安全保障

ウイルスは10月に武漢P4実験室から漏洩か? 携帯使用記録が示唆!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米NBCニュースは、携帯電話の位置データの解析によると、コロナウイルスの研究を行っている武漢ウイルス研究所の高セキュリティ区域が2019年10月に一時閉鎖されていたのではないかと伝えた。

なお、高セキュリティー区域のP4実験室は、武漢ウイルス研究所本体からは地理的に10キロ以上離れた場所にある、割と大きな建物だ。

NBCによると、10月7日から10月24日まで、武漢ウイルス研究所の高セキュリティ区域で携帯電話が使われた形跡はなく、10月6日から10月11日までの間のどこかで、問題のある事故が起きた可能性があるとしている。

マルコ・ルビオ上院議員は、「2019年の10月〜12月に、その前の18ヶ月と比べて劇的な活動低下が示されていたら、ラボでいつ事故があったかを強力に示唆するものにならないか」と、ツイートしている。

現在のところ、最初の発症例は11月17日に記録されているが、12月にフランスで発症例があることもわかっており、実際の漏洩はもっと前ではなかったかとの疑いが持たれている。

この推測と今回もたらされた情報は符合するものだ。

また、11月初旬に武漢ウイルス研究所の低セキュリティ区画で予定されていた国際会議は中止になり、その後行われることがなかったとの話も出てきた。

今回もたらされた情報は、情報の性質からして、おそらくは中国内部からのリークであろう。

さらなるリークがあれば、P4研究室からの漏洩が確定できるかもしれない。

これを期待したい。

なお、NBCが入手した文書のリンクも下に貼っておく。

よかったら見てもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNBCの記事
https://www.nbcnews.com/politics/national-security/report-says-cellphone-data-suggests-october-shutdown-wuhan-lab-experts-n1202716
画像も同上から
https://media2.s-nbcnews.com/j/newscms/2020_19/3335941/200504-p4-wuhan-institute-of-virology-ew-143p_bd3a7389ea7b3d84db4cabbc5d0d948c.fit-2000w.jpg
NBCが入手した文書
https://www.documentcloud.org/documents/6884792-MACE-E-PAI-COVID-19-ANALYSIS-Redacted.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港での…

  3. 安全保障

    「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)

    アメリカ・インド太平洋軍のデービッドソン司令官は、ミサイル発射…

  4. 安全保障

    ハイチ大統領の殺害! 真の黒幕は中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!7月…

  5. 安全保障

    新型コロナの中国起源説を否定! 中国外務省がプロパガンダ戦へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    愛媛銀行経由で5億円超、埼玉県信用組合経由で19億円のマネロン発覚! (朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    反日偏向を告発した高校生への弾圧強化! 韓国仁憲高校!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
  4. 道理

    選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香…
  5. 経済

    原油WTI先物が一時マイナス40ドルに! 壊れる世界経済!(朝香 豊)
PAGE TOP