、そんなことで引き下がる中国では当然ない。

さて、尖閣の領有権を主張するサイトはすでに外務省が作成しており、そのサイトの動画はYouTubeにも上がってはいるが、その主張は実におとなしいレベルに留まっている。

中国側の「オンライン博物館」の開設を機に、日本側はこの「博物館」のウソを叩きのめすサイトを用意し、逆宣伝をすべきではないだろうか。

尖閣問題に関しては、長崎純心大学の石井望准教授が非常に深い研究を行っており、16世紀の終わり頃に中国側が尖閣諸島を日本側の勢力下であると認識していたという史料も発掘されている。

石井准教授の力も借りながら、中国側の主張がいかに間違っているかを、簡潔でわかりやすく伝えるサイトを用意することを国家プロジェクトとして推進すべきである。

そして、サイトの公開にあたっては、中国政府にこのサイトの閲覧をグレートファイアウォールによって見えなくするのではなく、中国人が誰もが見ることができるようにすべきであるとの要望まで行うべきである。

中国共産党にとって不都合な情報は公開しない中国政府の姿勢を逆手にとって、日本側の主張を明確に示すべきである。
 
 

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/10/63088.html
ネタ元の「尖閣諸島の中国側のオンライン博物館」の記事
http://www.diaoyudao.org.cn/jp/
東方網日本語版からの引用画像(尖閣諸島の領有権を主張する中国のサイト)
https://jp.eastday.com/images/thumbnailimg/month_1503/201503051101418352.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)

    「一帯一路」プロジェクトによって、中国がEUとアジアの交通網を…

  3. 安全保障

    アメリカ、公衆衛生上の緊急事態を宣言! 新型肺炎で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)

    米国務省のクラック次官、スティルウェル次官補、ナッパー副次官補…

  5. 安全保障

    米軍、北朝鮮に「鼻血作戦」検討へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  6. 道理

    豪政府が中国の初動でWHO抜きの独立調査を要求! 米独仏に共同国際調査を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    IMFが世界成長率予測の更なる引き下げを示唆! 日本は政策転換せよ!(朝香 豊)…
  2. 経済

    4月の消費支出は11.1%減! 過去にない落ち込み!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    TikTokで中国のウイグル政策を批判した女子高生、アカウントが一時停止に! (…
  5. 人権・民主主義

    SNS批判で動くホーリー上院議員! 怒っているのはトランプ大統領だけではない!(…
PAGE TOP