経済

アルゼンチンがまたデフォルト! 新興国危機のラッシュか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アルゼンチンが9度目のデフォルトに陥った。

4月22日に一部債券の利払いを行わず、30日間の返済猶予となっていたので、今回(5月22日)のデフォルトは事前に予想されていた通りだ。

ただ、外貨準備としては返済原資があるのに、敢えて払わないというのが、今回のアルゼンチンの姿勢だ。

アルゼンチンは何度もデフォルトを繰り返しているので、もはやデフォルトを怖いものだと思っていない。

いざとなれば開き直ればいいということをすでに学んでしまっている。

6月2日までの協議延長ということにはなっているが、アルゼンチン側は強気姿勢を崩していない。

3年間の利払い停止を求め、支払利息も6割に減らせと要求している。

アルゼンチンの開き直り体質は、同国が左派のフェルナンデス政権であることとも関係している。

自分で痛みを背負うのではなく、そんなものは外国の金貸しに背負わせればいいんだという開き直りがもともとあるのだ。

それが債権団の頭の痛いところだ。

ただ、アルゼンチン経済は決して良好ではないというのも事実なので、そちらも見ておかないと不公平だろう。

アルゼンチンの2018年の経済成長率はマイナス2.5%、2019年の経済成長率もマイナス2.2%と2年連続のマイナス成長を記録し、今年はコロナショックでさらなるマイナス成長になるのは確実視されている。

アルゼンチンの主要輸出品は農産物だが、中国への輸出も欧米への輸出も、新型コロナウイルスのせいで大幅に小さくなっている。

新型コロナウイルスの感染を防ぐために、国内の輸送業が十分に動いていないという問題もある。

国内ではシェールガス開発を進めていたが、世界経済の沈滞化によって天然ガスの価格が暴落したことも、アルゼンチン側には大きな誤算だ。

IMFもアルゼンチンの対外債務の1000億ドルは返済不可能だとみなし、投資家側に債務の減免を求めている。

新型コロナウイルスの感染拡大は、今後は南半球の新興国で広がっていくと予想されており、アルゼンチンも国民生活を守るための財政手当が必要になっていくのは確実だ。

今年はすでに、レバノン、エクアドル、アルゼンチンの3カ国が破綻し、今後も新興国危機はあちこちで起こるのは確実視されている。

それを嫌って、新興国からの資金を引き上げる動きは今後も続くことになり、それが新興国危機をさらに確実なものにするという連鎖は避けられないだろう。

こういうことがあるので、日本をはじめとした先進国は財政を大いに拡張して、新興国からの輸入を滞らせないようにしないと、世界経済はとんでもないことになる。

こういう発想を日本政府がちゃんと持てるようにしたい。

また、仮にデフォルトしてもケロッとしているアルゼンチンの姿勢を、日本政府は学んだほうがいいかもしれない。

但し、アルゼンチンは米ドル建ての国債なのでデフォルトするが、日本政府の国債は自国通貨の円建てなので、ドフォルトしようがないというのも、頭には置いておきたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-00000024-jij-int
ネタ元のバンコクポストの記事
https://www.bangkokpost.com/world/1896420/produce-rich-argentinas-exports-ravaged-by-coronavirus
画像はウィキメディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/94/Alberto_Fernández_2019.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 経済

    中国経済の崩壊! 中国政府も認識!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    真水で10兆円の補正予算か! 国債は3年ぶりに増発へ! (朝香 豊)

    政府は、策定中の令和元年度補正予算案で赤字国債を発行する方向で…

  3. 外交

    北朝鮮の密漁に対する日露の落差に愕然! ロシアは一度に161人を拘束・連行!(朝香 豊)

    ロシアは日本海で密漁を行っていた北朝鮮船13隻を、巡視船や航空…

  4. 経済

    対中輸出の大幅減が続いている!(朝香 豊)

    日本の8月の貿易収支は2カ月連続の赤字になったが、これは大した…

  5. 経済

    中国の金融開放の罠! 狙われる西側金融機関!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 外交

    スリランカが脱中国化! 国際空港整備、日本の大成建設が受注! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?
  2. 安全保障

    アメリカの脅威はロシアで、中国ではない! バイデンが断言!(朝香 豊)
  3. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(…
  5. 外交

    台湾訪問団のチェコに対して中国が脅迫! これにEU諸国が大反発!(朝香 豊)
PAGE TOP