安全保障

暴かれてきた膨大な闇の繋がり! 民主党・ドミニオン・CIA・共産国家群!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ再集計委員会(Trump Recount Committee)のメンバーであるブライアン・トレッシャー氏は、ドイツのフランクフルトで差し押さえられたサーバから、改ざん前の元データの一部をすでに回復させたと述べていた。元の投票がアルゴリズムに基づいて実際にはどのように票が転換されていったかを明確に示しているとも語っていた。

この情報については真偽が確認できないところがあったので、ブログで取り上げるのはためらってきたのだが、どうやら本当のようだということがわかってきた。

トランプ弁護団のシドニー・パウエル弁護士は「サーバを押さえたのは米軍(our forces)だと聞いています。実際に何が起こったかについての調査に政府はすでに取り組んでいると思います」と述べた。彼女は伝聞調の言い方をして、なお断定的な言い方は避けているが、この話を誤りだとする見方が出てきていないので、概ね事実として扱ってよいと考えているのだろう。

差し押さえられたサーバはCIAのものであるが、これをCIA長官に知らせないままに米軍が実行したと伝えられている。所轄のCIA長官に事前に知らせなかったのは、情報漏えいを恐れての対応だろう。

そしてこのことは、疑惑の投票集計機のドミニオン社とCIAと民主党が闇のコネクションを持っているということも表しているはずだ。

パウエル弁護士はまた、ドミニオンのシステムで処理された情報が開票中に3〜4の外国に流れていた証拠も掴んでいる。こうした国々は開票データが入力され、それが改変される状況も見ることができたはずで、アメリカの選挙に世界最悪の共産主義国家群(ベネズエラ、キューバ、中国と思われる)の干渉があった重大な証拠もあると述べている。

とすると、CIAの少なくとも一部は、ドミニオン社だけでなく共産国家群とも闇のつながりを持っているということになる。

パウエル弁護士はさらに、刑務所に収容されている囚人の半分にあたる人数が刑務所に入れられる以上の証拠があるとも語った。そのように表現できるほどにこの闇は深くて大きいということのようだ。

トランプ大統領によるとてつもない大掃除が開始されようとしている。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

headlines360の記事
https://headlines360.news/2020/11/20/attorney-sidney-powell-discloses-who-confiscated-the-scytl-servers-in-germany/
www.sgtreport.comの記事
https://www.sgtreport.com/2020/11/dominion-servers-seized-in-germany-findings-will-shake-the-globalists-to-their-core/
dehayf5mhw1h7からの引用画像(シドニー・パウウェル弁護士)
https://dehayf5mhw1h7.cloudfront.net/wp-content/uploads/sites/957/2020/11/14164006/9719FDA8-111F-4648-BFDE-A2A37BC36496.jpeg
googleusercontent.comからの引用画像(ブライアン・トラッシャー氏)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/YRPUq75QURCMw0n9SufKpvRFQSLpV3AP6-qTakqLduv2mOMWk83rmA2xl4sfZPfHECQZgsVrjDK26eSNehH-Eb36Qd7TeGlTHlLhtatGg1Kq6jQvOy7BnGVR8iUGZ403eMg-HsGvokMfCkfr7_Oz-avpf9QeyZlM

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝香 豊)

    不確かなフェイクニュースがインターネットを通じて拡散する中、し…

  2. 人権・民主主義

    香港民主派議員が襲撃され、耳を半分食いちぎられる!(朝香 豊)

    ありえない暴力が蔓延している香港で、男性4名、女性1名が病院で…

  3. 安全保障

    気に入らない国民の疑念は無視する河野太郎! 総理を担うには不適格!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!河野…

  4. 人権・民主主義

    共和党グリーン議員が委員会から放逐! 過去のQアノン支持はダメなのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米共…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)
  2. 道理

    中国が拘束していた北大教授を解放! 日本国内の世論の高まりに反応か?(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型原発「高温ガス炉」が日本を救う! 日本政府は大胆な投資を行え!(松尾 利昭)…
  5. 安全保障

    次期戦闘機は国内1社と単独契約 ! 日本主導が確定!(朝香 豊)
PAGE TOP