人権・民主主義

選挙不正を訴えた動画を即刻削除! YouTubeとVimeo!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

マイピロー社の創設者兼CEOとして知られるマイケル・J・リンデル氏は、バイデンが正当な選挙で選出された大統領ではないことをテーマとしたドキュメンタリー映画『確実な証拠(Absolute Proof)』を制作した。2時間に及ぶ同映画は、大量の詳細な証拠を提示しながら、2020年の米大統領選でバイデン陣営が行った「選挙不正」を再現したものだとされる。

この力作は2月5日にYouTubeとVimeoにアップロードされたが、どちらのプラットフォームもすぐにこの映画を削除する処置に出た。

YouTubeのアレックス・ジョセフ代表は削除の理由について、「大統領選挙の誠実性に関するポリシーに従い、セーフハーバー期限(2020年12月8日)以降にアップロードされた一部のコンテンツを削除した。その内容は、広範囲な不正やエラー、故障が2020年の米大統領選挙の結果を変えたという虚偽の主張をした」と語った。

Vimeoも「2020年の大統領選挙が不正、盗用、違法であると主張するのはVimeoのコンテンツ投稿ポリシーに違反したためだ」と、削除理由を述べている。

ところで、2020年の大統領選挙を巡っては、数々の不正の疑いが上がっていて、3割を超えるアメリカ国民が選挙不正について疑っている。

アメリカ国民の分断を正そうとするのであれば、選挙不正を疑う意見を「フェイク」だと一方的に決めつけるのではなく、本当にあったのかなかったのか、徹底的に調査する姿勢を見せるべきではないのか。

選挙不正を疑っているアメリカ国民の大半は、本当に選挙不正がなかったと理解したなら、納得して引き下がってくれるであろう。

ところがなぜかこうした徹底調査を進める方向でアメリカ国民の分断を解消させる方向にバイデン政権は向かおうとせず、主流派マスコミもSNS各社もこうしたバイデン政権のあり方を支持する姿勢を見せている。

なぜ分断を解消させるための最良の方法を採用しようとしないのか。さらに疑問について議論する材料の提供すら否定しようとするのか。リンデル氏の作った動画の内容がおかしいのであれば、その動画を批判する動画を作るなどして、正しい議論が進むようにすればいいではないか。

こうした真っ当な議論を成立させる方向に動いていないのは、私は正常な過程だとはどうしても思えない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.dailymail.co.ukの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9230407/YouTube-Vimeo-pull-MyPillow-Mike-Lindells-election-fraud-documentary.html
マイク・リンデル氏の画像
https://images.indianexpress.com/2021/02/Michael-Lindell-CEO-of-My-Pillow-with-President-Donald-Trump.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    バイデン側のキーパーソンがさらなる爆弾を炸裂! 証拠をFBIに提出すると明言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  2. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

  3. 人権・民主主義

    カナダの大学自治会が中国人留学生の団体を資格停止に! (朝香 豊)

    中国領事館と共謀して、大学内で開催された新疆ウイグルの再教育強…

  4. 道理

    旭日旗禁止のために払う韓国側の「努力」を笑ってはならない

    旭日旗を禁止させようとする韓国側のプロパガンダは着実な広がりを…

  5. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!

    「朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは韓米同盟があるせ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    バチカンと中国政府との合意により、中国にいるカトリックへの迫害が強化されている!…
  2. 人権・民主主義

    15日にも、韓国検察特捜部の縮小を閣議決定へ!(朝香 豊)
  3. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    米国上院で、ウイグル人権政策法案が全会一致で可決! 下院でも可決の見込み! (朝…
  5. 人権・民主主義

    ジョシュ・ホーリー議員への献金急増! アメリカの民主主義の底力!(朝香 豊)
PAGE TOP