安全保障

中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスに関しては、武漢ウイルス研究所から漏洩した人工的なものではないかとの説が提起される一方で、これはアメリカ軍が開発したものだという反論が中国側から行われている。

こうした中で、2013年に危険なインフルエンザウイルスを中国が人工的に作り出していたことが発掘された。

中国政府系研究機関の中国科学院の公式ウェブサイトに、この実験のことが掲載されていたのだ。

ハルビン獣医研究所(HVRI)のウイルス研究チームが、毒性が強い鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスと、感染力が強いインフルエンザ(H1N1型)ウイルスとを、遺伝子組換え技術を用いて結合し、127種の新型ウイルスを作成していた。

研究の狙いは、毒性が強くて感染力も高いインフルエンザウイルスを人工的に作り出すことだとしか、考えられない。

こうした人工ウイルスのうち、3分の2以上がマウスを使った実験で高致死性を示し、5種はモルモットを使った実験で、空気感染までする高い感染性を持つことが実証された。

まさしく高い致死性と感染性を兼ねた危険なウイルスを作り出す実験が繰り返されていたわけだ。

この実験を率いた陳化蘭教授は、「理論上は自然界でウイルスがこのように変異する可能性があるため、自ら作り出せば、予防ワクチンの開発に役立つ」と述べているが、全く意味不明である。

ワクチンは対処したいウイルスに合わせて作るものでしかない。

対処したいウイルスが出現していない段階で作るものではないのだ。

出現が予測できないウイルスの予防ワクチンを事前に作る意味は全くなく、生物兵器として活用することを前提として考えないとつじつまが合わない。

この研究は科学雑誌「Science」に発表され、あまりの危険性のために酷評されたようだ。

イギリス政府の首席科学顧問のロバート・メイ教授は、この研究がインフルエンザの予防には何の役にも立たず、全くの無責任だと批判した。

こうした研究を行っていたことから、中国が国際条約で禁じられている生物兵器の開発を行っていたのはほぼ確実であり、武漢から広がった新型コロナウイルスも、同様の研究の中で生み出された人工ウイルスである可能性は大いに疑われるべきだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53530.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ジョー・バイデンはハンターの仕事に関与している! SNSも腐っている!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  2. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

    アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人…

  3. 経済

    誤解の大きいRCEP! まずは事実確認から!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!RC…

  4. 安全保障

    「北朝鮮はこの地域で最も差し迫った脅威」と、米司令官!(朝香 豊)

    アメリカ・インド太平洋軍のデービッドソン司令官は、ミサイル発射…

  5. 安全保障

    習近平が人民解放軍に戦争準備を司令! いつでも動けるようにしろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)
  2. 道理

    関電問題の闇 元助役の森山栄治氏は大の人権活動家だった!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    「アビガン」に高い治療効果! 明らかな副作用なし!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    恐怖! チョ・グク法相が就任早々えげつない検察潰しに着手!
  5. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)
PAGE TOP