人権・民主主義

ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの著名な経済学者・公共学者のピーター・ナヴァロ氏が、不正がなければトランプが今回の大統領選挙で勝利したのだとするレポートの第3弾を提出した。今回は今までの2回のレポートを踏まえて、最終結論をまとめたものだ。ナヴァロ氏は今回どちらが勝ったかが争われた激戦6州に絞って、様々な具体的な証拠や信頼できる宣誓供述書に基づいて、トランプが勝利していたという最終結論のレポートを上げた。

ナヴァロ氏の控え目な集計でも、アリゾナ州では254722票の不正票の疑いがあり、バイデンとトランプの票差の10457票を遥かに上回っている。

こんな感じで不正票が疑われる票数と2人の票差を、この間争われていた6州について各州ごとにまとめてみた。

アリゾナ州 254722票 10457票
ジョージア州 601130票 11779票
ミシガン州 446803票 154818票
ネバダ州 220008票 33596票
ペンシルバニア州 992467票 81660票
ウィスコンシン州 553872票 29682票

以上のように、激戦6州においてはいずれも不正が疑われる票数が2人の票差を圧倒的に上回っている。

さて、トランプ側としては今後、このナヴァロ報告書に世間の注目をどう集めていくかは、1つの戦い方の鍵になるだろう。

ちなみにピーター・ナヴァロ氏は「米中もし戦わば」などの著作でも広く知られる対中強硬派で、トランプ政権で新設された国家通商会議の議長ににもなった。

アメリカの知的階層の中では、ナヴァロ氏に対する信頼は非常に厚い。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

第3弾のナヴァロ報告書
https://img1.wsimg.com/blobby/go/be36dc6d-0df4-4c20-addf-fca72be46150/The%20Navarro%20Report%20Volume%20III%20Final%201.13.21-0001.pdf
ピーター・ナヴァロ氏の画像
https://merage.uci.edu/_files/images/faculty-profiles/Peter-Navarro.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  3. 安全保障

    アメリカがウイグル制裁を発動! 中共幹部に金融制裁、ビザ発給停止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 道理

    BLM運動家に恐怖を覚えた金持ちが銃口を向けた! アウトかセーフか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 人権・民主主義

    道路陥没で落下した3人を救助せずに、セメント注入! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    ウィスコンシン州のバイデン・ジャンプ! ミルウォーキーの選挙委員長の疑惑のメール…
  3. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 中国

    中国本土のイベントに台湾の国民党は代表団を派遣せず! 反中に動く台湾の世論!(朝…
PAGE TOP