安全保障

スクープ! ウクライナ機の撃墜を、イランのトップはやはり最初から知っていた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ニューヨークタイムズのスクープだ。

ウクライナ機の撃墜について、イラン政府は3日間の間は撃墜と知りつつ嘘を突き通し、このままだと自分は辞任するとロウハニ大統領が脅すまで続いたというのだ。

ソレイマニ司令官の暗殺によってアメリカとの軍事的緊張が高まる中で、空港を敢えて閉鎖しないでおけば「人間の盾」になり、イランへのアメリカの軍事攻撃を防ぐのに役立つと、イラン指導部は考えていた。

ミサイル部隊の士官は、巡行ミサイル発射を促す警告を耳にしたが、これが間違っていたとの訂正メッセージは耳に入っていなかった。

そのため、2発の巡航ミサイルが放たれたのだという。

この士官はイランのトップ3の軍高官にこのことを伝え、ハメネイ師にも伝えられた。

だが、ロウハニ大統領などの行政スタッフやイラン国民には伝えられなかった。

危機がこれ以上大きくなっては国が対処できないと考え、事実を隠蔽することが通った。

だがどうも隠しきれないと考え、軍の司令官がロウハニ大統領を呼んで真相について話した。

その後、真相を公表しないと自分は辞任すると、ロウハニ大統領が動いた模様だ。

自分は、イラン革命防衛隊の一部に反ハメネイ・反ソレイマニ派がいて、意図的に撃墜したのではという推論をしていたのだが、このスクープでは恐怖心に駆られた人為的なエラーによって引き起こされたという流れだ。

それも当然ありうるだろう。

ともあれ、この情報はやがて情報統制の厳しいイラン国内にも浸透して行くことになる。

その後にイランの現在の体制が維持できるのかどうか、今後は注目したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のNew York Timesの記事
https://www.nytimes.com/2020/01/26/world/middleeast/iran-plane-crash-coverup.html?smtyp=cur&smid=fb-nytimes&fbclid=IwAR0FCH0JlkpjFXMCteJ0VkzxFaTkxvdeZUq6klhGn–wZg2A9aOhliEqtHg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  2. 安全保障

    敵基地攻撃能力の保持は当然! 河野太郎氏の欺瞞を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  3. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  4. 安全保障

    孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    国際調査報道ジャーナリスト連合が、中国のウイグル人弾圧の内部文書を公表! (朝香…
  2. 安全保障

    ハイチ大統領の殺害! 真の黒幕は中国か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「リベラル」マスコミはトランプ大統領を激しく非難! アメリカ国民の見方と相違!(…
  4. 未分類

    5月29日「日本世論の会」神奈川県支部 講演会 のお知らせ(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国で異常判決! 最高裁が壊す法の支配!(朝香 豊)
PAGE TOP