安全保障

北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2月10日段階の北朝鮮の公式発表では、北朝鮮国内の新型コロナウイルスの感染者はゼロとなっているが、1月末にはすでに死者が発生しているとの話が出てきた。

中国に留学していた20代の学生が感染源となり、ここから40代の男性と50代の女性にも感染し、この3人が亡くなったというのである。

このうち、50代の女性は死亡診断書では「急性肺炎」とされていて、火葬や埋葬などを遺族の手では行えず、遺体焼却後に遺族に骨壷を渡されただけだったために、遺族は新型肺炎が原因ではないかと疑っているようだ。

彼ら3名が隔離されたのは、結核治療を専門的に行う第3人民病院だとされ、他にも18名が隔離治療を受けているが、「感染が疑われる患者」に分類されているという。

金正恩氏の緊急命令を受けて、北朝鮮軍は冬季訓練を全面中止したとの話が、韓国内の一部で報じられているという。

真偽の程は全くわからないが、新型コロナ感染が北朝鮮内でも起こり、それなりの広がりを持っているとすれば、体制崩壊につながる危険な状態にあることになる。

公式的には感染者がいないとされていることから、市場を通じた人々の交わりを断つこともできないだろう。

栄養状態が悪く、衛生環境も決していいとは言えない北朝鮮では、武漢以上の広がりを持つ可能性もありえるだろう。

なお、中国に隣接する新義州や義州で、原因不明の高熱で死者が出たとの話もあるようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のデイリーNKの記事
https://dailynk.jp/archives/129436

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  2. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  3. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)

    フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は、次世代通信規格「…

  3. 安全保障

    尖閣周辺で活発化する中国の動き! パワーバランスが崩れてきた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  4. 安全保障

    セクハラでバイデン氏告発の女性! うそ発見器にかかってもいい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    イベルメクチンの高い有効性を証明! インドのウッタル・プラデーシュ州!(朝香 豊…
  3. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ガンジーはレイシストでファシスト?? 像の撤去を求める動き!(朝香 豊)
  5. 外交

    イラン、地下核施設でウラン濃縮! IAEA査察官を一時拘束し、欧州まで敵に回し始…
PAGE TOP