安全保障

衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を解任したことをツイッター上で発表した。

トランプ大統領は「ボルトン氏には、もはや働いてもらう必要はないと昨晩伝えた」としているが、ボルトン氏は「私が昨夜辞任を申し出たところ、『明日話そう』と言われた」とし、トランプ氏の説明は虚偽であるとした。このやりとりから、双方の不信感は相当激しいものだったことが想像される。

これまでもトランプ氏の解任は数多くあり、それらの中には路線上納得しやすいものも多かったが、スティーブ・バノン首席戦略官、マクマスター大統領補佐官、マティス国防長官、コーツ国家情報長官などの解任は、これまでも不可解に感じてきた。

今回解任されたボルトン氏は「 人間不良品」「安保破壊補佐官」などと散々北朝鮮から非難されてきた人物ゆえに、我々としては頼もしい存在だったわけだが、北朝鮮問題での意見の対立も今回の解任劇には大きな影響があったとされているだけに、今後のトランプ政権の北朝鮮戦略に変更が生じることが懸念される。

米国政策の分断を工作している人物がトランプ大統領にうまく接近し、影でトランプ大統領に妙な入れ知恵をするようになっていないか、気になるところだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    イスラエル破壊は「達成可能な目標」! イラン革命防衛隊司令官!(朝香 豊)

    イラン革命防衛隊のホセイン・サラミ司令官は、宿敵イスラエルにつ…

  2. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  3. 安全保障

    王岐山がなぜか北海道訪問へ! 意図は何だ?(朝香 豊)

    「即位礼正殿の儀」に出席する中国の王岐山国家副主席は、4泊5日…

  4. 安全保障

    日本で人工呼吸器の増産が進まない理由がわかった! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    愛媛銀行経由で5億円超、埼玉県信用組合経由で19億円のマネロン発覚! (朝香 豊)

    愛媛銀行大阪支店に口座を持つ男性が、同行の石井支店の窓口を利用…

  6. 安全保障

    釜山市は「慶祝・中華人民共和国建国70周年」の横断幕を許可! (朝香 豊)

    釜山市は3箇所の歩道橋に、韓中友好親善協会が申請した「慶祝・中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    ラグビーW杯での旭日旗使用さえ、韓国教授は抗議へ! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)…
  3. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)
  4. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    マサチューセッツ工科大学、中国AI企業との協業を見直しへ!(朝香 豊)
PAGE TOP