安全保障

暴かれてきた膨大な闇の繋がり! 民主党・ドミニオン・CIA・共産国家群!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ再集計委員会(Trump Recount Committee)のメンバーであるブライアン・トレッシャー氏は、ドイツのフランクフルトで差し押さえられたサーバから、改ざん前の元データの一部をすでに回復させたと述べていた。元の投票がアルゴリズムに基づいて実際にはどのように票が転換されていったかを明確に示しているとも語っていた。

この情報については真偽が確認できないところがあったので、ブログで取り上げるのはためらってきたのだが、どうやら本当のようだということがわかってきた。

トランプ弁護団のシドニー・パウエル弁護士は「サーバを押さえたのは米軍(our forces)だと聞いています。実際に何が起こったかについての調査に政府はすでに取り組んでいると思います」と述べた。彼女は伝聞調の言い方をして、なお断定的な言い方は避けているが、この話を誤りだとする見方が出てきていないので、概ね事実として扱ってよいと考えているのだろう。

差し押さえられたサーバはCIAのものであるが、これをCIA長官に知らせないままに米軍が実行したと伝えられている。所轄のCIA長官に事前に知らせなかったのは、情報漏えいを恐れての対応だろう。

そしてこのことは、疑惑の投票集計機のドミニオン社とCIAと民主党が闇のコネクションを持っているということも表しているはずだ。

パウエル弁護士はまた、ドミニオンのシステムで処理された情報が開票中に3〜4の外国に流れていた証拠も掴んでいる。こうした国々は開票データが入力され、それが改変される状況も見ることができたはずで、アメリカの選挙に世界最悪の共産主義国家群(ベネズエラ、キューバ、中国と思われる)の干渉があった重大な証拠もあると述べている。

とすると、CIAの少なくとも一部は、ドミニオン社だけでなく共産国家群とも闇のつながりを持っているということになる。

パウエル弁護士はさらに、刑務所に収容されている囚人の半分にあたる人数が刑務所に入れられる以上の証拠があるとも語った。そのように表現できるほどにこの闇は深くて大きいということのようだ。

トランプ大統領によるとてつもない大掃除が開始されようとしている。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

headlines360の記事
https://headlines360.news/2020/11/20/attorney-sidney-powell-discloses-who-confiscated-the-scytl-servers-in-germany/
www.sgtreport.comの記事
https://www.sgtreport.com/2020/11/dominion-servers-seized-in-germany-findings-will-shake-the-globalists-to-their-core/
dehayf5mhw1h7からの引用画像(シドニー・パウウェル弁護士)
https://dehayf5mhw1h7.cloudfront.net/wp-content/uploads/sites/957/2020/11/14164006/9719FDA8-111F-4648-BFDE-A2A37BC36496.jpeg
googleusercontent.comからの引用画像(ブライアン・トラッシャー氏)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/YRPUq75QURCMw0n9SufKpvRFQSLpV3AP6-qTakqLduv2mOMWk83rmA2xl4sfZPfHECQZgsVrjDK26eSNehH-Eb36Qd7TeGlTHlLhtatGg1Kq6jQvOy7BnGVR8iUGZ403eMg-HsGvokMfCkfr7_Oz-avpf9QeyZlM

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. Featured Video Play Icon
  2. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 人権・民主主義

    「暴力には力で対抗」の何が悪い! フェイスブックが投稿削除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!共和…

  4. 安全保障

    金正恩、「苦痛は怒りに変わった」とアメリカを批判!(朝香 豊)

    北朝鮮の金正恩委員長は、「アメリカをはじめとする敵対勢力がわれ…

  5. 安全保障

    中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)

    中国のスパイ活動に従事してきた男性が、オーストラリアへの亡命を…

  6. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)
  2. 経済

    テスラが本社移転を示唆! コロナで工場再開できず!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    北朝鮮が「重大な実験」実施! ICBM用か?(朝香 豊)
  4. 道理

    トランプ大統領については偏ったネガティブ報道! アメリカのリベラルマスコミ!(朝…
  5. 人権・民主主義

    中国が台湾人のドメインを購入! ネット世論操作に利用!(朝香 豊)
PAGE TOP