安全保障

さらに5カ国がイスラエルとの国交正常化へ! 明らかに変わる中東の力学!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

UAE(アラブ首長国連邦)やバーレーンとイスラエルの国交正常化を実現したトランプ政権は、中東での力学を完全に変えたようだ。

UAE・バーレーンと国交樹立するイスラエル

メドウズ米大統領首席補佐官は、UAE・バーレーンに続いてさらに5カ国がイスラエルとの国交正常化を真剣に検討していることを明らかにした。

そのうち3カ国は中東にある国だというが、国名は明らかにしなかった。

とはいえ、ホワイトハウスで行われたUAE・バーレーンとイスラエルとの国交正常化の調印式には、オマーンも出席していることから、残り3カ国の1カ国はオマーンであるのは確実だろう。

サウジアラビアも、UAEとイスラエルの直行便については、これまで認めてこなかったイスラエル機の領空通過を認めていることから、おそらくこのうちの1カ国であると思われる。

中東の残り1カ国はクウェートではないだろうか。

1991年に起こった湾岸戦争で、アメリカはイラクによって占領されたクウェートを解放しており、クウェートは親米的な姿勢を持っているからだ。

イスラエルは重要な隣国であるエジプトやヨルダンとは国交正常化をすでに実現しており、イスラエルを認める国が中東で主流派になるような事態になってきた。

イランや、イランの支援を受けてテロ活動を行うヒズボラやハマスなどには、この事態の出現は大打撃である。

この流れの中にさらにイラクやカタールまで巻き込めれば、イランの孤立化は完全に確定するだろう。

トランプ政権の行ったことがノーベル平和賞に値することがますます明確になってきた。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキング

へのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://www.reuters.com/article/israel-gulf-usa-idJPKBN2690E6
毎日新聞からの引用画像(UAE・バーレーンと国交樹立するイスラエル)
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/09/16/20200916k0000m030044000p/8.jpg?1
時事通信からの引用画像(メドウズ米大統領首席補佐官)
https://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view0034199911.jpg
世界史の窓からの引用画像(オマーンの位置)
https://www.y-history.net/map/1703/wangan-oman.png
国旗一覧からの引用画像(クウェートの位置)
https://nationalflag.magazine7.net/wp-content/uploads/2018/08/kuwait-1.png
毎日新聞からの引用画像(中東関係図)
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/08/25/20170825k0000m030135000p/9.jpg?1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  3. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ta…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに再感染! 陽性反応出るも無症状!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!(朝香 豊)

    解任されたボルトン氏の後釜として、アメリカの大統領安全保障担当…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    Twitterが「暴力美化」とレッテル貼り! 激しく怒るトランプ大統領!(朝香 …
  3. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)
  4. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)
PAGE TOP