経済

ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)

日本の無印良品とユニクロは、中国の新疆ウイグル自治区で綿を調達していることから、国際的な批判にさらされている。

調達している綿が、ウイグル人の強制労働によって作られている可能性があるからだ。

NPO法人のウイグル人権プロジェクトのニュリ・トゥルケル議長は、「東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)で強制労働により商品が製造されている可能性を無視することはさらに難しくなっている」と、中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会で証言した。

米戦略国際問題研究所の報告書を著したエイミー・レアー氏は、新疆では「政府が関わる強制労働が綿花生産ばかりか紡績工場でも見られ、サプライチェーンの広範囲に影響が及んでいる」、「宗教的少数派に対する、より重大な迫害の一部として強制労働が行われている可能性がある」と述べた。

中国の綿花生産量は世界の22%を占め、その8割以上がウイグルで作られている。

それゆえに、企業からしても、ウイグルで生産されている綿を完全に排除するのはなかなか難しいという事情もある。

それでもこうした国際世論の圧力にどう対処するかを、企業は真剣に考えないわけにはいかないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


 
ネタ元のニューズウィークの記事https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/11/post-13477.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    湖北省観光客のビザを延長! 彼らの健康は日本政府が責任を持つことか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  3. 安全保障

    人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

  4. 中国

    習近平を皮肉ったジョークがニューズウィークに登場! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  5. 経済

    中国の不動産販売が9割減! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    不良品でヨーロッパで信頼をなくす中国! 新型コロナの医療物資!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!すで…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  2. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク氏の疑惑が高まる中で、逆に与党「ともに民主党」の支持率が上昇している
  3. 道理

    トランプ大統領の会社の資産評価に関する疑惑捜査開始! NY司法長官!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    韓国が中国の核の傘の下に入ることを検討か?(朝香 豊)
PAGE TOP