道理

外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

管政権は、科学研究費補助金(科研費)を受ける大学などの研究室に対して、外国からの資金協力があるか開示を義務付ける方針を打ち出した。

当初は科学技術振興機構(JST)など政府系4機関のみに関して開示を義務付ける方針だったが、対象範囲を広げた。

虚偽申告が判明した場合は資金配分の決定を取り消すとし、早ければ2022年度にも導入するとの方針だ。

経済安全保障を重視するアメリカ政府に歩調を合わせる方針だと言えるだろう。

この方針転換は大賛成である。

ただし、それでも課題は大きい。

第一に、日本の場合には外国からの資金提供が発覚した場合に資金配分の決定を取り消すだけとなっているが、アメリカの場合には研究者が起訴・逮捕されることもありうる。

制度の実効性を上げるためにも、日本も違反が発覚した場合の比較的重い刑事罰を導入すべきではないだろうか。

第二に、「早ければ2022年度」というのは実は遅くないだろうか。

2021年度まで前倒しすることも検討すべきである。

第三に、研究室内の留学生についての扱いが決められていないのは、抜け穴があるということにならないだろうか。

大学の実情からすると、第三のルールは実現不可能だという意見もあるだろうが、その場合に日本の先端技術が外国に漏れ出てしまうことはやむをえないのだろうか。

それは明らかにおかしい。

少なくとも自由・民主主義・基本的人権の尊重・法の支配という基本的価値観を共有していない国の留学生は、科研費対象の研究室には参加できないようにすべきである。

日本政府には以上の三点について、再検討をしていただきたいものだ。

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64345400Y0A920C2PP8000/
日経新聞からの引用画像(研究資金の中で科研費が占める割合)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6431003028092020PP8001-PN1-1.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=a892e21d2fb7c36cdb82041237993274

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 中国

    中国、武漢をようやく封鎖! 春節前にギリギリ間に合った!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 経済

    新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 中国

    韓国の無法を改めないと出席しないと管総理! 日中韓首脳会談!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!毎年…

  6. 中国

    中国で焚書が進んでいる! こっそりやれとの指示も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    スクープ! ウクライナ機の撃墜を、イランのトップはやはり最初から知っていた!(朝…
  2. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)
  4. 経済

    アフリカ豚コレラのワクチン開発! 100%効果的!(朝香 豊)
  5. 経済

    ソフトバンクG、ピンチ! 三菱も三井住友も融資に応じない見通し! (朝香 豊)
PAGE TOP