安全保障

新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルス対策の対応が遅いとして、トランプ大統領が批判されている。

中国で新型ウイルスの発生が始めて確認されてから3ヶ月、アメリカ政府が情報を収集してから2ヶ月が経過したが、トランプ政権が議会に25億ドルの予算措置を求めたのは今週に入ってからにすぎないからだ。

感染者をなるべく国内に入れないために、中国からの全面入国阻止を決めたまではよかったものの、その後にもっと早く打つ手があっただろうというわけだ。

そもそもアメリカでは検査が受けられる人が限られていた。

感染の疑われる国への渡航歴があり、インフルエンザのような症状が見られる人だけが対象になっていたからだ。

検査基準が広げられて、感染が疑われるケースがあれば受けられるとなったのは、2月27日になってようやくだ。

マスクも不足している。

医療従事者用に戦略国家備蓄として用意されているマスクは2000万枚にも満たないという。

トランプ政権は「国防生産法」に基づいて、大統領権限でマスクや防護服などの生産を拡大することを検討しているが、これはまだ最終決定には至っていない。

やがては国内でも感染が拡大することが予想できたのに、対応が遅いとして、トランプ大統領は責められているわけだ。

それでも日本よりは遥かにマシだと思うのだが、アメリカは厳しい。

というより、日本がゆるすぎなんだけどね…。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/us-virus-response-idJPKCN20M0U3

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    露独の天然ガスパイプラインに暗雲! ロシア反体制指導者毒殺未遂で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

  4. 安全保障

    中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)

    オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」は、中国のスパ…

  5. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)

    韓国政府は事実とは違う主張をしたり、自分たちに不都合な情報を隠…

  6. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    参議院の委員会で中国の人権問題が取り上げられる! 臓器狩りも!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    民主党候補には35000票の嵩上げ! 大統領選挙だけではない!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    国際調査報道ジャーナリスト連合が、中国のウイグル人弾圧の内部文書を公表! (朝香…
  5. 経済

    中国の不動産バブル崩壊! 多方面にわたる影響と悲劇!(朝香 豊)
PAGE TOP