人権・民主主義

毒を盛られた模様! ロシア反体制の指導者のナワリヌイ氏!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ロシアの反体制派の急先鋒だったナワリヌイ氏が、モスクワに向かうフライトの途中で調子が悪くなり、飛行機は途中で緊急着陸し、ナワリヌイ氏は集中治療室に送られた。

昏睡状態が続いているようだ。

飛行機に搭乗する前に空港のカフェで飲んだ紅茶に毒を盛られたと見られ、ストレッチャーで緊急搬送された。

ナワリヌイ氏は3年前にメドベージェフ首相(当時)が、首相としての給与では絶対に購入できない豪邸やヨットやワイン畑を所有していることを暴露する動画を公開して、ロシア中を騒然とさせた。

2年前には大統領選挙に出馬しようとしたが、選挙管理委員会は全会一致でナワリヌイ氏の立候補は無効との判断を下し、出馬できなかったこともある。

それほどロシア政府は彼の人気を恐れている。

ナワリヌイ氏はプーチン大統領が率いる政党「統一ロシア」のことを、「いかさま師と盗賊の政党」だと酷評している。

「統一ロシア」のプーチン氏とメドベージェフ氏

ウォール・ストリート・ジャーナル誌は「プーチンが最も恐れる男」としてナワリヌイ氏を紹介した。

彼が率いる「反汚職基金」は、昨年ロシア政府から「外国のエージェント」(外国勢力の手先)の扱いをされ、ロシア政府から弾圧されている。

彼には以前にも毒が盛られたと思われる事件が発生している。

ロシア政府は彼の早い回復を願うとの声明を発表しているが、政府自身が毒を盛ったのではないかと見られている。

なんともおそロシアな話である。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のBBCの記事
https://www.bbc.com/news/world-europe-53844958
BBCからの引用画像(ナワリヌイ氏)
https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/D767/production/_114034155_055560468.jpg
BBCからの引用画像(ストレッチャーで運ばれるナワリヌイ氏)
https://ichef.bbci.co.uk/news/624/cpsprodpb/1421F/production/_114036428_594a2cad-c16f-4eb3-a7b8-16cea0420d2a.jpg
ツイッターからの引用画像(メドベージェフ氏の豪邸)
https://pbs.twimg.com/media/C6PjlHVU4AETfIS.jpg
RTからの引用画像(統一ロシアのプーチン氏とメドベージェフ氏)
https://cdni.rt.com/files/oldfiles/politics/putin-united-russia-party-833/novostiekaterina-ria-shtukina.si.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)

    中国共産党機関紙の「環球時報」の編集長は、中国当局によるネット…

  3. 人権・民主主義

    香港警察がデモ逮捕者のレイプをしていると、女子大生が訴える!(朝香 豊)

    香港中文大学で校長と学生との公開対話が行われた。この席…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    イスラエル破壊は「達成可能な目標」! イラン革命防衛隊司令官!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)
  5. 未分類

    5月29日「日本世論の会」神奈川県支部 講演会 のお知らせ(朝香 豊)
PAGE TOP