人権・民主主義

まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

トランプ弁護団のシドニー・パウエル弁護士は、まずはジョージア州からぶっ飛ばす(blow up)と述べた。

パウエル弁護士は「それは聖書的なものになる」という意味深な発言まで行っている。

ジョージア州の州知事と州務長官はいずれもいずれも共和党員ではあるが、RINO(「名ばかり共和党員」Republican In Name Only)ではないかと言われている。

疑惑の投票集計機のドミニオン社のシステムを導入するのに、ジョージア州は1億600万ドルもの多額の支払いを同社に対して行っていた。この導入に州知事と州務長官は深く関与している。

ここから先は自分の推測だが、2人はこのシステムの導入を決める際に、いかに邪悪な利用ができるのかを同社から教えられながら、それはむしろ自分たちにとって都合良く使えるものだと考えて魂を売り、さらに見返りのワイロまで受け取っていたということを晒すのではないだろうか。さらには同社の株を受け取り、同社と運命共同体になっていた可能性もある。

ドミニオン社は任意の投票を削ったり、票を移し替えることができるということを、マニュアルで説明している。このことを先日の記者会見でパウエル弁護士は明らかにしていた。

ジョージア州は来月2人の上院議員選挙が行われる予定であり、こちらの選挙結果を大きく左右するものとしても注目される。

パウエル弁護士はまだ法廷闘争の手の内を明かしていないが、この展開がどのようなものになるのか、大いに注目したい。

民主党崩壊の火蓋がいよいよ切られることになりそうだ。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.msn.comの記事
https://www.msn.com/en-us/news/politics/trump-attorney-sidney-powell-im-going-to-blow-up-georgia-with-new-lawsuit/ar-BB1bf1Hu
c-span.orgからの引用画像(シドニー・パウウェル弁護士)
https://images.c-span.org/Files/e0a/20201119125419003_hd.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  2. 人権・民主主義

    銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  3. 人権・民主主義

    韓国でチョ・グク支持派のデモが150万人規模で開かれた!? (朝香 豊)

    韓国で、チョ・グク法相を支持する大規模デモが開かれた。…

  4. 人権・民主主義

    文政権は北朝鮮の人権状況を考えよ! 国際人権団体が公開書簡発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アム…

  5. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)

    香港の銅鑼湾書店は、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱ってい…

  6. 道理

    性善説でゴーンを逃す! 日本のあり方を問い直せ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ワル…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    山谷えり子氏が日本学術会議問題を取り上げる! 参議院内閣委員会!(朝香 豊)
  2. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!
  3. 経済

    中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)
  4. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米海軍が未確認飛行物体の目撃報告を「本物」と確認! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)
PAGE TOP