安全保障

救急搬送で11箇所から受け入れ拒否も! 新型コロナが疑われる患者!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

4月1日から11日までに、救急搬送の受け入れ先で5箇所以上断られたり、20分以上搬送先が決まらなかったケースが、東京都で830件に上っていることがわかった。

1日でざっと80件ほどあることになる。

中には80代の男性が110箇所の医療機関から断られ、搬送までに10時間ほどかかったケースもあった。

このことには、感染対策が十分でないため、新型コロナウイルスに感染している疑いのある患者を受け入れられない病院が多いという事情が関係している。

そこであくまで素人考えでの提案だが、ホテルなどを軽症者を受け入れる病棟とするだけでなく、疑いのある患者の診察を行う専門病院にすることはできないのだろうか。

総合病院に「帰国者・接触者外来」があると、何かとリスクが高くなって使いにくいという問題もある。

そこでホテルに「帰国者・接触者外来」を持った病院を新設するというイメージだ。

感染が確認されれば、原則としてはそのまま入院させるが、重症者を扱うのが適当でないなら、そうした患者だけはそういう対応ができる病院に搬送する。

感染していないと確認できれば、普通の病院に搬送する。

こうしたホテル病院の数を増やして、総合病院から「帰国者・接触者外来」を徐々に外していく。

様々問題もあるだろうが、患者のたらい回しの多発や、総合病院の機能停止のリスクと比べて、どちらの方がダメージが小さいかという見地で考えてもらいたいと思う。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200415/k10012389101000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)

    アメリカ大統領選で民主党最有力候補とされるジョー・バイデン氏。…

  2. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!(朝香 豊)

    解任されたボルトン氏の後釜として、アメリカの大統領安全保障担当…

  3. 安全保障

    武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    中国の影響力工作に警告! エストニア!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!エス…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
  2. Featured Video Play Icon

    安全保障

    北朝鮮の武装船が海保の巡視船に銃口を向けて威嚇! 公表に2週間以上っておかしいだ…
  3. 安全保障

    厚生労働省がサボタージュ?? 新型肺炎対応! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    コロナにまつわる闇を告発! 米上院議員5名が記者会見!(朝香 豊)
  5. 経済

    荒唐無稽なホワイトハット! こんなものに騙されるな!(朝香 豊)
PAGE TOP