人権・民主主義

中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのトランプ大統領は、新型コロナウイルスが世界的に蔓延したことについて、「世界規模での大量殺りくを行ったのは他でもない中国の無能さだ」、「中国の変なやつが、今や数十万人が死亡したウイルスについて中国以外のみんなを非難する声明を出した」と述べ、あからさまに中国と敵対する姿勢を見せた。

トランプ大統領はまた、中国が香港に「国家安全法」を導入すれば、米国は「極めて強硬に対応する」と述べ、香港問題でも中国を揺さぶった。

ポンペオ国務長官も、「中国は1949年以来、悪辣な独裁政権により統治されている」とし、「中国はイデオロギー的にも政治的にも自由国家に敵対的」だと厳しく非難した。

つまり、自由主義世界と中国共産党は両立しないと、はっきりと宣言したわけだ。

さらに、香港版「国家安全法」についても、「横暴かつ破滅的」で、香港の自治に「死を告げる鐘」になると非難した。

さて、このようにアメリカが中国共産党との両立は自由主義世界にはありえないという判断を下して、激しく非難しているのに対して、日本はどうだろう。

自国の尖閣諸島の領有権が日々侵略されているというのに、その侵略行為を平然と行っている「悪辣な独裁政権」のトップを、国賓として迎えようとしている。

そして、香港をめぐるこの危機的な状況に、自由主義陣営の一員としての声をあげようともしない。

情けない限りだ。

別にトランプ大統領やポンペオ国務長官のような激しい言葉を使う必要はない。

だが、香港のこの状況を見捨てるというのでは、日本はもはや自由主義世界の一員ではない。

中国共産党の軍門に降って、日本人が幸せになるとでも、政府は思っているのだろうか。

「香港の人たちが中国共産党の体制を支持するのであれば、一国二制度という言葉に拘る必要はない。香港が今すぐ完全に中国本土と一体化してしまうとしても、日本は全く反対しない。中国政府は今自分たちが進めている路線について、香港の人たちの支持を十分に集められていると確信しているから、自信を持って推し進めているのであろう。外部からの邪推に、中国政府が不愉快な感情を持つとしても、日本政府はその気持を十分に理解する。ならば、そのことをはっきりさせるために、香港で有権者全員を対象にして住民投票を行ってみたらどうだろうか。中国政府としては、一部の暴力分子が秩序を乱す行動を起こし、投票が平穏に行われないことを心配しているのだろうが、その点では日本は全面的に協力する。平穏な中で公平な投票が行われるように、日本としては最大限の協力を惜しまない。その結果にアメリカが不服を述べたとしても、日本はアメリカを説得してみせる。日本は中国政府が暴力と圧迫を嫌い、平和と道理を愛好していることを確信している。」くらいのことを言ってみたらどうだろう。

こうした発言を日本が行ったところで、中国政府を批判したことにはならないだろうし、中国政府のメンツを最大限立てたことになるだろう。

さらに、中国国民からも世界からも賛同の声が集まるのではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の東亜日報の記事
https://www.donga.com/jp/article/all/20200522/2069797/1/「無能」「悪辣な独裁政権」-トランプ氏とポンペオ長官が中国を非難
画像はflickr.comから
https://live.staticflickr.com/832/40047056100_ed8f7a5024_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    米議会は超党派で中国に圧力をかけ、香港を守る意思を明確にした!

    さすが、アメリカ!米議会は、香港情勢に関し、超党派…

  2. 経済

    中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    ギリシャの難民キャンプで騒乱事件! コロナ不安が引き起こす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ギリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)
  4. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)
  5. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝…
PAGE TOP