安全保障

新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルス対策の対応が遅いとして、トランプ大統領が批判されている。

中国で新型ウイルスの発生が始めて確認されてから3ヶ月、アメリカ政府が情報を収集してから2ヶ月が経過したが、トランプ政権が議会に25億ドルの予算措置を求めたのは今週に入ってからにすぎないからだ。

感染者をなるべく国内に入れないために、中国からの全面入国阻止を決めたまではよかったものの、その後にもっと早く打つ手があっただろうというわけだ。

そもそもアメリカでは検査が受けられる人が限られていた。

感染の疑われる国への渡航歴があり、インフルエンザのような症状が見られる人だけが対象になっていたからだ。

検査基準が広げられて、感染が疑われるケースがあれば受けられるとなったのは、2月27日になってようやくだ。

マスクも不足している。

医療従事者用に戦略国家備蓄として用意されているマスクは2000万枚にも満たないという。

トランプ政権は「国防生産法」に基づいて、大統領権限でマスクや防護服などの生産を拡大することを検討しているが、これはまだ最終決定には至っていない。

やがては国内でも感染が拡大することが予想できたのに、対応が遅いとして、トランプ大統領は責められているわけだ。

それでも日本よりは遥かにマシだと思うのだが、アメリカは厳しい。

というより、日本がゆるすぎなんだけどね…。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/us-virus-response-idJPKCN20M0U3

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    台湾、中国のスパイを拘束! 豪に亡命した中共スパイの暴露から!(朝香 豊)

    オーストラリアに亡命した元中国のスパイ・王立強氏の暴露により、…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  3. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  4. 安全保障

    WHOがようやく緊急事態宣言! 日本政府は即座に中国からの渡航禁止を行え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  5. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  6. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アップルに入り込んでいた中国人スパイ、ミサイルの機密書類も所持発覚!(朝香 豊)…
  3. 未分類

    来年の参議院議員選挙で憲法改正を! 維新の松井代表が強力アシスト!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本国内の感染リスクは意外と小さい! 節度は持っても過剰な心配は無用だ!(朝香 …
  5. 未分類

    横浜市長選挙で菅総理が推す小此木氏が大敗北! 菅おろしは不可避!(朝香 豊)
PAGE TOP