安全保障

三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

三菱重工業は国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット」(MSJ)の事業化を事実上凍結すると正式に表明した。

事業凍結の話は一旦は「ガセ」扱いされたが、正式に決まったようだ。

2019年度は1300億円程度、2020年度は600億円程度あった開発費を、今後3年間は200億円程度まで減らすとし、大規模な予算が必要な飛行試験は見合わせるという。

これまでの飛行試験のデータを使って、商業運行に必要な型式証明の取得作業は続けるとのことだ。

航空機産業は非常に裾野が広い。

MSJ開発が順調に成功し、量産体制に入っていれば、中部の産業界にとってそのメリットは非常に絶大であったろう。

航空機産業の基盤が整えば、国産軍用機の基盤もさらに整う形になっただろう。

こうした点からも実に残念だ。

三菱重工が議決権のない株式(優先株)を発行し、それを政府系金融機関が引き受け、その後日銀に売却するなどのスキームを作って、三菱重工を金融的に支援できないものだろうか。

また、これとは別途に国産軍用ドローンの開発を進めて、これを産業として育てるようなプロジェクトは作れないだろうか。

航空産業の育成策を、国防の観点も絡めて政府には積極的に考えてもらいたいものだ。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65685750Q0A031C2L91000/
日経新聞からの引用画像(三菱スペースジェットMSJ)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6568666030102020L91001-PN1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=777e19613704cc218eaa751f175765c1
月刊「事業構想」からの引用画像(航空宇宙産業の裾野)
https://www.projectdesign.jp/201402/images/gazou/094_095_5.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  2. 安全保障

    新型コロナの開発中のワクチンの臨床試験開始! ただ実用化はまだまだ先!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    不良品でヨーロッパで信頼をなくす中国! 新型コロナの医療物資!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!すで…

  4. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オラ…

  5. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!(朝香 豊)

    解任されたボルトン氏の後釜として、アメリカの大統領安全保障担当…

  6. 安全保障

    米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)

    米国務省のクラック次官、スティルウェル次官補、ナッパー副次官補…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    単純な算数でわかる今回の不正選挙! バイデン勝利はありえない!(朝香 豊)
  2. 未分類

    亀裂が生まれる中国とアフリカ、中国とロシア! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)…
  3. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(…
  4. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    武漢発新型肺炎で、WHOがまさかの緊急事態宣言見送り! 中国の影響力のためか?(…
PAGE TOP