安全保障

衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したことをツイッター上で発表した。

トランプ大統領は「ボルトン氏には、もはや働いてもらう必要はないと昨晩伝えた」としているが、ボルトン氏は「私が昨夜辞任を申し出たところ、『明日話そう』と言われた」とし、トランプ氏の説明は虚偽であるとした。このやりとりから、双方の不信感は相当激しいものだったことが想像される。

これまでもトランプ氏の解任は数多くあり、それらの中には路線上納得しやすいものも多かったが、スティーブ・バノン首席戦略官、マクマスター大統領補佐官、マティス国防長官、コーツ国家情報長官などの解任は、これまでも不可解に感じてきた。

今回解任されたボルトン氏は「 人間不良品」「安保破壊補佐官」などと散々北朝鮮から非難されてきた人物ゆえに、我々としては頼もしい存在だったわけだが、北朝鮮問題での意見の対立も今回の解任劇には大きな影響があったとされているだけに、今後のトランプ政権の北朝鮮戦略に変更が生じることが懸念される。

米国政策の分断を工作している人物がトランプ大統領にうまく接近し、影でトランプ大統領に妙な入れ知恵をするようになっていないか、気になるところだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    学術会議の任命拒否理由の非開示決定! 問題は学術会議の存在そのもの! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 安全保障

    リトアニアが中国製スマホの安全性を警告! ドイツが追随か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    カナダ裁判所がファーウェイCFOの主張を却下! 中国がカナダに「報復」示唆!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  5. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!長年に…

  6. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!6時…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)
  2. 道理

    東京オリンピックでの旭日旗の使用は、個別事案ごとに判断するだって? 明らかに一歩…
  3. 人権・民主主義

    中国トップレベル選手の栄光と影! 恐ろしく残酷な現実にも目を向けよう!(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)
PAGE TOP