安全保障

対中経済安保の強化策を連発! 菅政権!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

菅政権は来年度から、留学生や外国人研究者らにビザを発給する際、中国を念頭にして経済安全保障強化の観点から審査を厳格化する方針を固めた。

国家安全保障局や外務省、法務省、経済産業省、防衛省などで疑わしい人物についての情報を共有するシステムを構築し、該当する外国人からビザ申請があった場合は、発給の拒否を検討する。

すでに厳格化を進めているアメリカに拒否された中国人留学生が、ターゲットを変えて日本に来る事態が生じているが、これを食い止める。

さらに国家安全保障局は経済班の定員を20名から24名に人員を拡充し、対応能力を高める。

防衛省は「経済安全保障情報企画官」のポストを新設し、国防の観点から経済安全保障に取り組む体制を築く。

経済産業省は企業や大学が持つ軍事転用可能な最先端技術の流出を防ぐための技術管理支援を行う。

これらの一連の政策は、菅内閣が行うべき方針をまとめ、統一的な動きとなるように各省に割り振ったということだろう。

実行力のある内閣であることを早速見せつけた形だ。
 
 

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元の読売新聞の記事
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20201005-OYT1T50013/
読売新聞からの引用画像(菅政権の経済安保政策)
https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201005-OYT1I50005-1.jpg?type=large

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リン…

  2. 安全保障

    韓国「国家情報院」の院長に朴智元氏! バリバリの親北派! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)

    中国の習近平総書記は昨年1月に演説を行い、共産党内部の反対勢力…

  4. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    今なお「安保法制=戦争法」だと主張! あまりに無責任な日本共産党!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国大統領府が家宅捜索を拒否! 検察最後の意地を力づくで潰す!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米中の狭間で股裂きの韓国外交! 西側への裏切りは明確に!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 …
  4. 韓国・北朝鮮

    後継者は金与正氏! 金正恩氏が指名か?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)
PAGE TOP