安全保障

中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスに関しては、武漢ウイルス研究所から漏洩した人工的なものではないかとの説が提起される一方で、これはアメリカ軍が開発したものだという反論が中国側から行われている。

こうした中で、2013年に危険なインフルエンザウイルスを中国が人工的に作り出していたことが発掘された。

中国政府系研究機関の中国科学院の公式ウェブサイトに、この実験のことが掲載されていたのだ。

ハルビン獣医研究所(HVRI)のウイルス研究チームが、毒性が強い鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスと、感染力が強いインフルエンザ(H1N1型)ウイルスとを、遺伝子組換え技術を用いて結合し、127種の新型ウイルスを作成していた。

研究の狙いは、毒性が強くて感染力も高いインフルエンザウイルスを人工的に作り出すことだとしか、考えられない。

こうした人工ウイルスのうち、3分の2以上がマウスを使った実験で高致死性を示し、5種はモルモットを使った実験で、空気感染までする高い感染性を持つことが実証された。

まさしく高い致死性と感染性を兼ねた危険なウイルスを作り出す実験が繰り返されていたわけだ。

この実験を率いた陳化蘭教授は、「理論上は自然界でウイルスがこのように変異する可能性があるため、自ら作り出せば、予防ワクチンの開発に役立つ」と述べているが、全く意味不明である。

ワクチンは対処したいウイルスに合わせて作るものでしかない。

対処したいウイルスが出現していない段階で作るものではないのだ。

出現が予測できないウイルスの予防ワクチンを事前に作る意味は全くなく、生物兵器として活用することを前提として考えないとつじつまが合わない。

この研究は科学雑誌「Science」に発表され、あまりの危険性のために酷評されたようだ。

イギリス政府の首席科学顧問のロバート・メイ教授は、この研究がインフルエンザの予防には何の役にも立たず、全くの無責任だと批判した。

こうした研究を行っていたことから、中国が国際条約で禁じられている生物兵器の開発を行っていたのはほぼ確実であり、武漢から広がった新型コロナウイルスも、同様の研究の中で生み出された人工ウイルスである可能性は大いに疑われるべきだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53530.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  2. 安全保障

    台湾の「駐米大使」が物議を醸す! 米台正式国交樹立への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  4. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    中国による新型コロナウイルスの過少報告と情報隠蔽を米政府断定!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 道理

    米企業開発の新型コロナ薬が「浙江省産」の「中華神薬」だって! ありえん!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    米大学のオーケストラの入国で、中国は韓国人団員のみ排除!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    暴かれてきた膨大な闇の繋がり! 民主党・ドミニオン・CIA・共産国家群!(朝香 …
  3. 経済

    有機EL 世界初の新技術生産ラインを日本に整備!(朝香 豊)
  4. 中国

    「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(…
  5. 人権・民主主義

    ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊…
PAGE TOP