韓国・北朝鮮

親北派の韓国の米大使公邸乱入事件で、警官の懲戒処分なし!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

韓国では10月に、親北朝鮮団体が米国大使公邸に乱入する事件が発生したことは記憶に新しい。

この事件では、アメリカの国務省が韓国政府に厳しく抗議している。

ところがこの件で懲戒処分を受けた警察官が1人もいなかったことが明らかになった。

韓国警察は「初動対応と逮捕過程全般に問題はない」との判断を下したのだ。

警察庁とソウル地方警察庁についても管理監督責任を問わなかった。

公邸の脇に、この公邸を守るための警察の警備詰所があり、この詰所の前を親北派の学生17人が鉄製のはしご2台を持ち、スローガンを叫びながら走り抜けた。

にもかかわらず、警察官は学生たちに全く気付かなかったらしい。

この事自体がありえないし、仮にありえたとしても重過失を問われるのは免れないだろう。

学生たちは詰所から約35メートル離れた地点まで走っていき、はしごをかけて塀を乗り越えて公邸内に入った。

そして公邸内で不法集会を開き、逮捕されたのはなんと1時間10分後だった。

警察官に対する懲戒処分には罷免、解任、停職、減俸、けん責の5段階があるが、今回の事件では一番軽い「けん責」すら適用されなかった。

こうなると、学生側の動きを事前に警察が把握しながら黙認させた疑いまで持ってしまう。

恐ろしい国だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

これのネタ元の朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/19/2019121980041.html
画像は「はちま起稿」より引用
https://livedoor.blogimg.jp/hatima/imgs/f/7/f71f7cc7.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国で異常判決! 最高裁が壊す法の支配!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 道理

    新型ウイルスで、文在寅政権は失策の連続! 4月の選挙大敗は確実か!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  4. 人権・民主主義

    小党乱立で混乱する韓国! 4月に国会議員選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!4月…

  5. 人権・民主主義

    韓国外交官のセクハラ! 対応の悪さでニュージーランドが激怒!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ニュ…

  6. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    ウォームビア夫妻が執念の北朝鮮への報復! 全世界の隠し資産を探求!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)
  3. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)
  4. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)
  5. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
PAGE TOP