安全保障

中国政府相手にコンサルタント! ハンター・バイデン設立のソーントン・グループ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

郭文貴の行っている”G NEWS”で公開された、”Typhoon Investigations” という中国国内のグループの特別レポートについて、さらに述べていく。

2007年にハンター・バイデンは、アメリカと中国の政府関係のコンサルタントを行う「ソーントン・グループ」を立ち上げた。

ここには台湾人の実業家のマイケル・リン(林俊良)が協力している。

マイケル・リンはハンター・バイデンと同じイェール大学のOBで、この関係でハンターと知り合ったようだ。

マイケル・リンは北京大学系の大企業である北大方正集団の国際投資部門で働き、ジョー・バイデンの息子のハンターと知り合いだということを前面に出して、中国の政財界との関係を深めていった。

マイケル・リンがこのように中国の政財界との関係を深めていったことで、「ソーントン・グループ」の中国での初仕事が、全国人民代表大会(全人代)(恐らく常務委員会)との会合となった。

新しく始まったばかりのコンサルタント会社の仕事としていきなり中国政界のトップ級との会合が組まれるというのは異例だろうが、そこには米政界で外交通として知られるジョー・バイデンの息子の会社であるということが、大きく関係したのは間違いないだろう。

「ソーントン・グループ」は、2008年には中国政府の外事委員会との会議も持つようになり、さらには中国の外交政策の高官と会議を持つ際に人民大会堂を利用できるようにさえなった。

さて、「ソーントン・グループ」はコンサルタントとして、中国政府にどのようなアドバイスをしたのだろうか。

また、中国側からアメリカ政府に対するどのような要望をもらったのだろうか。

そして中国側から受け取った報酬額はいくらになるのだろうか。

さらに、この息子ハンターが行う米中政策のコンサルタント業務において、ジョー・バイデンが何も関わらなかったということがありえるのだろうか。

ジョー・バイデンが全く関わらないコンサルを、中国政府は大事に扱ったと、彼らは恥ずかしげもなく口にするのだろうか。

彼らが罪を犯しているのは明らかである。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のG NEWSの記事
https://gnews-media-offload.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2020/10/22154446/Biden’s-Business-Ties-with-China-Full-report-.pdf
アップルデイリーからの引用画像(Michael LinとHunter Biden)
https://hk.appledaily.com/resizer/QIgYU0lUUoctNmBoTzv5O9YUz18=/460×264/filters:quality(100)/cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com/appledaily/RXOXZIN22FGFVFPPVTBREJJ55Y.jpg
北の国から猫と二人で想うことブログからの引用画像(北大方正集団)
https://livedoor.blogimg.jp/nappi11/imgs/1/e/1e6b151a.jpg
ウェブ紀行からの引用画像(人民大会堂)
https://webkikou.net/images/2017/06/DSC_3281.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    バイデン政権は全体主義へ! クリントンのアドバイザーも指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!19…

  2. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    尖閣周辺で活発化する中国の動き! パワーバランスが崩れてきた!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
PAGE TOP