安全保障

ウイルスは10月に武漢P4実験室から漏洩か? 携帯使用記録が示唆!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米NBCニュースは、携帯電話の位置データの解析によると、コロナウイルスの研究を行っている武漢ウイルス研究所の高セキュリティ区域が2019年10月に一時閉鎖されていたのではないかと伝えた。

なお、高セキュリティー区域のP4実験室は、武漢ウイルス研究所本体からは地理的に10キロ以上離れた場所にある、割と大きな建物だ。

NBCによると、10月7日から10月24日まで、武漢ウイルス研究所の高セキュリティ区域で携帯電話が使われた形跡はなく、10月6日から10月11日までの間のどこかで、問題のある事故が起きた可能性があるとしている。

マルコ・ルビオ上院議員は、「2019年の10月〜12月に、その前の18ヶ月と比べて劇的な活動低下が示されていたら、ラボでいつ事故があったかを強力に示唆するものにならないか」と、ツイートしている。

現在のところ、最初の発症例は11月17日に記録されているが、12月にフランスで発症例があることもわかっており、実際の漏洩はもっと前ではなかったかとの疑いが持たれている。

この推測と今回もたらされた情報は符合するものだ。

また、11月初旬に武漢ウイルス研究所の低セキュリティ区画で予定されていた国際会議は中止になり、その後行われることがなかったとの話も出てきた。

今回もたらされた情報は、情報の性質からして、おそらくは中国内部からのリークであろう。

さらなるリークがあれば、P4研究室からの漏洩が確定できるかもしれない。

これを期待したい。

なお、NBCが入手した文書のリンクも下に貼っておく。

よかったら見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNBCの記事
https://www.nbcnews.com/politics/national-security/report-says-cellphone-data-suggests-october-shutdown-wuhan-lab-experts-n1202716
画像も同上から
https://media2.s-nbcnews.com/j/newscms/2020_19/3335941/200504-p4-wuhan-institute-of-virology-ew-143p_bd3a7389ea7b3d84db4cabbc5d0d948c.fit-2000w.jpg
NBCが入手した文書
https://www.documentcloud.org/documents/6884792-MACE-E-PAI-COVID-19-ANALYSIS-Redacted.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    クルーズ船乗客を収容の病院で医療行為が不可! 緊急事態条項が必要!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!愛知…

  2. 安全保障

    悪性コロナウイルスで6500万人死亡との机上実験! ジョーンズ・ホプキンス大学!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  3. 道理

    ブラジル大統領の息子(下院議員)が中国を非難! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに再感染! 陽性反応出るも無症状!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    巧妙化する麻薬の密輸! 瀬取り方式の進化系も登場! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    イランの反政府デモの鎮圧で、死者は1000名を越えた?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    オットー・ワームビアさんの両親が訪韓! 世界各地に隠された北朝鮮の資産を捜し出そ…
PAGE TOP