人権・民主主義

ドレスデン市は非常事態宣言! 反イスラム運動「PEGIDA」の活動が活発化で!(朝香 豊)

ドイツのドレスデン市では、反イスラム運動「PEGIDA」の活動が活発化している。

ドイツ国内に入り込む中東からの移民が増大し、文化摩擦が激しくなっているためだ。

このような状況をドレスデン市議会は「ナチズムによる危機」だと定義し、過激な極右思想が社会の中心部にまで及んでいるとの危機感をいだき、これに対応するための非常事態宣言を採択した。

ドレスデン市議会は「開かれた多元的社会」を守るためとしているが、その結果として自分たちが大切にしてきたドイツ文化がないがしろにされているのではないかとの危機感が、人々の間で高まっている。

ドレスデン市が属するザクセン州の州議会選挙が9月に行われたが、そこでは新興右派政党の「ドイツのための選択肢」が27.5%もの得票を得た。

10月末に行われたテューリンゲン州の州議会選挙でも、「ドイツのための選択肢」は5年前の選挙の2倍以上になる23.4%の得票を得て、メルケル首相の所属するキリスト教民主同盟より多くの票を獲得するに至っている。

こうした高まる民意と「開かれた多元的社会」を求める市議会の立場が相容れなくなっていることによる対立が広がっているわけだ。

「開かれた多元的社会」を絶対視することが矛盾の根源にあることに、ドレスデン市議会は気づくべきではないだろうか。

ソースとなったCNNの記事https://www.cnn.co.jp/world/35144835.html
トップ画像も同記事からhttps://www.cnn.co.jp/storage/2019/11/03/663b1ab57a4358b648a7d2b61e6b8621/t/768/432/d/01-pegida-dresden-1021.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)

    韓国のKBSテレビに対して、ある香港警察官が匿名を条件に取材に…

  2. 人権・民主主義

    不法移民を直ちに解放せよ! バイデン政権が指示!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  3. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」に我々も抗議の声を上げよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    韓国で「言論懲罰法」が成立目前! 文在寅の危険な野望!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    バイデン政権は誕生する! それでもこれからもトランプを応援しよう!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    一筋縄では理解できない東芝問題! 単純な善悪では捉えるべきではない!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    「無観客開催はありえない」はYouTubeポリシー違反! 「正しさ」を決める力が…
  5. 安全保障

    高まる経済安全保障の重要性! 台湾有事への備えも抜本的に強化せよ!(朝香 豊)
PAGE TOP