人権・民主主義

ドレスデン市は非常事態宣言! 反イスラム運動「PEGIDA」の活動が活発化で!(朝香 豊)

ドイツのドレスデン市では、反イスラム運動「PEGIDA」の活動が活発化している。

ドイツ国内に入り込む中東からの移民が増大し、文化摩擦が激しくなっているためだ。

このような状況をドレスデン市議会は「ナチズムによる危機」だと定義し、過激な極右思想が社会の中心部にまで及んでいるとの危機感をいだき、これに対応するための非常事態宣言を採択した。

ドレスデン市議会は「開かれた多元的社会」を守るためとしているが、その結果として自分たちが大切にしてきたドイツ文化がないがしろにされているのではないかとの危機感が、人々の間で高まっている。

ドレスデン市が属するザクセン州の州議会選挙が9月に行われたが、そこでは新興右派政党の「ドイツのための選択肢」が27.5%もの得票を得た。

10月末に行われたテューリンゲン州の州議会選挙でも、「ドイツのための選択肢」は5年前の選挙の2倍以上になる23.4%の得票を得て、メルケル首相の所属するキリスト教民主同盟より多くの票を獲得するに至っている。

こうした高まる民意と「開かれた多元的社会」を求める市議会の立場が相容れなくなっていることによる対立が広がっているわけだ。

「開かれた多元的社会」を絶対視することが矛盾の根源にあることに、ドレスデン市議会は気づくべきではないだろうか。

ソースとなったCNNの記事https://www.cnn.co.jp/world/35144835.html
トップ画像も同記事からhttps://www.cnn.co.jp/storage/2019/11/03/663b1ab57a4358b648a7d2b61e6b8621/t/768/432/d/01-pegida-dresden-1021.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!小島晴…

  2. 人権・民主主義

    韓国のチョ・グク法相の辞任の「裏」を見落とすな!(朝香 豊)

    疑惑に揺れる韓国のチョ・グク法相が突然辞任した。国民の…

  3. 人権・民主主義

    韓国大統領府が家宅捜索を拒否! 検察最後の意地を力づくで潰す!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 人権・民主主義

    韓国、検察解体へ大なた! 政権批判を抹殺へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  5. 人権・民主主義

    韓国の高校生の、教師の行き過ぎた偏向の訴えを、ソウル市教育庁が却下!(朝香 豊)

    ソウルの仁憲高校では、学生たちに「日本の経済侵略、反対する、反…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    米GDPはマイナス39.6%に達するとの予測! 米議会予算局! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    暗号機製造メーカーを米独情報機関が秘密裏に運営 ! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香…
  4. 人権・民主主義

    韓国で再び大統領の弾劾はあるのか? 弾劾の請願が140万人突破!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    「アビガン」に高い治療効果! 明らかな副作用なし!(朝香 豊)
PAGE TOP