人権・民主主義

中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのトランプ大統領は、新型コロナウイルスが世界的に蔓延したことについて、「世界規模での大量殺りくを行ったのは他でもない中国の無能さだ」、「中国の変なやつが、今や数十万人が死亡したウイルスについて中国以外のみんなを非難する声明を出した」と述べ、あからさまに中国と敵対する姿勢を見せた。

トランプ大統領はまた、中国が香港に「国家安全法」を導入すれば、米国は「極めて強硬に対応する」と述べ、香港問題でも中国を揺さぶった。

ポンペオ国務長官も、「中国は1949年以来、悪辣な独裁政権により統治されている」とし、「中国はイデオロギー的にも政治的にも自由国家に敵対的」だと厳しく非難した。

つまり、自由主義世界と中国共産党は両立しないと、はっきりと宣言したわけだ。

さらに、香港版「国家安全法」についても、「横暴かつ破滅的」で、香港の自治に「死を告げる鐘」になると非難した。

さて、このようにアメリカが中国共産党との両立は自由主義世界にはありえないという判断を下して、激しく非難しているのに対して、日本はどうだろう。

自国の尖閣諸島の領有権が日々侵略されているというのに、その侵略行為を平然と行っている「悪辣な独裁政権」のトップを、国賓として迎えようとしている。

そして、香港をめぐるこの危機的な状況に、自由主義陣営の一員としての声をあげようともしない。

情けない限りだ。

別にトランプ大統領やポンペオ国務長官のような激しい言葉を使う必要はない。

だが、香港のこの状況を見捨てるというのでは、日本はもはや自由主義世界の一員ではない。

中国共産党の軍門に降って、日本人が幸せになるとでも、政府は思っているのだろうか。

「香港の人たちが中国共産党の体制を支持するのであれば、一国二制度という言葉に拘る必要はない。香港が今すぐ完全に中国本土と一体化してしまうとしても、日本は全く反対しない。中国政府は今自分たちが進めている路線について、香港の人たちの支持を十分に集められていると確信しているから、自信を持って推し進めているのであろう。外部からの邪推に、中国政府が不愉快な感情を持つとしても、日本政府はその気持を十分に理解する。ならば、そのことをはっきりさせるために、香港で有権者全員を対象にして住民投票を行ってみたらどうだろうか。中国政府としては、一部の暴力分子が秩序を乱す行動を起こし、投票が平穏に行われないことを心配しているのだろうが、その点では日本は全面的に協力する。平穏な中で公平な投票が行われるように、日本としては最大限の協力を惜しまない。その結果にアメリカが不服を述べたとしても、日本はアメリカを説得してみせる。日本は中国政府が暴力と圧迫を嫌い、平和と道理を愛好していることを確信している。」くらいのことを言ってみたらどうだろう。

こうした発言を日本が行ったところで、中国政府を批判したことにはならないだろうし、中国政府のメンツを最大限立てたことになるだろう。

さらに、中国国民からも世界からも賛同の声が集まるのではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の東亜日報の記事
https://www.donga.com/jp/article/all/20200522/2069797/1/「無能」「悪辣な独裁政権」-トランプ氏とポンペオ長官が中国を非難
画像はflickr.comから
https://live.staticflickr.com/832/40047056100_ed8f7a5024_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    小党乱立で混乱する韓国! 4月に国会議員選挙!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!4月…

  2. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!この…

  3. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 道理

    日本学術会議の新メンバーの一部拒否! 菅総理!(朝香 豊)

    ラウンドボタン-L人気ブログランキングへのご協力をよろしく…

  5. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米財…

  6. 人権・民主主義

    中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイなどの排除を、小規模民間通信会社にまで拡充へ! (朝香 豊…
  2. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)
  4. 外交

    北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 安全保障

    中国政府相手にコンサルタント! ハンター・バイデン設立のソーントン・グループ!(…
PAGE TOP