安全保障

「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

エズラ・レバント氏の著書”China Virus”の販売を、アマゾン(カナダ)が禁止していたことがわかった。

新型コロナウイルスに関する情報が「公的な情報源」のものと違っているというというところが、販売禁止に踏み切った理由とされている。

この本の正式タイトルは“China Virus: How Justin Trudeau’s Pro-Communist Ideology Is Putting Canadians in Danger”(チャイナ・ウイルス:トルドー首相の共産党寄りの考えがどのようにカナダ人を危険に陥れているか)というものだ。

つまりこれは医学書ではなく、政治系の本だ。

ということは政治的な考えが「公的な情報源」と一致していないと、販売が中止になるということになる。

これは中国共産党的な検閲にあたると言えないだろうか。

なお、この本はすでに売り出されてから2ヶ月経過しているが、アマゾンはその間ずっと取り扱いを拒否していた。

内容から考えて、アマゾンは中国から受ける反発の大きさを懸念していたのだろう。

ところがアマゾンは方針を変えて、一旦は販売を開始することにした。

そして販売開始直後に、たちまちキンドル版で1位、ペーパーバック版で2位になった。

それなのに、アマゾンは即座にこの本の取り扱いをやめたのだ。

現在この本のページを検索すると、”SORRY”が大書きされたページが現れる。

取り扱いをやめた背景にも、やはり中国共産党側の強い圧力があったことが大いに疑われる。

そしてそれにアマゾンは簡単に屈してしまったということではないだろうか。

このような形で、中国は中国国外にも様々な影響を及ぼしながら、自分たちにとって都合の悪い情報が流れないようにしようとする。

中国が関わると生じるこうした危険性について、政界も財界も深刻に考えるべきだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のREBELNEWSの記事
https://www.rebelnews.com/amazon_bans_ezra_levants_bestselling_china_virus_book
画像はThe Globe and Mailの記事から(著者のEzra Levant氏)
https://www.theglobeandmail.com/opinion/article-press-freedom-applies-to-everyone-even-the-rebel/
https://www.theglobeandmail.com/resizer/1AosbmYfdCQMnkqSfoRZ10tppEk=/620×0/filters:quality(80)/arc-anglerfish-tgam-prod-tgam.s3.amazonaws.com/public/FRPIRGT475COZFQZTUPSJT7AC4.jpg
画像はアマゾン(カナダ)から(”China Virus”の書籍)
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Gk3uqYS2L._SX331_BO1,204,203,200_.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  2. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスは生物兵器として開発された可能性が!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全米…

  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 道理

    パウエル弁護士、放逐! これについての自分の推測!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パウ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    BLM”本当の”意味とは? Burn、Loot、Murder!(朝香…
  4. 人権・民主主義

    ウイグル人弾圧の内部文書を入手! 米団体!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国で開催された「世界弁護士大会」に、人権派弁護士の参加が禁止される!(朝香 豊…
PAGE TOP