未分類

恒大集団はデフォルトを起こしていた! 17兆円のCDSが炸裂か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の巨大不動産ディベロッパーの恒大集団は11月10日にデフォルトを回避したと伝えられていたが、どうやら実際にはデフォルトを起こしていたようだ。

ドル建て債3本のクーポン1億4810万ドル(約170億円)の利払いが期日通りに行われず、30日間の支払い猶予期間の最終期限が11月10日になっていた。この最終日に利払いが行われたと相次いで報道されたことから、今回はデフォルトを回避していたと思われていたが、DMSA(ドイツ市場審査機関)は保有するクーポンの利払いが行われていないことを改めて明らかにした。

これによりアジアに特化した10の巨大年金ファンド、投資ファンドに100億ドル(約1兆1000億円)の損失を引き起こすことになる。さらにCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)に基づく1580億ドル(約17兆4000億円)の支払いが国際投資会社に課せられることになる。

この事実を認めると金融制度に重大な事態が生じるために、十分な支払いが行われていないにも関わらず、支払いが行われたことにして当面を切り抜けることにした疑いも持たざるをえない。

さらに、現在のところ期日通りの支払いが行われている中国の不動産企業にも今後恒大集団と同じような事態が生じる可能性もあるが、そうした潜在的な損失は現在考えられている損失の中には組み入れられていない。そしてこうした恒大集団以外の中国企業にもCDSに基づく支払いの発生が今後起こることは当然予想される。

中国の不動産はいよいよ笑えなくなってきた。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

習近平は世界経済も崩壊させる! 笑ってはいられない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6918

恒大集団の預金凍結! 株も債券も暴落!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6537

netherlandsnewslive.comの記事
https://netherlandsnewslive.com/evergrande-defaults-bankruptcy-proceedings-initiated/280148/
kyodonewsprwire.jpの記事
https://kyodonewsprwire.jp/release/202111183573
恒大集団の画像
http://p5.itc.cn/images01/20200924/7438a636709442489791a81face4277b.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 未分類

    中国は人口統計もごまかしていた! すでに人口減少か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 未分類

    コロナ給付金支払いの日韓差! ちょっと悔しい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブル…

  3. 未分類

    トランプ当選決定! 中間集計から明らか!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 未分類

    トランプ当選は神の意志! 敗北は絶対ない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 未分類

    トランプなおリードとの調査結果発表! 強気で戦い、勝利を掴め!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港理工大学に警察隊が突入! 医療スタッフも負傷者も逮捕!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)
  4. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 人権・民主主義

    道路陥没で落下した3人を救助せずに、セメント注入! 中国!(朝香 豊)
PAGE TOP