安全保障

新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルス対策の対応が遅いとして、トランプ大統領が批判されている。

中国で新型ウイルスの発生が始めて確認されてから3ヶ月、アメリカ政府が情報を収集してから2ヶ月が経過したが、トランプ政権が議会に25億ドルの予算措置を求めたのは今週に入ってからにすぎないからだ。

感染者をなるべく国内に入れないために、中国からの全面入国阻止を決めたまではよかったものの、その後にもっと早く打つ手があっただろうというわけだ。

そもそもアメリカでは検査が受けられる人が限られていた。

感染の疑われる国への渡航歴があり、インフルエンザのような症状が見られる人だけが対象になっていたからだ。

検査基準が広げられて、感染が疑われるケースがあれば受けられるとなったのは、2月27日になってようやくだ。

マスクも不足している。

医療従事者用に戦略国家備蓄として用意されているマスクは2000万枚にも満たないという。

トランプ政権は「国防生産法」に基づいて、大統領権限でマスクや防護服などの生産を拡大することを検討しているが、これはまだ最終決定には至っていない。

やがては国内でも感染が拡大することが予想できたのに、対応が遅いとして、トランプ大統領は責められているわけだ。

それでも日本よりは遥かにマシだと思うのだが、アメリカは厳しい。

というより、日本がゆるすぎなんだけどね…。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/us-virus-response-idJPKCN20M0U3

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    汚名返上か、茂木外相! 中国非難、ワクチン開発の問題提起!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    アメリカがウイグル制裁を発動! 中共幹部に金融制裁、ビザ発給停止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CD…

  4. 安全保障

    送電設備のトラブルで山手線が完全停止 ! 危機管理意識の大転換を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6月…

  5. 安全保障

    イランの病院は死体の山! まるで武漢!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    チョ・グク氏法相ゴリ押しで、文政権は終了かも
  2. 経済

    日本の食品の放射能汚染検査を「完全に信頼」 国連FAO!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)
  5. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝…
PAGE TOP