未分類

恒大集団はデフォルトを起こしていた! 17兆円のCDSが炸裂か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の巨大不動産ディベロッパーの恒大集団は11月10日にデフォルトを回避したと伝えられていたが、どうやら実際にはデフォルトを起こしていたようだ。

ドル建て債3本のクーポン1億4810万ドル(約170億円)の利払いが期日通りに行われず、30日間の支払い猶予期間の最終期限が11月10日になっていた。この最終日に利払いが行われたと相次いで報道されたことから、今回はデフォルトを回避していたと思われていたが、DMSA(ドイツ市場審査機関)は保有するクーポンの利払いが行われていないことを改めて明らかにした。

これによりアジアに特化した10の巨大年金ファンド、投資ファンドに100億ドル(約1兆1000億円)の損失を引き起こすことになる。さらにCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)に基づく1580億ドル(約17兆4000億円)の支払いが国際投資会社に課せられることになる。

この事実を認めると金融制度に重大な事態が生じるために、十分な支払いが行われていないにも関わらず、支払いが行われたことにして当面を切り抜けることにした疑いも持たざるをえない。

さらに、現在のところ期日通りの支払いが行われている中国の不動産企業にも今後恒大集団と同じような事態が生じる可能性もあるが、そうした潜在的な損失は現在考えられている損失の中には組み入れられていない。そしてこうした恒大集団以外の中国企業にもCDSに基づく支払いの発生が今後起こることは当然予想される。

中国の不動産はいよいよ笑えなくなってきた。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

習近平は世界経済も崩壊させる! 笑ってはいられない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6918

恒大集団の預金凍結! 株も債券も暴落!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6537

netherlandsnewslive.comの記事
https://netherlandsnewslive.com/evergrande-defaults-bankruptcy-proceedings-initiated/280148/
kyodonewsprwire.jpの記事
https://kyodonewsprwire.jp/release/202111183573
恒大集団の画像
http://p5.itc.cn/images01/20200924/7438a636709442489791a81face4277b.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 未分類

    竹中平蔵氏をどう見るか! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Yo…

  2. 未分類

    菅総理の功罪を見極めよう! 全否定も全肯定も間違い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私が…

  3. 未分類

    「サナエタオル」は即完売! ますます広がる高市支持の波!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!高市…

  4. 未分類

    「陰謀論」動画がSNSから削除される! 問われる言論の自由!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「プ…

  5. 未分類

    台湾で観客のいるプロ野球試合が始まる! 新型コロナ克服!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    なんと、韓国で「慰安婦像を撤去せよ!」の抗議行動!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    米共和党の重鎮が相次ぎ、中国建国70周年に批判的声明!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    TikTokがiPhoneのデータ取得! 直したはずが直っていない!(朝香 豊)…
PAGE TOP