道理

北朝鮮との試合で平壌に向かった韓国選手がかわいそう! 何も言えない文在寅政権は危機に!(朝香 豊)

サッカーW杯のアジア予選で北朝鮮と戦うために平壌に向かった韓国選手たちがかわいそうだ。

彼らに対してビザの発給が認められる見通しが立ったのが試合のわずか4日前だった。

韓国から北朝鮮に直接向かうことは許されず、一旦は北京に向かい、北京でビザの発給をしてもらわなければならなかった。これが試合開始の2日前だ。

北京から平壌に入ったのが試合前日の夕方4時半頃だが、入国審査で様々なイチャモンをつけられ、結局空港を出ることができたのは7時半頃になっていた。

カバンに入っている手荷物を1つ残らず書き出させ、それに対して難癖をつけ、時間の引き延ばしが行われた。

調理用の食材を大量に持って行ったが、これも空港で没収された。

携帯電話は。北京の韓国大使館に一括して預けることが求められ、書籍は持ち込み禁止品目だった。

ホテルでは保安要員が見張っていて、散歩も思い通りにはできなかった。

試合には北朝鮮人の観客さえおらず、テレビ中継も許されなかった。

北朝鮮と韓国はアジア予選で同じグループに所属し、ともに決勝進出を狙っているために、韓国選手団を妨害した可能性は高い。

韓国に勝つのは非常に厳しいので、試合を国民に知らせたくなかったという事情もあるのだろう。

また、北朝鮮には、自分たちの方が韓国よりも上にあるという意識もあると思われる。

こんなことが起こっていながら、韓国サッカー協会の会長は、2023女子W杯の南北共同招致を進める意向を変えていない。

そして、韓国のサッカーファンの期待を完全に裏切ったこの事件に対して、文在寅政権は事実上何も言えない無様な姿を見せた。

このサッカーの試合が、文在寅政権に対する不信を一気に高める役割を果たしたと思われる。

これのネタ元の朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/17/2019101780002.html
トップ画像はFootball Channel の記事から https://www.footballchannel.jp/2019/10/17/post343210/
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/10/2019-10-16_korea_getty-560×373.jpg

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 外交

    韓国二大労組がILOに「強制徴用」判決問題で日本批判の意見書を提出! 受けて立とう!(朝香 豊)

    韓国労働組合の二大全国組織が、韓国の最高裁での「強制徴用」判決…

  3. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?

    「辞めさせてもらえるなら、辞めて謝罪したい」、「行政長官は…

  4. 道理

    How abnomal the mainstream media are! Broadcast t…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Wr…

  5. 人権・民主主義

    「慰安婦は売春の一種」と述べた延世大学の柳教授の講座は停止扱いに! (朝香 豊)

    韓国の延世大学の柳錫春教授は、「売春は古い産業であり、多くの国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?
  2. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香…
  3. 経済

    外国資本が韓国を見限って続々撤退へ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    カナダで中国の人権状況を批判する動きが相次ぐ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    テキサスで不正選挙で逮捕! 知的障害者を利用!(朝香 豊)
PAGE TOP