人権・民主主義

パウエル弁護士のウェブサイトへのリンクをブロック! ツイッター!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米大統領選に不正行為があると主張するシドニー・パウエル弁護士のウェブサイトへのリンクが、ツイッター上でブロックされていることがわかった。

ツイッターユーザーがパウエル弁護士のウェブサイト「defendingtherepublic.org」のリンクを共有しようとしたり、メッセージで同URLを送信しようとすると、「もう一度お試しください」との警告文が表示され、警告文には「リンクが潜在的に有害である可能性がある」との文言が記載されている。

同弁護士はジョージア州とミシガン州で選挙詐欺の訴訟を起こしたばかりで、同弁護士が掲載した告訴状を読ませない意図でこの処置が取られた疑いは高い。

ちなみにパウエル弁護士は大統領選挙でも用いられたドミニオン社の投票集計機による開票状況が中国などから監視され、操作可能な状態にあったことを訴えているが、それと一致するような事実がコンピューターの専門家から指摘されている。

ドミニオン社のサブドメインが中国の泉州のデータセンターとつながっており、同データセンターのサービスプロバイダが中国電信であることが明らかにされた。また、香港にあるパワーラインデータセンターともつながっていることもわかった。

こうしたバイデン側にとって不利な情報はながれないようにしたいというツイッター社の意図を勘ぐらざるを獲ない。

なお、ペンシルベニア州ゲティスバーグで開かれた公聴会の発起人である共和党上院議員のダグ・マストリアーノ氏のツイッターアカウントもブロックされた。

ツイッターやフェイスブックの露骨な介入はあまりにもひどいと言わざるをえない。


 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/11/65210.html
img.epochtimes.jpからの引用画像(パウエル弁護士のウェブサイトリンクの不許可)
https://img.epochtimes.jp/i/2020/11/27/t_krmpvh5awfzsf6qbnc43.jpg
wpcdn.us-east-1.vip.tn-cloud.netからの引用画像(ツイッターとフェイスブックの検閲)
https://wpcdn.us-east-1.vip.tn-cloud.net/www.koamnewsnow.com/content/uploads/2020/10/Facebook-and-Twitter-CEOs-ask-to-testify-of-accusations-of-censorship.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    鄱陽湖は意図的に決壊! 中国南部の豪雨!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 道理

    中国が企業版「社会信用システム」を導入予定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします中国に…

  4. 道理

    北朝鮮に風船ビラを飛ばした団体の法人許可取り消し! 文在寅政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港市民が活用するアプリがApp Storeから削除へ! 中国の圧力か!(朝香 …
  3. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)
  4. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    『緑なき島』の映像をめぐり、NHK前田会長がありえないすり替え ! これ以上しら…
PAGE TOP