安全保障

中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

元エモリー大学教授で中国系アメリカ人のXiao-Jiang Li氏が、虚偽の収入申告を提出した罪で国税庁に約35000ドルを支払わされることになった。

Li氏は中国の「千人計画」に参加し、中国の大学にも所属して収入を得ていたが、連邦税申告書ではこうした収入を申告しなかった。

デマーズ国家安全保障担当補佐官は、司法省は教授や研究者をリクルートして中国のために働かせる「千人計画」のようなプログラムを警戒していると述べた。

FBIの防諜部門の次長代理のウェルズ氏は、中国政府が用意する人材採用計画を利用して、合衆国政府やアメリカの大学を欺く行為を個人が行えないようにするために、FBIは諸部門と協力していると語った。

アメリカではテキサス大学の研究に武漢ウイルス研究所から裏金が流れていた疑惑が報じられ、アメリカでは大学の教育者に対する洗い出しが一気に強まっている。

Li氏に対する追及は、こうした中で行われるようになったものであることが想像できる。

従ってLi氏に対しては、この脱税事案を端緒として、様々に展開していくことが予想される。

また、Li氏の摘発は、Li氏同様に隠れて中国政府のために動いている人材に恐怖を与えるものとなっているだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の米司法省の記事
https://www.justice.gov/opa/pr/former-emory-university-professor-and-chinese-thousand-talents-participant-convicted-and
画像はGreatGameIndiaのページから
https://greatgameindia.com/thousand-talents-plan-how-china-stole-american-technology/
https://greatgameindia.com/wp-content/uploads/2019/08/thousand-talents-plan-how-china-stole-american-technology434293370401294611..jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 安全保障

    武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)

    米軍の機密指定が解除され、空中を高速飛行する未確認飛行物体をと…

  3. 人権・民主主義

    韓国政府が米韓同盟破棄を示唆! しかも駐米大使!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 安全保障

    新型コロナの開発中のワクチンの臨床試験開始! ただ実用化はまだまだ先!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    給与の遅延や給与のカット! 大混乱に陥る中国経済!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    習近平が本気でブロックチェーンとデジタル人民元に取り組む方針を表明! (朝香 豊…
  3. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
  4. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    厚生労働省がサボタージュ?? 新型肺炎対応! (朝香 豊)
PAGE TOP