安全保障

新型コロナ対策が遅い! 批判されるトランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルス対策の対応が遅いとして、トランプ大統領が批判されている。

中国で新型ウイルスの発生が始めて確認されてから3ヶ月、アメリカ政府が情報を収集してから2ヶ月が経過したが、トランプ政権が議会に25億ドルの予算措置を求めたのは今週に入ってからにすぎないからだ。

感染者をなるべく国内に入れないために、中国からの全面入国阻止を決めたまではよかったものの、その後にもっと早く打つ手があっただろうというわけだ。

そもそもアメリカでは検査が受けられる人が限られていた。

感染の疑われる国への渡航歴があり、インフルエンザのような症状が見られる人だけが対象になっていたからだ。

検査基準が広げられて、感染が疑われるケースがあれば受けられるとなったのは、2月27日になってようやくだ。

マスクも不足している。

医療従事者用に戦略国家備蓄として用意されているマスクは2000万枚にも満たないという。

トランプ政権は「国防生産法」に基づいて、大統領権限でマスクや防護服などの生産を拡大することを検討しているが、これはまだ最終決定には至っていない。

やがては国内でも感染が拡大することが予想できたのに、対応が遅いとして、トランプ大統領は責められているわけだ。

それでも日本よりは遥かにマシだと思うのだが、アメリカは厳しい。

というより、日本がゆるすぎなんだけどね…。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/us-virus-response-idJPKCN20M0U3

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    救急搬送で11箇所から受け入れ拒否も! 新型コロナが疑われる患者!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!4月…

  2. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元エ…

  3. 安全保障

    日本は韓国ほど検査していない! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元F…

  4. 安全保障

    中国共産党のネット検閲システムを破壊する計画 !? トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ホワ…

  5. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    対中経済安保の強化策を連発! 菅政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅政…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ついに国連にも中国のウイグル弾圧に厳しい批判が現れる!(朝香 豊)
  2. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国大使がスウェーデンの報道機関を脅迫! スウェーデン政府が呼び出して抗議!(朝…
  4. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)
PAGE TOP