人権・民主主義

統計的に見てあまりに異常! 激戦州でのバイデン票!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

統計学的な見地から、バイデンの票の出方がベンフォードの法則に反しており、人為的な作為が行われた可能性が高いことは以前のブログ記事で紹介した。

だが、バイデンの票のおかしさを示す統計的な問題はベンフォードの法則にとどまらないことを、ナショナル・パルスが報じている。

疑問点の1つは激戦州での投票率の異常な高さだ。ウィスコンシン州では90%を越えている。オーストラリアでは投票が義務化され、違反すると多額の罰金が課されるそうだが、それでも直近の投票率は92%だった。投票が義務化されておらず、投票しなかったとしても何の罰則もないのに、オーストラリアと変わらないレベルの投票率は果たして可能なのだろうか。

2つ目はオバマの時との比較である。オバマは演説が非常にうまく、彼の演説会場はまるでロックコンサートのような熱狂を生み出したが、オバマよりも遥かに高い得票が激戦州で実現したことになっている。例えば、ペンシルバニア州のチェスター、カンバーランド、モンゴメリーにおいては、オバマの時の1.24倍から1.43倍の得票となっている。2012年の時にはオバマはモンゴメリーで共和党のロムニーに59000票差をつけたが、今回バイデンはトランプに131000票差をつけた。これはオバマ時代の2倍以上だということになるが、そんなバイデン推しの熱狂は存在したとはとても思えない。むしろ選挙戦の熱狂でいけば、トランプ推しになるべきではなかったか。

3つ目は、激戦州に限って、大統領選挙でバイデンに投票しながら、同時に行われた上院議員選挙や下院議員選挙には投票しなかった郵便投票が大量に存在することだ。大統領選挙で民主党候補に投票する人は議会選挙でも民主党候補に投票するのが一般的だ。実際ジョージア州ではトランプ大統領の獲得票数は共和党の上院議員選挙の獲得数と818票しか違わない。だが同じジョージア州で、バイデンは民主党の上院議員選挙の獲得票よりも95801票も多いという不思議なことが起きている。

4つ目は郵便投票での無効票があまりに少なすぎることだ。初めて郵便投票を行う場合にはミスをすることが多く、3%程度が無効票になることが歴史的にわかっている。だが、例えばペンシルバニア州では今回の選挙の無効投票の割合は0.03%にすぎない。これは通例の1/100しか無効票が発生しなかったことを意味するが、こんなことが可能なのか。

今回の大統領選挙結果は明らかにおかしい。したり顔でバイデン勝利を認めるべきのような発言はいわゆる保守層の中でも広がっているが、私には全く理解不能である。

最後までトランプ勝利を信じて戦おう。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のthenationalpulse.comの記事
https://thenationalpulse.com/news/case-against-biden-win/
ギャラップからの引用画像(Trump & Biden)
https://content.gallup.com/origin/gallupinc/GallupSpaces/Production/Cms/POLL/yv3hjxpqee253co-qe1lda.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    道理

    チョ・ググ氏の法相就任に障害はないと、韓国政府関係者が表明!

    これで韓国民の理解は本当に得られるのか❓青瓦台関係…

  2. 人権・民主主義

    朝日は女性・トランスの味方ではない! 飯山陽氏!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アス…

  4. 人権・民主主義

    ついに国連にも中国のウイグル弾圧に厳しい批判が現れる!(朝香 豊)

    12名の国連の専門官が、中国の反テロリスト法に対して、前例のな…

  5. 人権・民主主義

    香港中文大学で警察が2356発の催涙弾を打ち込む! 狙いはネット規制か!(朝香 豊)

    香港の東大とも呼ばれることもある香港中文大学に、12日の夜に香…

  6. 安全保障

    進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!少し…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    世界的なパンデミックの可能性! ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    対中経済安保の強化策を連発! 菅政権!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米インテリジェンスはウイルス人工説を否定! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    感染者がいないブラジルが、国家非常事態宣言! 日本は何をしているのか?(朝香 豊…
PAGE TOP