安全保障

北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2月10日段階の北朝鮮の公式発表では、北朝鮮国内の新型コロナウイルスの感染者はゼロとなっているが、1月末にはすでに死者が発生しているとの話が出てきた。

中国に留学していた20代の学生が感染源となり、ここから40代の男性と50代の女性にも感染し、この3人が亡くなったというのである。

このうち、50代の女性は死亡診断書では「急性肺炎」とされていて、火葬や埋葬などを遺族の手では行えず、遺体焼却後に遺族に骨壷を渡されただけだったために、遺族は新型肺炎が原因ではないかと疑っているようだ。

彼ら3名が隔離されたのは、結核治療を専門的に行う第3人民病院だとされ、他にも18名が隔離治療を受けているが、「感染が疑われる患者」に分類されているという。

金正恩氏の緊急命令を受けて、北朝鮮軍は冬季訓練を全面中止したとの話が、韓国内の一部で報じられているという。

真偽の程は全くわからないが、新型コロナ感染が北朝鮮内でも起こり、それなりの広がりを持っているとすれば、体制崩壊につながる危険な状態にあることになる。

公式的には感染者がいないとされていることから、市場を通じた人々の交わりを断つこともできないだろう。

栄養状態が悪く、衛生環境も決していいとは言えない北朝鮮では、武漢以上の広がりを持つ可能性もありえるだろう。

なお、中国に隣接する新義州や義州で、原因不明の高熱で死者が出たとの話もあるようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のデイリーNKの記事
https://dailynk.jp/archives/129436

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 安全保障

    米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  3. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    NATO、中国の軍事拡大を注意深く監視へ! 宇宙も作戦領域に入れる! (朝香 豊)

    NATOは、ブリュッセルで外相理事会を開催し、中国の軍事拡大を…

  5. 安全保障

    露独の天然ガスパイプラインに暗雲! ロシア反体制指導者毒殺未遂で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  6. 道理

    光化門広場と道路を無許可で占拠し、親北の元老の葬儀を強行!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!親北…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国を甘く見ていた時代は終わった! オブライエン米大統領補佐官!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    NBAのレイカーズのレブロン・ジェームズが、ロケッツGMの香港支持ツイッターを批…
  3. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米豪はレアアースの安定調達の計画を発表へ! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    歴史歪曲反日銅像設置中断せよ! こんな運動が韓国で始まる!(朝香 豊)
PAGE TOP