経済

ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)

日本の無印良品とユニクロは、中国の新疆ウイグル自治区で綿を調達していることから、国際的な批判にさらされている。

調達している綿が、ウイグル人の強制労働によって作られている可能性があるからだ。

NPO法人のウイグル人権プロジェクトのニュリ・トゥルケル議長は、「東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)で強制労働により商品が製造されている可能性を無視することはさらに難しくなっている」と、中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会で証言した。

米戦略国際問題研究所の報告書を著したエイミー・レアー氏は、新疆では「政府が関わる強制労働が綿花生産ばかりか紡績工場でも見られ、サプライチェーンの広範囲に影響が及んでいる」、「宗教的少数派に対する、より重大な迫害の一部として強制労働が行われている可能性がある」と述べた。

中国の綿花生産量は世界の22%を占め、その8割以上がウイグルで作られている。

それゆえに、企業からしても、ウイグルで生産されている綿を完全に排除するのはなかなか難しいという事情もある。

それでもこうした国際世論の圧力にどう対処するかを、企業は真剣に考えないわけにはいかないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


 
ネタ元のニューズウィークの記事https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/11/post-13477.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 経済

    ソフトバンク、ピンチ! WeWorkはキャッシュ枯渇か?(朝香 豊)

    オシャレなシェアオフィスで知られるWeWorkは、現在資金繰り…

  2. 安全保障

    郵便投票用紙が大量に捨てられる! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    露独の天然ガスパイプラインに暗雲! ロシア反体制指導者毒殺未遂で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  4. 経済

    2020年夏に、ホンダが自動運転「レベル3」の車を発売へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホン…

  5. 安全保障

    中国の国内の一部で「戦時管理」実施へ! インフルと同じなわけないだろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!湖北…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    金正恩、「苦痛は怒りに変わった」とアメリカを批判!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国共産党もクライアント! バイデン一家のビジネス!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    死んだはずの有権者が郵便投票! 共和党の調査でバレる!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 …
  5. 安全保障

    クルーズ船の全員検査で意見対立! もう水際対応は限界だと認めよ!(朝香 豊)
PAGE TOP