人権・民主主義

統計的に見てあまりに異常! 激戦州でのバイデン票!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

統計学的な見地から、バイデンの票の出方がベンフォードの法則に反しており、人為的な作為が行われた可能性が高いことは以前のブログ記事で紹介した。

だが、バイデンの票のおかしさを示す統計的な問題はベンフォードの法則にとどまらないことを、ナショナル・パルスが報じている。

疑問点の1つは激戦州での投票率の異常な高さだ。ウィスコンシン州では90%を越えている。オーストラリアでは投票が義務化され、違反すると多額の罰金が課されるそうだが、それでも直近の投票率は92%だった。投票が義務化されておらず、投票しなかったとしても何の罰則もないのに、オーストラリアと変わらないレベルの投票率は果たして可能なのだろうか。

2つ目はオバマの時との比較である。オバマは演説が非常にうまく、彼の演説会場はまるでロックコンサートのような熱狂を生み出したが、オバマよりも遥かに高い得票が激戦州で実現したことになっている。例えば、ペンシルバニア州のチェスター、カンバーランド、モンゴメリーにおいては、オバマの時の1.24倍から1.43倍の得票となっている。2012年の時にはオバマはモンゴメリーで共和党のロムニーに59000票差をつけたが、今回バイデンはトランプに131000票差をつけた。これはオバマ時代の2倍以上だということになるが、そんなバイデン推しの熱狂は存在したとはとても思えない。むしろ選挙戦の熱狂でいけば、トランプ推しになるべきではなかったか。

3つ目は、激戦州に限って、大統領選挙でバイデンに投票しながら、同時に行われた上院議員選挙や下院議員選挙には投票しなかった郵便投票が大量に存在することだ。大統領選挙で民主党候補に投票する人は議会選挙でも民主党候補に投票するのが一般的だ。実際ジョージア州ではトランプ大統領の獲得票数は共和党の上院議員選挙の獲得数と818票しか違わない。だが同じジョージア州で、バイデンは民主党の上院議員選挙の獲得票よりも95801票も多いという不思議なことが起きている。

4つ目は郵便投票での無効票があまりに少なすぎることだ。初めて郵便投票を行う場合にはミスをすることが多く、3%程度が無効票になることが歴史的にわかっている。だが、例えばペンシルバニア州では今回の選挙の無効投票の割合は0.03%にすぎない。これは通例の1/100しか無効票が発生しなかったことを意味するが、こんなことが可能なのか。

今回の大統領選挙結果は明らかにおかしい。したり顔でバイデン勝利を認めるべきのような発言はいわゆる保守層の中でも広がっているが、私には全く理解不能である。

最後までトランプ勝利を信じて戦おう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のthenationalpulse.comの記事
https://thenationalpulse.com/news/case-against-biden-win/
ギャラップからの引用画像(Trump & Biden)
https://content.gallup.com/origin/gallupinc/GallupSpaces/Production/Cms/POLL/yv3hjxpqee253co-qe1lda.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  2. 安全保障

    大阪で新たに149人感染! だが重傷者はゼロ! 進む弱毒化?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!大阪…

  3. 道理

    選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    香港で、反中国派の新聞の印刷所が放火される! 動画あり! (朝香 豊)

    反中国派の新聞である大紀元時報の香港支社の印刷工場に、覆面をし…

  5. 安全保障

    ドミニオンの不正の証拠! 公開の許可がついに降りた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

  6. 人権・民主主義

    韓国で与党大勝! 日本企業は韓国から撤退せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!メル…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    FacebookやTwitterの検閲が問題視に! アメリカ政界が動く!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港「蘋果日報」の株価連日の急騰! 黎智英氏逮捕への香港市民の抗議!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    アフリカ政府庁舎は中国の盗聴器だらけか? ヘリテージ財団が警告! (朝香 豊)
  5. 経済

    矛盾の中国財政! 表は緊縮、裏は拡張!(朝香 豊)
PAGE TOP