安全保障

日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカとオーストラリアは「ツー・プラス・ツー」(2国間の外務大臣と防衛大臣の合同会議)を開き、共同声明で中国を名指しで批判した。

米豪2プラス2(外相・防衛相協議)

共同声明の内容は、香港問題、ウイグル問題、南シナ海問題、インド太平洋協力などからなるが、いずれも対中戦略的な内容だ。

「香港」では、中国が「一国二制度」を無視し「国家安全維持法」を制定したことを問題視した。

「ウイグル」では、中国による収容所への大量拘束、強制労働、宗教弾圧などを取り上げた。

ウイグルの強制収容所

「南シナ海」では、中国が主張する海洋権益は国際法から見て完全に無効だとした。

サンゴ礁を埋め立て軍事拠点化を進める中国

「インド太平洋協力」では、米豪とASEAN(東南アジア諸国連合)、日本、インド、韓国などとの協力を進めることを謳っているが、これもまた対中包囲網の意味合いが強いものだ。

インド太平洋協力で一致する日米印首脳

これ以外の内容についても、中国に大きく依存するサプライチェーンの組み換え、台湾の国際機関への加盟やオブザーバー参加への支持、国家が関与する悪意ある偽情報工作への対策、5Gでの信頼性の高い企業を活用したネットワーク構築など、いずれも対中国を明確に意識したものとなっている。

さらにオーストラリアのペイン外相は、従来の枠組みに囚われない新たな国家連合を目指す意向も明らかにした。

オーストラリアのペイン外相

これもまた、対中的な枠組みを前提としたものである。

さて、日本の河野防衛相がアングロサクソン系の5カ国(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド)の秘密情報共有ネットワークである「ファイブアイズ」に日本が参加する案を打ち出し、これに英国議会外務委員会のタジェンダット委員長が歓迎の意を示したことが、英紙「ガーディアン」によって報じられた。

河野防衛相

オーストラリアはこのファイブアイズ内部での自由貿易圏構想を打ち出しており、ファイブアイズに日本を加えた6カ国で軍事・情報・経済のいずれの関係でも密接につながるグループを作ることを目指していると思われる。

ファイブアイズ5カ国

すでにオーストラリア・アメリカ・カナダは、中国からのレアメタルの比重を引き下げるために、それぞれの国内でのレアメタル採掘を大幅に増やす予定である。

レアメタル

西側の民主主義国が技術同盟を結び、中国共産党に対抗するために共同で投資する方向性は、イギリスが打ち出している。

河野防衛相は中国が世界各地の港湾を手に入れるために、スリランカ、ラオス、カンボジア、バヌアツ、ジブチ、パキスタン、オマーンなどの港湾建設に深く関わっていることを問題視し、これを解決しなければならない課題だと指摘した。

中国に奪われたスリランカのハンバントタ港

河野大臣はまた、中国が金融での米ドル支配体制から脱却した新国際秩序を形成するために、デジタル人民元構想などを推進していることにも警戒を促した。

アングロサクソン系を中心に、西側諸国での中国に対する警戒感が急速に高まっており、分野横断的に様々な対策が動き出そうとしている。

急激に進むこの大きな変化を、日本の政財界は見落とすべきではないだろう。

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62026150Z20C20A7000000/
ネタ元のレコードチャイナの記事
https://www.recordchina.co.jp/b824629-s0-c10-d0062.html
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/07/60182.html
画像はエキサイトから(米豪2プラス2)
https://s.eximg.jp/exnews/feed/Reuters/Reuters_newsml_KCN24T2U2_1.jpeg
画像は時事通信から(香港デモ隊拘束)
https://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view0035083720.jpg
画像はBBCから(ウイグル強制収容)
https://ichef.bbci.co.uk/news/660/cpsprodpb/56C1/production/_109790222_panorama-how-to-brainwash-a-million-people_251119_pp.jpg
画像はWEDGEから(南シナ海軍事拠点化)
https://wedge.ismedia.jp/mwimgs/a/a/1200m/img_aa507f5c7da78ac4a6326030271be34a375467.jpg
画像は日経新聞から(インド太平洋協力)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO4669307028062019000001-2.jpg?w=900&h=600&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=45&fit=crop&crop=faces%2Cfocalpoint&fp-x=0.12&fp-y=0.41&txtfont=Hiragino%20Kaku%20Gothic%20StdN&txtpad=8&txtsize=12&txtclr=FFFFFF&txtlineclr=000000&txtshad=4&txt=朝日新聞代表撮影&txtalign=left%2C%20bottom&ixlib=js-1.4.1&s=60cdb30050c272adcead2bdbd4d31a94
画像はHerald Sunから(ペイン外相)
https://cdn.newsapi.com.au/image/v1/d19eecce2440f690006cb132b0a72e82?width=1024
画像は産経新聞から(河野太郎防衛相)
https://www.sankei.com/images/news/190601/plt1906010026-p1.jpg
画像はYouTubeから(ファイブアイズ)
https://i.ytimg.com/vi/H6nkAVegk0g/maxresdefault.jpg
画像はScience History Instituteから(レアメタル)
https://www.sciencehistory.org/sites/default/files/styles/facebook_share/public/rte/rare_earth_metals.jpg?itok=OOa4kqfn
画像はJapaneseClass.jpから(ハンバントタ港)
https://livedoor.blogimg.jp/new_nippou/imgs/e/d/eda62477.jpg
画像は仮想通貨Watchから(デジタル人民元)
https://crypto.watch.impress.co.jp/img/ctw/docs/1223/396/image01_l.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  2. 安全保障

    おかしな方向にどんどん動いていくアメリカ! 警察解体も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!"B…

  3. 経済

    中国で大物経営者が次々退任・失脚! 民営企業受難の時代に! (朝香 豊)

    アリババ創業者の馬雲氏がアリババ会長を退任したのに続いて、テン…

  4. Huawei のロゴ

    安全保障

    ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)

    ドイツのメルケル首相は、5Gの導入でEUは一致して取り組むべき…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 道理

    中国向けの自己検閲を、ロイターが非難!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    WHOが新型コロナの時系列を修正! 中国政府からの報告なし! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)
  4. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)
PAGE TOP