外交

日本は入国制限で事前説明なかったと、韓国! 日本は広報体制を抜本改善せよ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国の大統領府が、韓国からの入国規制に関して、事前の説明はただの一言もなかったとして、日本を非難している。

韓国絡みの話としては「またか!」という感じではあるが、そうやってやり過ごさないで、きちんと証拠を見せて反論できる準備を整えることに、外務省は頭を使ってもらいたいものだ。

外務省は「事前に通報している」というだけで、その詳細も明らかにしていない。

メールであれば、送信時間と文面を公表できる準備を整えておくべきだ。

電話であれば、電話をかけた時間を示した上で、電話の様子の録音か録画をしておくべきだ。

文句が出てきたら、「事前に連絡済みだ」ではなく、「○月○日の日本時間の○時○分に電話にて伝えてある。その時の動画も保存してあるので、必要があるなら開示する」くらいのことを伝えるべきではないか。

相手が「通報していない」というのに対して、「通報した」と反論するのではなく、より詳細な具体的な事実について的確に述べる方が、遥かに効果的だろう。

どうすれば効果的な広報になるのか、どうすれば変な言い訳をさせないようにできるのかについて、まじめに考えて対応策をとってもらいたいものだ。

ついでに言えば、中国の外交部のように、きちんと数名の報道官を用意して、毎日日本の立場を発信すべきだとも思う。

しかも、これは外務省だけに限る必要もない。

他の省庁も報道官を用意して、毎日どんどんと情報発信することを仕事だと認識すべきではないか。

そもそもの話になるが、現在の日本の役所の中では、広報というものが「おまけ」くらいの意識でしか捉えられていないように思われる。

例えば、新型コロナウイルスの感染状況を説明する厚労省のページに、私は割とよくアクセスしているつもりだが、本当にわかりにくい。

当初に比べると幾分改善したのは認めるが、それでも、人々が何を知りたいと思っているのか、何をどう説明すれば納得が得られるのかという視点が欠けたまま、とりあえずページを作っているというレベルだと言わざるをえない。

正しいことはなにかということを人々にしっかり伝え、人々を納得させる、安心させるというのは、本当は最も大事な部分だとも言える。

「おまけ」などではありえない。

この点での発想の大転換こそ必要ではないだろうか。

この役所の意識改革を進めるように、安倍総理にはリーダーシップを執ってもらいたいのだが、何度首相官邸に声を届けても変える動きがないのは、本当に残念だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の中央日報の記事
https://japanese.joins.com/JArticle/263596?servcode=A00&sectcode=A10

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 外交

    文大統領、IOC会長との会談で東京五輪での旭日旗使用の懸念を表明へ (朝香 豊)

    韓国の文在寅大統領は、国連総会に出席するためにニューヨークを訪…

  2. 外交

    ロシアが憲法で領土譲渡の禁止提案! 安倍総理は訪露中止を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!憲法…

  3. 外交

    日本の「戦犯企業」製品の不買条例が、ソウルと釜山で成立!

    ソウル市と釜山市で相次いで、日本企業280社余りを「戦犯企…

  4. 外交

    文在寅大統領、北朝鮮開発銀行の推進をASEANに求める方針!(朝香 豊)

    ASEAN特別首脳会議が来月釜山で開催される。この会議…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国共産党もクライアント! バイデン一家のビジネス!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国に5Gの市民監視用のロボット警官が登場! 中国の監視社会化はどこまで進むのか…
  5. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)
PAGE TOP