経済

中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)

「中国のGoogle」とも呼ばれる「百度」(バイドゥ)の経営がおかしくなっているようだ。

今年の1~3月期決算は約50億円の純損失となり、保有する中国のオンライン旅行会社「携程網」の株式の1/3を売却して、1000億円ほどを調達する予定となっている。

中国ではネット検索にGoogleもYahooも使えず、中国の「百度」のシェアが圧倒的だと言われている。Googleは中国の検閲に協力する検索エンジンのDragonflyの開発をやめたとしており、この点からも競争環境は「百度」に有利になっていると思われる。

米中対立の激化で、国外のサーチエンジンの利用が今後さらに厳しくなることが明らかであるのに、何が起こっているのだろうか。

この半年間で5人の経営幹部が相次いで退任している。

さらに、PC向けのブラウザ開発から、この度撤退することを決めた。

中国経済減速によって広告収入が低迷しているとの指摘がある。もしこれが本当だとすると、中国の景気状況は絶望的になるくらいひどいということになりそうだ。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47814.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「独…

  3. 安全保障

    中国の8割以上の会社のN95マスクの販売を禁止! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!低品…

  4. 経済

    世界経済成長率見通し、IMFはまた引き下げ! 世界の景気減速は隠しようもない!(朝香 豊)

    IMF(国際通貨基金)は世界経済見通しを、前回実施の7月の見通…

  5. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 経済

    アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    進むドイツの左傾化! 日本やアメリカとの共通点の鍵はマスコミだ!(朝香豊)
  2. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ザッカーバーグが中国批判! オンラインの言論の自由を守る必要がある!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)
PAGE TOP