安全保障

中国共産党もクライアント! バイデン一家のビジネス!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

郭文貴氏が始めた”G NEWS”に掲載された中国からの特別レポートに掲載されている、また新たな情報をここに紹介する。(なお、フェイスブックの方では固有名詞を出していないのは、拡散制限を受ける疑いが強いためである。)

ハンター・バイデンが設立した、中国政府を相手に対アメリカ政策のアドバイスをするコンサルタント会社の「ソーントン・グループ」は、ジョー・バイデンがアメリカの副大統領となって以降、さらに活動を活発化させた。

「ソーントン・グループ」は、中国外交部、外交部の下部組織の中国人民外交学会、中国国際貿易促進委員会どころか、中国共産党中央統一戦線工作部、中国共産党軍事委員会の政治工作部署である中国国際友好連絡会連合なども取引相手にしていた。

中国共産党の対外工作機関をビジネスの相手にしているというのは、尋常なことではないだろう。

米議会のリーダーたちのためのNGO団体として設立されたSLLFとバイデン一家は密接な関係を築いてきたが、ハンターの中国人脈を支えてきたマイケル・リンがこのSLLFの中国支局のトップに就き、マイケル・リンがアメリカ側を代表する形で堂々と活動できるように取り計らった。

念のために付け加えておくが、マイケル・リンは台湾人だとはいえ、完全に中国共産党側に取り込まれているとみなすべき人物で、その人物がアメリカ側を代表する形で堂々と活動できるようにしたのである。

さらに、2010年4月に胡錦濤総書記(当時)が訪米してバイデン副大統領と会談する直前に、ハンターは北京に飛んでマイケル・リンらと合流し、中国の財務部門のトップ級数名と数度の会合を開いている。

胡錦濤訪米とハンターの訪中の2つの出来事に関連性がないと、一体誰が思うのだろうか。

こんなビジネスをバイデン一家は行ってきたのである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のG NEWSの記事
https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/10/22154446/Biden’s-Business-Ties-with-China-Full-report-.pdf
Daily Telegraphの記事からの引用画像(バイデン親子)
https://cdn.newsapi.com.au/image/v1/27798e47d74112dcfb3cf455045776b3?width=1024
まぐまぐ!からの引用画像(胡錦濤)
https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2017/02/shutterstock_159632318.jpg
リンクトインからの引用画像(ソーントン・グループ)
https://media-exp1.licdn.com/dms/image/C4E0BAQHn7slnQTJT3A/company-logo_200_200/0?e=2159024400&v=beta&t=JfVEFJYVIYJeVYfLhJQx7Oi8kYL-Xfj6kFGcd7O9mn0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 人権・民主主義

    中国でスウェーデン国籍の桂民海氏に懲役10年の判決! 言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    日本は韓国ほど検査していない! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元F…

  4. 安全保障

    明らかになるドミニオンのデタラメさ! 選挙法に違反!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  5. 中国

    ベートーベン第9(歓喜の歌)を禁止に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中共からの送金、14才少女と裸でテレビ電話、不倫… ヤバいハンター・バイデン!(…
  2. 人権・民主主義

    北京大学との共同学位プログラム計画を否決! コーネル大学教授会!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンがさらなる爆弾を炸裂! 証拠をFBIに提出すると明言!(…
  4. 人権・民主主義

    脱北女性が韓国当局者に強姦されている!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)
PAGE TOP