道理

トランプ大統領については偏ったネガティブ報道! アメリカのリベラルマスコミ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのメディアリサーチセンターのリッチ・ノイエス氏によると、アメリカの3大テレビネットワークのイブニングニュースで、次期大統領候補のトランプ氏とバイデン氏では、トランプ氏に対する否定的なコメントはバイデン氏の150倍に達していることがわかった。

6月と7月の調査によると、トランプ氏に対するプラス・マイナスの評価を伴う668のコメントのうち、95%(634コメント)がマイナス評価であり、プラス評価を伴うコメントはわずかに5%(34コメント)しかなかった。

これに対してバイデン氏については、プラス・マイナスの評価を伴うコメントは12しかなく、その2/3(8コメント)が肯定的評価を伴うもので、マイナス評価のコメントはわずかに4コメントだけであった。

バイデン氏に対するネガティブコメント(4個)に対して、トランプ氏に対するネガティブコメント(634個)は150倍以上であり、視聴者は圧倒的にトランプ氏に対する否定的なコメントを植え付けられている状況にある。

ノイエス氏はメディアと選挙の調査を35年にわたって行なっているが、このようなことはかつてなかったと断言し、ここまで来るとニュースではなく、実際にはネガティブ宣伝だと述べている。

バイデン氏については、バイデン陣営のスタッフをしていたタラ・リード氏に対する性的暴行など、セクハラ絡みのスキャンダルは数多くあるが、これらがこの2ヶ月間の間に3大テレビネットワークのイブニングニュースに取り上げられたことは一度もなかった。

バイデン氏に関しては、他にもウクライナ疑惑(アメリカの副大統領だったバイデン氏がウクライナの大統領に働きかけて、汚職調査を進めていたウクライナの検事総長を解任させた事件。汚職疑惑の会社「ブリスマ」に、息子のハンター・バイデン氏が役員に就任し、高額の報酬を手にしていた)、中国疑惑(息子のハンター・バイデン氏が代表を務める会社が中国の銀行と合弁で「渤海華美」という投資ファンドを設立し、中国の顔認証システムの「Face++」などに出資し、中国の強圧的な独裁体制を支援し、そこから経済的な利益を得ている)、認知症疑惑(アメリカではコロナで1億2000万人が死んだと言っても、大統領予備選で重要な「スーパーチューズデー」を「スーパーサーズデー」と言っても、自分の言い間違いに気付かないとか、大統領選挙に出馬しながら「上院議員選挙に出馬している」と話しているなど)など、大統領候補としての適格性で大問題になるような致命的な欠陥を数多く抱えているが、こうしたものもほとんどメディアでは取り上げられない。

ハンター・バイデン氏

日本のリベラルメディアが腐っているのはよく知られた通りだが、アメリカのリベラルメディアも相当に大きな問題を抱えている。

この腐ったメディアが、トランプ政権の最大の敵である。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNewsbustersの記事
https://www.newsbusters.org/blogs/nb/rich-noyes/2020/08/17/study-150-times-more-negative-news-trump-biden
CNNの引用画像(Trump & Biden)
https://dynaimage.cdn.cnn.com/cnn/c_fill,g_auto,w_1200,h_675,ar_16:9/https%3A%2F%2Fcdn.cnn.com%2Fcnnnext%2Fdam%2Fassets%2F200807151226-trump-biden-split.jpg
Politicoからの引用画像(Biden)
https://static.politico.com/dims4/default/e680638/2147483647/resize/1160x/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fstatic.politico.com%2Fb9%2Fc3%2F54a99abc4bd5832dea2d4cb25ffb%2Fgettyimages-1256156642-773.jpg
ウォール・ストリート・ジャーナルからの引用画像(タラ・リード氏)
https://images.wsj.net/im-181007?width=620&size=1.5
CNBCからの引用画像(Hunter Biden)
https://image.cnbcfm.com/api/v1/image/106349086-1579707072885preview.jpg?v=1589390144

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  2. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 中国

    中国本土のイベントに台湾の国民党は代表団を派遣せず! 反中に動く台湾の世論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!9月…

  3. 人権・民主主義

    蔡英文総統、中国による台湾への浸透を阻止する法案の審議を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リン…

  5. 人権・民主主義

    不法移民を直ちに解放せよ! バイデン政権が指示!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  6. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国で大物経営者が次々退任・失脚! 民営企業受難の時代に! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    リン・ウッド弁護士が爆弾投下! ヒラリーとジョージア州務長官の会話を曝露!(朝香…
  3. 道理

    中国向けの自己検閲を、ロイターが非難!(朝香 豊)
  4. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    北朝鮮のミサイル発射で岸田総理が官邸に戻る! 無駄ではないか!(朝香 豊)
PAGE TOP