外交

バイデンがトランプ外交を妨害か? 2016年の大統領選後の引き継ぎで!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2016年のアメリカ大統領選挙が終わった後(11月16日)に、バイデン副大統領(当時)とウクライナのポロシェンコ大統領(当時)が行っていた電話会談の模様が明らかになった。

バイデン氏とポロシェンコ氏

二人はアメリカの新政権に対して引き継いで伝えることと伝えないことを議論していた。

ポロシェンコ大統領はアメリカへのビザなし入国処置を求め、その上で11月21日のウクライナの革命記念日にバイデン副大統領のウクライナ訪問を求めていた。

ウクライナのポロシェンコ大統領(当時)

バイデン副大統領はその日には行けないが、12月初旬には行ける可能性はある。だが、それはポロシェンコ大統領のアメリカの新政権(2ヶ月後に成立するトランプ政権)に対する態度次第だとした。

バイデン副大統領は、民主党が敗北したけれども、引き続きウクライナ問題に深く関与したいと述べていた。

この電話内容が本当だとすれば、バイデン氏はアメリカの新政権の外交上の引き継ぎを十分に行わなかっただけでなく、新政権の脚を引っ張る外交を別ルートで行おうとしていたということになる。

なお、バンデン氏はウクライナに圧力をかけて検事総長をクビにしたことを自慢しており、この事件とバイデン氏の息子がウクライナのガス会社「ブリスマ」の役員になったこととの関係性が疑われている。

ニューヨークポストがこの件の確認をバイデン側に行ったところ、返答はなかった。

ことの詳細が今後よりはっきりすることを期待したい。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNY POSTの記事
https://nypost.com/2020/09/16/biden-hits-trump-administration-in-leaked-call-with-poroshenko/?utm_source=maropost&utm_medium=email&utm_campaign=news_alert&utm_content=20200916&mpweb=755-9089102-720667516
毎日新聞からの引用画像(ウクライナのポロシェンコ大統領(当時))
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/11/26/20181126p2g00m0in079000p/8.jpg?1
Atlantic Councilからの引用画像(バイデン氏とポロシェンコ氏)
https://www.atlanticcouncil.org/wp-content/uploads/2015/12/2015127herbstaslundlarge-1024×679.jpg
Politicoからの引用画像(バイデン副大統領(当時))https://static.politico.com/dims4/default/e680638/2147483647/resize/1160x/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fstatic.politico.com%2Fb9%2Fc3%2F54a99abc4bd5832dea2d4cb25ffb%2Fgettyimages-1256156642-773.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 人権・民主主義

    韓国の新聞社で若手記者が反旗を翻す! 朝日も続け!(朝香 豊)

    韓国で政権側の新聞だとみなされていた「ハンギョレ」で事件が起こ…

  3. 道理

    鄱陽湖は意図的に決壊! 中国南部の豪雨!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 人権・民主主義

    公共施設での「表現の不自由展」の開催を容認! 狂った大阪地裁判決!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  5. 道理

    排ガス規制違反で、ベンツが1000億円の罰金支払いへ! (朝香 豊)

    あれれ? これはちょっとおかしくないか。2015年にフ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    世界知的所有権機関のトップに中国人が就きそう! 高まる危機感!(朝香 豊)
  2. 経済

    IMFトップに親中疑惑浮上! 任期途中での辞任の可能性も!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(…
  5. 人権・民主主義

    バイデン勝利を否定! ジョージア州議会司法委員会!(朝香 豊)
PAGE TOP