安全保障

コロナを気にせず、学校を再開せよ! 米CDCが提言!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカでは連日5万人程度の新型コロナウイルスの新規感染者が見つかる状態で、日本と比べるとその深刻さのレベルはまるで違う。

このアメリカで、公衆衛生に絶大な力を持つ「疾病予防管理センター」(CDC)が、夏休み明け後の学校の再開の重要性を訴える発表を行った。

子供たちが感染しても重篤化して死に至ることは0.1%未満であり、インフルエンザでも死に至ることがあることと比べて特別にリスクがあるとは考えられないとしている。

学校を閉じたままだと、教育の機会を奪う弊害は大きく、社会性の能力や感情表現の技術を高める機会も奪うことになる。

体を動かす機会も奪うことになる。

理想的とは言えない家庭環境や地域環境で暮らす子供たちには学校は安全を与える場であるし、給食を通じて栄養を与える機能も担っている。

こうしたトータルな判断で考えれば、学校は再開させるべきであるというのがCDCの結論だ。

極めて当たり前の話で、高齢者と基礎疾患のある人を感染させない工夫はもっと徹底させるにせよ、致死リスクの低い人たちの活動は普通に行わせるべきだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のCDCの発表
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/community/schools-childcare/reopening-schools.html
Wikimediaからの引用画像(CDC)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8b/David_J._Sencer_CDC_Museum_Exterior.jpg
Wikimediaからの引用画像(学校)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/44/US_Navy_090303-N-7130B-018_U.S._Ambassador_to_the_Philippines_Kristie_A._Kenney_reads_a_children%27s_book_to_school_children_at_Esperanza_Central_School.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

  2. 安全保障

    さらに危険性を増した香港国家安全法! 令状なし捜査も可能に! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国家…

  3. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リー…

  4. 安全保障

    「日本はアジアで最も対策がずさん」! 日本在住の台湾人女優! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  5. 安全保障

    アメリカの脅威はロシアで、中国ではない! バイデンが断言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「国境の壁が犯罪を抑止する」がヘイトだって? ツイッターの検閲をFOXが報道!(…
  2. 道理

    米軍に安易な基地名見直しの動き! 南北戦争の南部指導者名は外すべきか?(朝香 豊…
  3. 経済

    脱炭素化について真剣に考えよう!(松尾 利昭)
  4. 人権・民主主義

    中国、インターネット管理をさらに強化! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)
PAGE TOP