安全保障

オーストラリア政府、外国勢力の干渉防止のための新部隊設置へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

オーストラリアの安全保障情報局は約65億円を投じて、外国勢力の干渉抑制とスパイ対策を強化するための専用部隊を新設することを発表した。

元中国のスパイである王立強氏がオーストラリア政府に亡命を求め、様々な内部の証言を行っていたことが、オーストラリア国内では大々的に報道されてきた。

こうした報道が行われたことと今回の専用部隊の新設は、当然ながら密接な関係を持つものだろう。

オーストラリアでは中国によるスパイ活動や政界工作などが様々に広がっていると思われるが、王立強氏の証言の裏とりによって確認できた内容が様々にあったのだろう。

王立強氏が亡命申請してから一連の報道が始まるまでには約半年の時間があった。

衝撃的なのは、現地紙「オーストラリアン」が入手したという機密の移民情報についての内容だ。

入国の際に注意人物リストに入る人物は急増しており、過去一年間で1万1000人増加したという。

日本国内にはどのくらいの数の注意人物が入り込んでいるのだろうか。

我が国においても中国との関係を抜本的に見直し、外国勢力の干渉を排除するための国家組織を立ち上げるべき時が来ているのは、間違いないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/49556.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!方方…

  2. 経済

    誤解の大きいRCEP! まずは事実確認から!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!RC…

  3. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CN…

  5. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    トランプ政権の新型コロナウイルス対策は2兆ドルへ! 日本は??(朝香 豊)
  2. 経済

    恒大集団の預金凍結! 株も債券も暴落!(朝香 豊)
  3. 道理

    陰謀論に乗っかるのは慎重に! 台湾のエバーグリーン!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ハンターは立派な男だ! ジョー・バイデンは開き直る!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)
PAGE TOP