中国

中国本土のイベントに台湾の国民党は代表団を派遣せず! 反中に動く台湾の世論!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

9月19日に福建省のアモイ市で開幕する中台間の民間交流イベント「海峡フォーラム」に、台湾の国民党は今年は代表団を送らず、党としては参加しないと発表した。

国民党は6日に開いた党大会で「一国二制度」への反対を打ち出した。

これは中国政府にとって衝撃だったのだろう。

中国国営の中国中央電視台(CCTV)は、国民党が「一国二制度」への反対を表明した上でこのフォーラムに参加することについて、「国民党は中国に許しを求めるために来る」と報道した。

この報道に国民党側が反発し、今年は党としての代表団を送らないことを決めた。

中国に抗議した江啓臣国民党党首

現在台湾では国民党が中国に接近しすぎているという警戒感が強い。

この中で国民党が中国側のこの報道を見過ごすようなことになれば、その支持を間違いなく失うことになる。

台湾の世論が反中に傾く中で、国民党としても中国の横暴に対して強く出るしかなくなったと言える。

現在の台湾の世論の動きがよくわかるではないか。

「海峡フォーラム」は2009年から毎年開催され、今年で12回目を迎えるが、国民党が参加しないのは今年が初めてのことだ。

国民党としての参加はなくなったが、国民党員が個人の資格で同フォーラムに参加するのは妨げられていないので、参加する者も出てくるだろう。

今年の同フォーラムは、親中派のレベルを測るリトマス試験紙になりそうだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63818120U0A910C2FF8000/
日本東方新報からの引用画像(海峡フォーラム)
http://www.livejapan.cn/null/u/cms/www/201806/20180612182515932.jpg
産経デジタルizaからの引用画像(江啓臣国民党党首)
https://prt.iza.ne.jp/kiji/world/images/200307/wor20030719490017-p1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  2. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  3. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

  4. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自ら…

  5. 中国

    吉林省でも新型肺炎の流行再発! 舒蘭市で強力な都市封鎖!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒龍…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 道理

    ジャパンライフから朝日新聞元幹部が多額の顧問料を受領していた!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    尖閣周辺で活発化する中国の動き! パワーバランスが崩れてきた!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」でロレアルが迷走! 「白」という言葉は使わない!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    必見! 香港警察に実弾を撃たれた若者が、一命をとりとめての記者会見!(朝香 豊)…
  5. 外交

    ラグビーW杯での旭日旗使用さえ、韓国教授は抗議へ! (朝香 豊)
PAGE TOP