安全保障

中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

元エモリー大学教授で中国系アメリカ人のXiao-Jiang Li氏が、虚偽の収入申告を提出した罪で国税庁に約35000ドルを支払わされることになった。

Li氏は中国の「千人計画」に参加し、中国の大学にも所属して収入を得ていたが、連邦税申告書ではこうした収入を申告しなかった。

デマーズ国家安全保障担当補佐官は、司法省は教授や研究者をリクルートして中国のために働かせる「千人計画」のようなプログラムを警戒していると述べた。

FBIの防諜部門の次長代理のウェルズ氏は、中国政府が用意する人材採用計画を利用して、合衆国政府やアメリカの大学を欺く行為を個人が行えないようにするために、FBIは諸部門と協力していると語った。

アメリカではテキサス大学の研究に武漢ウイルス研究所から裏金が流れていた疑惑が報じられ、アメリカでは大学の教育者に対する洗い出しが一気に強まっている。

Li氏に対する追及は、こうした中で行われるようになったものであることが想像できる。

従ってLi氏に対しては、この脱税事案を端緒として、様々に展開していくことが予想される。

また、Li氏の摘発は、Li氏同様に隠れて中国政府のために動いている人材に恐怖を与えるものとなっているだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の米司法省の記事
https://www.justice.gov/opa/pr/former-emory-university-professor-and-chinese-thousand-talents-participant-convicted-and
画像はGreatGameIndiaのページから
https://greatgameindia.com/thousand-talents-plan-how-china-stole-american-technology/
https://greatgameindia.com/wp-content/uploads/2019/08/thousand-talents-plan-how-china-stole-american-technology434293370401294611..jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  2. 安全保障

    米中の狭間で股裂きの韓国外交! 西側への裏切りは明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  4. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    韓国の北朝鮮への有償融資9億ドル余、返済は240万ドルのみ!(朝香 豊)

    韓国が北朝鮮を支援するために設立している南北協力基金で、有償支…

  6. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    韓国が新型コロナで北朝鮮を支援準備! 自国民よりも北朝鮮が大切!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    統計学から指摘される不正選挙の証拠! ベンフォードの法則!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    周庭さんは中共とつるんでいる工作員?? 冷静に見よう!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)
PAGE TOP