経済

中国の不動産バブル崩壊! 多方面にわたる影響と悲劇!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の不動産バブル崩壊は様々な方面に巨大な影響を与えている。厳しいのは当然ながら不動産ディベロッパーだけでない。

鉄鋼、セメント、ガラスなどが直接的な影響を受けており、新居に移る際に買い替えることの多い家具、家電などにも影響を与えている。中国での鉄鋼価格はすでに年初から半値に落ち込んでいる。

そしてそれぞれの業界がさらにその業界を支える周辺の産業にも大きな影響を及ぼしているのは理解できるだろう。

建設機械のコマツの2021年7―9月期決算では、中国を除く全ての地域で前年同期よりも売上高を増やしたが、中国の売上は前年同期比61%減だった。年間を通じての2021年の中国での売上は前年比で45%から55%落ち込む見通しを立てている。

生活の困難は庶民の生活も直撃している。河北省三河市燕郊鎮で2017年に5300万円で住宅を購入した人は今年になって商売の不振からローンの支払いができなくなり、自宅は競売にかけられてしまった。落札価格は1600万円にしかならず、自宅を取られた上で1800万円の借金が残っている。自宅を買う際の頭金と毎月のローンの支払いも加えると4500万円の損失となったが、結局手元に何も残らず、1800万円の借金を今後も担っていかざるをえない。

住宅価格が購入時の半値以下になる中で、ローンの支払いを自らの意思で停止しているケースも増えている。地方政府は不動産の値下げ禁止令を出して売れないように仕向けているが、景気悪化の中でローンが支払えなくなることは避けられない。

多くの事業者が売上の低迷に見舞われており、解雇されたり、解雇されないまでも給料の削減を受け入れざるをえなくなっている労働者も多い。何せ地方公務員の給料すら20%〜40%削減に見舞われているのである。

給料の削減はただでさえ無理して支払ってきた住宅ローンを次々と破綻させていくだろう。そしてそれは金融機関の不良債権の増大を必然的にもたらし、中国の金融危機にも直結することになる。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中共「中央経済工作会議」で事実上の習近平批判! 習近平体制は来年の党大会までか?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7105

恒大集団デフォルトに無反応を示す市場! 地獄への道を国際金融資本は選択したのか?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7088

習近平は世界経済も崩壊させる! 笑ってはいられない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6918

ロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/china-steel-sector-idJPKBN2IZ09I
看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=29076
コマツの決算発表
https://www.komatsu.jp/ja/-/media/home/ir/library/results/2021/jp_fy212qpresentation.pdf?rev=02c50d13daa64972a20c009ed87eff28&hash=A2288A6172F847135992D3CBCA68A79F
中国建設現場の画像
https://www.newsweekjapan.jp/marukawa/assets_c/2021/09/210928evergrande-thumb-720×480-271692.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  3. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)

    日本の無印良品とユニクロは、中国の新疆ウイグル自治区で綿を調達…

  4. 安全保障

    台湾への武器売却をさらに追加! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 中国

    バイデンだけでなくハリスも問題! 民主党正副大統領候補と中国との関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝…
  2. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)
  3. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)
  4. 中国

    武漢の葬儀場に骨壷引き取りの長蛇の列! ここから推定される本当の死者数は?(朝香…
  5. 中国

    中国全土からの邦人の帰国を検討しよう!(朝香 豊)
PAGE TOP