人権・民主主義

ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの著名な経済学者・公共学者のピーター・ナヴァロ氏が、不正がなければトランプが今回の大統領選挙で勝利したのだとするレポートの第3弾を提出した。今回は今までの2回のレポートを踏まえて、最終結論をまとめたものだ。ナヴァロ氏は今回どちらが勝ったかが争われた激戦6州に絞って、様々な具体的な証拠や信頼できる宣誓供述書に基づいて、トランプが勝利していたという最終結論のレポートを上げた。

ナヴァロ氏の控え目な集計でも、アリゾナ州では254722票の不正票の疑いがあり、バイデンとトランプの票差の10457票を遥かに上回っている。

こんな感じで不正票が疑われる票数と2人の票差を、この間争われていた6州について各州ごとにまとめてみた。

アリゾナ州 254722票 10457票
ジョージア州 601130票 11779票
ミシガン州 446803票 154818票
ネバダ州 220008票 33596票
ペンシルバニア州 992467票 81660票
ウィスコンシン州 553872票 29682票

以上のように、激戦6州においてはいずれも不正が疑われる票数が2人の票差を圧倒的に上回っている。

さて、トランプ側としては今後、このナヴァロ報告書に世間の注目をどう集めていくかは、1つの戦い方の鍵になるだろう。

ちなみにピーター・ナヴァロ氏は「米中もし戦わば」などの著作でも広く知られる対中強硬派で、トランプ政権で新設された国家通商会議の議長ににもなった。

アメリカの知的階層の中では、ナヴァロ氏に対する信頼は非常に厚い。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

第3弾のナヴァロ報告書
https://img1.wsimg.com/blobby/go/be36dc6d-0df4-4c20-addf-fca72be46150/The%20Navarro%20Report%20Volume%20III%20Final%201.13.21-0001.pdf
ピーター・ナヴァロ氏の画像
https://merage.uci.edu/_files/images/faculty-profiles/Peter-Navarro.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    サヨク涙目! 毎日新聞の世論調査でも安倍内閣の支持率は急上昇! (朝香 豊)

    毎日新聞が行なった全国世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前回の…

  2. 外交

    バイデンがトランプ外交を妨害か? 2016年の大統領選後の引き継ぎで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

  3. 安全保障

    反乱法は無理! 冷静になって考えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  4. 安全保障

    コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」でロレアルが迷走! 「白」という言葉は使わない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  6. 道理

    教育の公的支出割合 日本はOECD加盟国中最下位! (朝香 豊)

    日本政府や地方自治体が負担する教育費がGDPに占める割合は2.…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 道理

    性善説でゴーンを逃す! 日本のあり方を問い直せ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国、チェコを脅迫! 台湾訪問団を取りやめろ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)…
  5. 経済

    韓国では最低賃金の急上昇で失業者が急増し、雇用保険料を大幅増額へ! 何をやってる…
PAGE TOP