安全保障

熟練パイロットがAIに完敗! F16でのシミュレート戦!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

今年の8月にアメリカの国防高等研究計画局(DARPA)が主催する「アルファ・ドッグファイト競技会」で、F-16をベースとした人間とAIによる空中格闘戦(ドッグファイト)のシミュレート戦が行われた。

その結果、ヘロン・システムズ社のAIが人間の熟練パイロットが追随できない正確な機動を見せ、経験豊富な元空軍F-16パイロットに5-0で圧勝した。

熟練パイロット側はAI側に対して一発もヒットさせることができなかったわけだ。

今回のドッグファイトは第二次大戦時のような機銃を使った古典的なスタイルで、ミサイルといった誘導弾は使用していない。

その点で現代の戦闘にはそぐわないという指摘もあるだろう。

また、実機によるドッグファイトではなく、あくまでもシミュレーターでのドッグファイトでもある。

とはいえ今後は誘導弾の使用や編隊同士の戦闘など、より高度な戦いにおいてもAIのシミュレーションが進化することが予想される。

AI戦闘機同士がシミュレーションでの戦闘を続け、その技能を勝手に向上させていく時代に入ったことを、我々はしっかり認識すべき時代に入ってきたということだろう。

人が搭乗しないことを前提とすれば、軍用機の形状も大きく変わることになる。

アメリカでは過渡期として、有人パイロットの戦闘機を様々な形で支援する小型無人機が開発されているようだ。

我が国は有人の次期戦闘機開発を継続しつつも、国産の多用途の無人機開発にも着手すべきではないか。

有人の次期戦闘機開発についても、無人機とのコンビネーションを前提としたものをはじめから構想すべきだと考える。

そのくらいのことは当然考えているとは思いたいが、怖いのは防衛予算の制約が邪魔をしているのではないかということだ。

アメリカの求めに応じる形で、日豪印が共同で防衛費の2%実現を発表するいったやり方は考えられないだろうか。

この点での知恵を絞りたいものだ。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のミリレポの記事
https://milirepo.sabatech.jp/ai-perfectly-beats-a-human-controlled-f-16-fighter-in-a-dogfight/
ミリレポからの引用画像(戦闘シミュレーション画像)
https://milirepo.sabatech.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/Ef5SxAbWkAkppsd.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイ製5G機器使うなら、同盟国でも制裁を検討! (朝香 豊)

    アメリカは同盟国がファーウェイ製の5G機器を使う場合には、情報…

  2. 道理

    WHOの会計を精査せよ! 不都合な真実! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 安全保障

    FBIがハンター・バイデンを捜査中! マネーロンダリングで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!FB…

  4. 経済

    中国企業の米市場上場禁止へ! 上院で法案全会一致で可決!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  5. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ

    アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領と…

  6. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    韓国の親北団体、「ハリス大使斬首コンテスト」を予告! 米大使館の前で!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    3万のトランプ票が削除、1.2万票がバイデンへ! ジョージア州で発覚!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)
PAGE TOP