人権・民主主義

トランプ政権内のハーバード卒の学位を取り消せ! 学生と卒業生が要求!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハーバード大学の政治学の大学院であるケネディスクールの学生と卒業生が、トランプ政権内部などの政府機関内で仕事をするハーバード卒業生の学位を取り消すことを求めている。請願書を見ると、ケネディスクールの学生会も関わっている感じだ。

学位を取り上げる対象には、トランプ支持派のテッド・クルーズ上院議員やダン・クレンショー下院議員、ケイリー・マケナニー報道官なども含まれる。

扇動的な言葉を使って民主主義の過程を打ち砕くあり方が1月6日の暴力的な反逆行動(議事堂襲撃)を引き起こしたのであり、その起源は白人至上主義にあるから、こうした姿勢を持つ卒業生の学位を取り消すべきだと訴えているのだ。

1月6日の事件を作り上げたことに、十数名以上のハーバードの卒業生がニセ情報と不信を必死に拡散したことが関わるのは明らかであり、彼らは民主主義を強化し正義を進めることを誓う大学を代表する存在ではないし、代表すべきでもないとしている。

そしてトランプに近い立場にいる政治家を講演や授業でハーバードに呼ばないことを要求した。

政治的に右か左かは問わないが、武装反逆を奨励するような立場は容認できないとの立場だ。

議事堂襲撃は孤立した出来事ではなく、この状態をハーバード大学のような組織が放置するなら、今後も起こるであろうと主張している。

彼らが主流派マスコミや大学教授の言うことを鵜呑みにして、事実関係を正確に理解していないことは明らかだ。また、アメリカの大学がいかに左に偏向しているかを如実に表しているともいえる。

だが、果たして本当にそれだけなのか。

主流派マスコミが、トランプは反乱法や戒厳令の発動を考えていると報道した時に、トランプ大統領は即座に「フェイクニュース」だと否定した。

それなのに、トランプ支持派の中では、トランプ大統領に反乱法や戒厳令の発令を絶えず求める声ばかりが目立っていて、今なおそれは続いている。

こうしたあり方を根拠として、彼らがトランプ支持者の学位を取り消せと主張していることに気づかないだろうか。

トランプ支持者は国家転覆を起こそうとするテロリストであり、彼らの集会は禁止しなければならないとする動きが広がっているのだが、そのことに対する警戒感を持っているだろうか。

勇ましい陰謀論を盛り上げたらトランプ支持者はその気になるだろうというディープステートの罠にまんまとはめられてきたことに、いい加減気づいてもらいたいのだ。

何度言っても、こうした声が届かないことがむなしい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ハーバード大学の学生たちの嘆願書
https://docs.google.com/document/d/18fm7gsYHW06CNh7Su_V2PzOqZ-E_3wL9p_GRUdoRmKg/edit
ハーバード大学の画像
https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=http%3A%2F%2Famericancollegecricket.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2012%2F06%2FHarvardLogo.jpg&f=1&nofb=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 道理

    トランプ大統領の法務チームがCNNを偏向報道で訴えると警告!(朝香 豊)

    トランプ大統領の法務部門のチームは、トランプ大統領に対して前例…

  2. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)

    中国共産党機関紙の「環球時報」の編集長は、中国当局によるネット…

  3. 人権・民主主義

    ポンペオ国務長官 香港について、市民の懸念に明確な措置必要! (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、反政府抗議デモが続く香港について、アメリ…

  4. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)
  3. 経済

    経営不振の韓国GMで無茶な全面ストが展開される 韓国の自動車産業は消滅の危機か?…
  4. 経済

    サウジ増産で石油価格暴落! 米露への圧力か!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    存在感が増す台湾! 新型コロナウイルス対策で!(朝香 豊)
PAGE TOP