安全保障

スクープ! ウクライナ機の撃墜を、イランのトップはやはり最初から知っていた!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ニューヨークタイムズのスクープだ。

ウクライナ機の撃墜について、イラン政府は3日間の間は撃墜と知りつつ嘘を突き通し、このままだと自分は辞任するとロウハニ大統領が脅すまで続いたというのだ。

ソレイマニ司令官の暗殺によってアメリカとの軍事的緊張が高まる中で、空港を敢えて閉鎖しないでおけば「人間の盾」になり、イランへのアメリカの軍事攻撃を防ぐのに役立つと、イラン指導部は考えていた。

ミサイル部隊の士官は、巡行ミサイル発射を促す警告を耳にしたが、これが間違っていたとの訂正メッセージは耳に入っていなかった。

そのため、2発の巡航ミサイルが放たれたのだという。

この士官はイランのトップ3の軍高官にこのことを伝え、ハメネイ師にも伝えられた。

だが、ロウハニ大統領などの行政スタッフやイラン国民には伝えられなかった。

危機がこれ以上大きくなっては国が対処できないと考え、事実を隠蔽することが通った。

だがどうも隠しきれないと考え、軍の司令官がロウハニ大統領を呼んで真相について話した。

その後、真相を公表しないと自分は辞任すると、ロウハニ大統領が動いた模様だ。

自分は、イラン革命防衛隊の一部に反ハメネイ・反ソレイマニ派がいて、意図的に撃墜したのではという推論をしていたのだが、このスクープでは恐怖心に駆られた人為的なエラーによって引き起こされたという流れだ。

それも当然ありうるだろう。

ともあれ、この情報はやがて情報統制の厳しいイラン国内にも浸透して行くことになる。

その後にイランの現在の体制が維持できるのかどうか、今後は注目したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のNew York Timesの記事
https://www.nytimes.com/2020/01/26/world/middleeast/iran-plane-crash-coverup.html?smtyp=cur&smid=fb-nytimes&fbclid=IwAR0FCH0JlkpjFXMCteJ0VkzxFaTkxvdeZUq6klhGn–wZg2A9aOhliEqtHg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)

    フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は、次世代通信規格「…

  2. 安全保障

    日米台で安全保障に関するシンクタンクの会議を開催!(朝香 豊)

    アメリカのシンクタンク「プロジェクト2049研究所」が、「米日…

  3. 安全保障

    台湾有事の緊張高まる! 中国軍・米軍・台湾軍が臨戦態勢へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!伝染…

  5. 安全保障

    なぜ防衛省は北の「飛翔体」について独自情報に基づいた発表を行わないのか?

    北朝鮮が今日(9月10日)発射した「飛翔体」について、種別や飛…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    量子コンピュータでも読み解けない電子カルテ保管、日本で実験成功! 世界初!(朝香…
  2. Featured Video Play Icon

    道理

    やっちまった〜! 原田環境相の「処理水の海洋放出しかない」発言を、小泉新環境相が…
  3. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)…
  4. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)…
  5. 経済

    2020年は中国企業のドル建て債のデフォルトラッシュか?(朝香 豊)
PAGE TOP