安全保障

「香港自治法」が成立! 運用は米大統領選挙の結果次第!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの星条旗と香港の旗を掲げる香港の若者

英中共同声明によって保証されることになっていた香港の自由と自治を、中国は完全に否定する行動に出た。

これに対応して、アメリカでは上下両院で「香港自治法」が全会一致で通過し、トランプ大統領の署名によって成立した。

「香港自治法」には2段階の制裁がある。

第一段階としては、アメリカの国務省が香港の自由や自治を侵害した個人・団体を特定し、ドル資産の凍結などを行う。

つまり、こういう個人・団体が、銀行などに保有しているドル資産(預金など)を引き出したり、振り込みに利用したりすることができないようにするというものだ。

中国の最高指導部は「チャイナセブン」と呼ばれる7人によって構成されているが、この「チャイナセブン」の一人である韓正副首相も制裁対象になるのではないかと見られている。

というのは、韓正副首相は香港政策を担当する立場にあるからだ。

第二段階としては、こうした個人や団体と取引のある金融機関が制裁対象になる。

但し、制裁対象となる個人や団体が特定されてから1年の猶予が設けられているので、第二段階の制裁が発動されるとして、これはまだまだ先になる。

制裁項目は細かく分ければ8項目あるが、簡単に言えば、こうした金融機関が米ドルを扱うことができなくなるようにするというものだ。

中国の金融機関がドルの取り扱いができないということになれば、こうした金融機関を使うことで輸出入を行っている一般の企業のドル取引も不可能になる。

それだけではなく、中国の一帯一路構想などでも、ドルを使った融資や返済ができなくなる。

例えばパキスタンが中国から一帯一路で借りた資金をドルで返済しようとしても、ドルの送金ができないことになるわけだ。

ドル決済は日々アメリカの監督下で行われるので、パキスタンが中国に送金する場合でも、必ずアメリカのチェックが入った上で送金される形になる。

ただ、中国の4大銀行は、現在そのまま世界の4大銀行ともなっていて、これらの銀行を完全にドル経済圏から外せば、反作用は甚大だ。

仮に中国のドル取引が禁止され、中国との輸出入が事実上止まる状態になるとしたら、その混乱はとてつもなく大きくなるというのは理解できるだろう。

なので、制裁項目を8つに分け、細かく調整ができるようにしているとも言えるわけだ。

こうした制裁で中国に大打撃を与える決断は、トランプ大統領ならば必要を感じれば行えるだろうが、バイデン候補では難しいだろう。

こういう点でも、大統領選挙の行方は大いに気になるところだ。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61524240V10C20A7000000/?n_cid=NMAIL006_20200715_H
画像はPixabayから(ドル札)
https://pixabay.com/ja/photos/お金-ドル紙幣-札-紙のお金-860128/
画像はサウスチャイナ・モーニング・ポストから(星条旗と香港旗)
https://cdn.i-scmp.com/sites/default/files/styles/1280×720/public/d8/images/2020/06/26/e60cc1fe-0e4d-4b3d-8638-5e34edb75fc7.jpeg?itok=8UvpTn2Z
画像はFlickrから(トランプとバイデン)
https://live.staticflickr.com/65535/49305591216_c97a110e1d_b.jpg
画像は大紀元時報から(韓正)
https://hk.epochtimes.com/news/2020-06-18/42655582

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    命ある限り体制批判を続けていく! 清華大学の許章潤教授!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)

    韓国の消費者金融の大手4社のうち3社が、2024年までに相次い…

  3. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)

    韓国政府は事実とは違う主張をしたり、自分たちに不都合な情報を隠…

  4. 道理

    毛沢東は台湾独立を支持していた! これはプロパガンダ戦に利用すべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!かつ…

  5. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングデンマークのダンスケ銀行の2000億ユ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    話を作っての主張はやめるべきだ! 生活保護費の引き下げ問題!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    カザフスタンで激しい反政府運動! ナザルバエフ独裁体制への反発!(朝香 豊)
  3. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 …
  4. 人権・民主主義

    でっちあげ「スティール文書」の情報提供者逮捕! 窮地に追い詰められる民主党!(朝…
  5. 安全保障

    ウクライナ問題で中国が陥るジレンマ! 「ウイグル」独立の導火線!(朝香 豊)
PAGE TOP