人権・民主主義

まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ弁護団のシドニー・パウエル弁護士は、まずはジョージア州からぶっ飛ばす(blow up)と述べた。

パウエル弁護士は「それは聖書的なものになる」という意味深な発言まで行っている。

ジョージア州の州知事と州務長官はいずれもいずれも共和党員ではあるが、RINO(「名ばかり共和党員」Republican In Name Only)ではないかと言われている。

疑惑の投票集計機のドミニオン社のシステムを導入するのに、ジョージア州は1億600万ドルもの多額の支払いを同社に対して行っていた。この導入に州知事と州務長官は深く関与している。

ここから先は自分の推測だが、2人はこのシステムの導入を決める際に、いかに邪悪な利用ができるのかを同社から教えられながら、それはむしろ自分たちにとって都合良く使えるものだと考えて魂を売り、さらに見返りのワイロまで受け取っていたということを晒すのではないだろうか。さらには同社の株を受け取り、同社と運命共同体になっていた可能性もある。

ドミニオン社は任意の投票を削ったり、票を移し替えることができるということを、マニュアルで説明している。このことを先日の記者会見でパウエル弁護士は明らかにしていた。

ジョージア州は来月2人の上院議員選挙が行われる予定であり、こちらの選挙結果を大きく左右するものとしても注目される。

パウエル弁護士はまだ法廷闘争の手の内を明かしていないが、この展開がどのようなものになるのか、大いに注目したい。

民主党崩壊の火蓋がいよいよ切られることになりそうだ。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.msn.comの記事
https://www.msn.com/en-us/news/politics/trump-attorney-sidney-powell-im-going-to-blow-up-georgia-with-new-lawsuit/ar-BB1bf1Hu
c-span.orgからの引用画像(シドニー・パウウェル弁護士)
https://images.c-span.org/Files/e0a/20201119125419003_hd.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    中国へのLINEの情報漏えい疑惑浮上! 政府は厳しい対応を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 道理

    ビックリ! チョ・グク氏、ソウル大にあっという間に復職していた!(朝香 豊)

    文在寅大統領がチョ・グク氏を韓国の法相から解任する書類にサイン…

  3. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

  4. 人権・民主主義

    ザッカーバーグが中国批判! オンラインの言論の自由を守る必要がある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フェ…

  5. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」に我々も抗議の声を上げよう! (朝香 豊)
  2. 経済

    緊急経済対策はあまりにもしょぼい! これは怒るべきだ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    三菱ジェット機、結局凍結! 求められる支援策!(朝香 豊)
  4. 経済

    韓国で「言論懲罰法」が成立目前! 文在寅の危険な野望!(朝香 豊)
  5. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?
PAGE TOP