安全保障

オーストラリア政府、外国勢力の干渉防止のための新部隊設置へ!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

オーストラリアの安全保障情報局は約65億円を投じて、外国勢力の干渉抑制とスパイ対策を強化するための専用部隊を新設することを発表した。

元中国のスパイである王立強氏がオーストラリア政府に亡命を求め、様々な内部の証言を行っていたことが、オーストラリア国内では大々的に報道されてきた。

こうした報道が行われたことと今回の専用部隊の新設は、当然ながら密接な関係を持つものだろう。

オーストラリアでは中国によるスパイ活動や政界工作などが様々に広がっていると思われるが、王立強氏の証言の裏とりによって確認できた内容が様々にあったのだろう。

王立強氏が亡命申請してから一連の報道が始まるまでには約半年の時間があった。

衝撃的なのは、現地紙「オーストラリアン」が入手したという機密の移民情報についての内容だ。

入国の際に注意人物リストに入る人物は急増しており、過去一年間で1万1000人増加したという。

日本国内にはどのくらいの数の注意人物が入り込んでいるのだろうか。

我が国においても中国との関係を抜本的に見直し、外国勢力の干渉を排除するための国家組織を立ち上げるべき時が来ているのは、間違いないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/12/49556.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    台湾政府が米3紙に台湾に拠点設置を提案! 中国に対抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  2. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マッ…

  4. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    政府は真剣に電源構成を検討せよ!(松尾 利昭)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  6. 安全保障

    バイデンの対中投資禁止は食わせもの! 実質は制裁の骨抜き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    ハンターは立派な男だ! ジョー・バイデンは開き直る!(朝香 豊)
  2. 道理

    国際女性デーにも表れた、台湾と韓国の落差!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    「ズーム(Zoom)」は危険! 中華アプリには警戒を!(朝香 豊)
  4. 道理

    福島のトリチウムは韓国原発の1/100! 安倍総理!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!(朝香 豊)
PAGE TOP