安全保障

中国共産党もクライアント! バイデン一家のビジネス!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

郭文貴氏が始めた”G NEWS”に掲載された中国からの特別レポートに掲載されている、また新たな情報をここに紹介する。(なお、フェイスブックの方では固有名詞を出していないのは、拡散制限を受ける疑いが強いためである。)

ハンター・バイデンが設立した、中国政府を相手に対アメリカ政策のアドバイスをするコンサルタント会社の「ソーントン・グループ」は、ジョー・バイデンがアメリカの副大統領となって以降、さらに活動を活発化させた。

「ソーントン・グループ」は、中国外交部、外交部の下部組織の中国人民外交学会、中国国際貿易促進委員会どころか、中国共産党中央統一戦線工作部、中国共産党軍事委員会の政治工作部署である中国国際友好連絡会連合なども取引相手にしていた。

中国共産党の対外工作機関をビジネスの相手にしているというのは、尋常なことではないだろう。

米議会のリーダーたちのためのNGO団体として設立されたSLLFとバイデン一家は密接な関係を築いてきたが、ハンターの中国人脈を支えてきたマイケル・リンがこのSLLFの中国支局のトップに就き、マイケル・リンがアメリカ側を代表する形で堂々と活動できるように取り計らった。

念のために付け加えておくが、マイケル・リンは台湾人だとはいえ、完全に中国共産党側に取り込まれているとみなすべき人物で、その人物がアメリカ側を代表する形で堂々と活動できるようにしたのである。

さらに、2010年4月に胡錦濤総書記(当時)が訪米してバイデン副大統領と会談する直前に、ハンターは北京に飛んでマイケル・リンらと合流し、中国の財務部門のトップ級数名と数度の会合を開いている。

胡錦濤訪米とハンターの訪中の2つの出来事に関連性がないと、一体誰が思うのだろうか。

こんなビジネスをバイデン一家は行ってきたのである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のG NEWSの記事
https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/10/22154446/Biden’s-Business-Ties-with-China-Full-report-.pdf
Daily Telegraphの記事からの引用画像(バイデン親子)
https://cdn.newsapi.com.au/image/v1/27798e47d74112dcfb3cf455045776b3?width=1024
まぐまぐ!からの引用画像(胡錦濤)
https://www.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2017/02/shutterstock_159632318.jpg
リンクトインからの引用画像(ソーントン・グループ)
https://media-exp1.licdn.com/dms/image/C4E0BAQHn7slnQTJT3A/company-logo_200_200/0?e=2159024400&v=beta&t=JfVEFJYVIYJeVYfLhJQx7Oi8kYL-Xfj6kFGcd7O9mn0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)

    「一帯一路」プロジェクトによって、中国がEUとアジアの交通網を…

  2. 中国

    香港市民に英市民権与える動きに中国が報復を宣言! 天滅中共への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!

    北朝鮮が公開した写真によると、9月10日に北朝鮮が発射したミサ…

  4. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  5. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    NHKを映らないテレビでもNHKに受信料を支払え! 時代錯誤の最高裁判決!(朝香…
  2. 道理

    接待は東北新社だけではない! 足立議員が指摘!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)…
  4. 未分類

    トランプVSバイデンTV討論会! バイデンは耳のチェックを拒否!(朝香 豊)
  5. 未分類

    中国軍の中には感染者はゼロと主張! ありえない!(朝香 豊)
PAGE TOP