経済

中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)

「中国のGoogle」とも呼ばれる「百度」(バイドゥ)の経営がおかしくなっているようだ。

今年の1~3月期決算は約50億円の純損失となり、保有する中国のオンライン旅行会社「携程網」の株式の1/3を売却して、1000億円ほどを調達する予定となっている。

中国ではネット検索にGoogleもYahooも使えず、中国の「百度」のシェアが圧倒的だと言われている。Googleは中国の検閲に協力する検索エンジンのDragonflyの開発をやめたとしており、この点からも競争環境は「百度」に有利になっていると思われる。

米中対立の激化で、国外のサーチエンジンの利用が今後さらに厳しくなることが明らかであるのに、何が起こっているのだろうか。

この半年間で5人の経営幹部が相次いで退任している。

さらに、PC向けのブラウザ開発から、この度撤退することを決めた。

中国経済減速によって広告収入が低迷しているとの指摘がある。もしこれが本当だとすると、中国の景気状況は絶望的になるくらいひどいということになりそうだ。

これのネタ元の大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/47814.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)

    イランのサウジアラビアへの攻撃が確実視される中で、トランプ大統…

  2. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    れいわの山本太郎代表、積極財政と消費税減税で野党共闘を目指す! これは侮れない! (朝香 豊)

    れいわ新選組の山本太郎代表は、最近立命館大学の松尾匡教授から、…

  4. 経済

    出光と東レ、世界最高レベルの次世代有機EL技術開発!(朝香 豊)

    出光興産と東レは、次世代有機ELの素子開発で世界最高レベル…

  5. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    石油価格の低迷は長期化か! 貯蔵所の余裕がなくなる予想!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    英紙が中国の宣伝コラムの掲載を停止! 広がる嫌中感情!(朝香 豊)
  3. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!
  4. 経済

    焦る中国! 外資の取り込みに必死!
  5. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)
PAGE TOP