安全保障

「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

エズラ・レバント氏の著書”China Virus”の販売を、アマゾン(カナダ)が禁止していたことがわかった。

新型コロナウイルスに関する情報が「公的な情報源」のものと違っているというというところが、販売禁止に踏み切った理由とされている。

この本の正式タイトルは“China Virus: How Justin Trudeau’s Pro-Communist Ideology Is Putting Canadians in Danger”(チャイナ・ウイルス:トルドー首相の共産党寄りの考えがどのようにカナダ人を危険に陥れているか)というものだ。

つまりこれは医学書ではなく、政治系の本だ。

ということは政治的な考えが「公的な情報源」と一致していないと、販売が中止になるということになる。

これは中国共産党的な検閲にあたると言えないだろうか。

なお、この本はすでに売り出されてから2ヶ月経過しているが、アマゾンはその間ずっと取り扱いを拒否していた。

内容から考えて、アマゾンは中国から受ける反発の大きさを懸念していたのだろう。

ところがアマゾンは方針を変えて、一旦は販売を開始することにした。

そして販売開始直後に、たちまちキンドル版で1位、ペーパーバック版で2位になった。

それなのに、アマゾンは即座にこの本の取り扱いをやめたのだ。

現在この本のページを検索すると、”SORRY”が大書きされたページが現れる。

取り扱いをやめた背景にも、やはり中国共産党側の強い圧力があったことが大いに疑われる。

そしてそれにアマゾンは簡単に屈してしまったということではないだろうか。

このような形で、中国は中国国外にも様々な影響を及ぼしながら、自分たちにとって都合の悪い情報が流れないようにしようとする。

中国が関わると生じるこうした危険性について、政界も財界も深刻に考えるべきだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のREBELNEWSの記事
https://www.rebelnews.com/amazon_bans_ezra_levants_bestselling_china_virus_book
画像はThe Globe and Mailの記事から(著者のEzra Levant氏)
https://www.theglobeandmail.com/opinion/article-press-freedom-applies-to-everyone-even-the-rebel/
https://www.theglobeandmail.com/resizer/1AosbmYfdCQMnkqSfoRZ10tppEk=/620×0/filters:quality(80)/arc-anglerfish-tgam-prod-tgam.s3.amazonaws.com/public/FRPIRGT475COZFQZTUPSJT7AC4.jpg
画像はアマゾン(カナダ)から(”China Virus”の書籍)
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Gk3uqYS2L._SX331_BO1,204,203,200_.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 経済

    ファーウェイに対する中国政府からの補助金は8兆円超かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ファ…

  3. 安全保障

    アメリカはイランに追加制裁! イランの体制は本物の危機に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 経済

    次々外れる温暖化論者の不吉な予測! 恐怖に絡め取られることなく、冷静に見よう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!過去…

  5. 道理

    ビックリ! チョ・グク氏、ソウル大にあっという間に復職していた!(朝香 豊)

    文在寅大統領がチョ・グク氏を韓国の法相から解任する書類にサイン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)
  2. 安全保障

    科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    文大統領支持率が就任後最低に! それでも支持率は43.8%! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    アメリカ以外にも広がる中共批判! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
PAGE TOP