道理

激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)

キャセイ航空では、社員の一部が香港デモに参加したが、これに対する中国の締め付けが激しい。

8月9日にデモに関わった社員が中国本土での運行に携わることを中国政府は禁じたが、それ以来説明のないままキャセイの搭乗員リストがまるまる拒否される事例がたびたび発生している。

キャセイとしては急遽人員のやりくりに追われることになり、中国政府から拒否される人員が誰かを確認するために、SNSでの社員の発言の確認を行わざるをえなくなった。

中国国内に着陸したときに、中国政府による機内への立ち入り検査も急増している。こうした検査は本来、飛行機の安全性を確認するために行われるはずのものだが、キャセイの場合には搭乗員のスマホに反中的な写真やメッセージがないかなども調べられている。

中国国旗とともに搭乗員を撮影した写真を撮って提出するように入国管理局が求めることもある。キャセイは置かれている立場から、これを拒否できる状況にはない。

また中国当局は、外装の汚れなど細かな問題を「落ち度」として指摘し、こうした減点が累積すると、航空会社としてのレベルを引き下げ、キャセイの運行数を減らす材料に使おうとしていると見られている。

デモに参加したことで中国路線への乗務が認められないと、中国便が主力のキャセイではキャリアがストップしてしまうことになる。この結果、パイロット8人、キャビンアテンダント18人など計30人がキャセイを去ることになった。

中国の国有企業の中には、社員にキャセイを利用しないように求めているところもある。中国国内のメディア報道もキャセイ叩きとなっており、中国国内のSNSでもキャセイを攻撃する内容が流されている。

キャセイ航空は大変な経営危機に陥っている。

ソースとなった大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47921.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 道理

    日本維新の会の国会議員団が訪韓へ 原則論を棚上げするなら行くのは反対!

    日本維新の会の国会議員団4人が訪韓する。団長で沖縄…

  2. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り! (朝香 豊)

    実際ビジネスとして成立しているのかさえ怪しい、家族や友人などの…

  3. 道理

    ビックリ! チョ・グク氏、ソウル大にあっという間に復職していた!(朝香 豊)

    文在寅大統領がチョ・グク氏を韓国の法相から解任する書類にサイン…

  4. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!

    日本政府はこういう馬鹿げた話にもきちんと反論しようね。…

  5. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)
  3. 経済

    もっと歳出を増やせ! FRBのパウエル議長が要請!(朝香 豊)
  4. 経済

    中国、工場稼働中断を勧告! 韓国企業に大打撃! 日本経済も笑えない!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)
PAGE TOP