人権・民主主義

言論封殺された医師の取材記事を中共当局は圧殺! ネット民は必死の対抗処置!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

昨年末に、武漢市中心医院の救急救命科主任の艾芬氏は、原因不明の肺炎を発症した患者のウイルス検査報告書をスマホで撮影し、「SARSコロナウイルス」の文言に印をつけて、同僚に送信した。

この写真は、訓戒処分を受けた李文亮医師ら8人を含む医師の間でSNS上に転載された。

年が明けた1月2日に、艾芬氏は病院の党規律委員会に呼び出された。

「デマをでっち上げた」と糾弾され、この肺炎のことについて「ご主人にも言ってはいけない」と口止めされた。

「防護服を着用すると社会不安を引き起こす」と病院の幹部に言われ、白衣の下に防護服を着て凌ぐこともやっていたそうだ。

目の前で倒れてそのまま死亡した人、やっと病院にたどり着いたがそのまま息を引き取った人、家族をICUに送ったまま二度とあえなくなった人などのことを思うと、艾芬氏は「時間を巻き戻せたら」と思うという。

こうした艾芬氏のインタビューを掲載した、雑誌「人物」の記事は、またたく間に10万回閲覧されたが、中国共産党中央宣伝部の命令で掲載2時間後に削除され、転載を禁止された。

ネットユーザーは、当局のネット検閲を避けるために、記事内容を外国語に翻訳したほか、台湾で使われる繁体字版、縦書き版、ピンイン版(ローマ字版のイメージ)、甲骨文字版、絵文字で内容を表現する絵文字版、モールス信号版、点字版、さらには火星文字版や西夏文字版すら作って、国内SNSとか、海外のツイッターやフェイスブックなどで、リレー式で転載した。

だがこうした変形バージョンも、どんどん削除されている。

さて、武漢在住の女性作家方方氏は、武漢の様子を毎日深夜0時頃に更新する「方方日記」(ブログ)を書いている。

彼女が書く武漢の様子は人気を博し、今や彼女の日記には、1億人の読者がいるという。

この方方氏が12日に公開した日記で、艾芬医師のこの記事のことを取り上げた。

方方氏は「この記事を守ることは私たち自身を守ることだ」と書き込み、「ここまできたら、ネット警察よ、この記事を根こそぎに削除できるのか?」と反発した。

方方日記の拡散力で、この記事の話が多くの中国人に伝わっているだろうか。

そのことに期待したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

モールス信号版と点字版

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52973.html
画像も同記事から引用

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    総理、新型肺炎で現地の日本人希望者を全員帰国させる方針!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    アメリカで検問中の警官が射殺される! BLM運動の見直しを!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オク…

  4. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香 豊)

    中国は中国メディアの記者や編集者に対して、習近平国家主席の政治…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    深圳の一等地マンションが1億円の値下がり ! バブル崩壊につながるか?(朝香 豊…
  2. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)
  3. 経済

    文在寅、ソウル大が選ぶ最悪の大統領1位! 87%(朝香 豊)
  4. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「峰打ち」を不思議に感じる中国人! 孫向文さんから学ぶ!(朝香 豊)
PAGE TOP