安全保障

衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したことをツイッター上で発表した。

トランプ大統領は「ボルトン氏には、もはや働いてもらう必要はないと昨晩伝えた」としているが、ボルトン氏は「私が昨夜辞任を申し出たところ、『明日話そう』と言われた」とし、トランプ氏の説明は虚偽であるとした。このやりとりから、双方の不信感は相当激しいものだったことが想像される。

これまでもトランプ氏の解任は数多くあり、それらの中には路線上納得しやすいものも多かったが、スティーブ・バノン首席戦略官、マクマスター大統領補佐官、マティス国防長官、コーツ国家情報長官などの解任は、これまでも不可解に感じてきた。

今回解任されたボルトン氏は「 人間不良品」「安保破壊補佐官」などと散々北朝鮮から非難されてきた人物ゆえに、我々としては頼もしい存在だったわけだが、北朝鮮問題での意見の対立も今回の解任劇には大きな影響があったとされているだけに、今後のトランプ政権の北朝鮮戦略に変更が生じることが懸念される。

米国政策の分断を工作している人物がトランプ大統領にうまく接近し、影でトランプ大統領に妙な入れ知恵をするようになっていないか、気になるところだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    クルーズ船の感染は日本の不手際ではない! 日本政府は世界に訴えよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!横浜…

  2. 安全保障

    暴かれてきた膨大な闇の繋がり! 民主党・ドミニオン・CIA・共産国家群!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ダイ…

  4. 安全保障

    科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  5. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!5G…

  6. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日本政府は中国のダンピングを止めるべき! 中国製EVバスの危険!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港市民が活用するアプリがApp Storeから削除へ! 中国の圧力か!(朝香 …
  5. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝…
PAGE TOP