道理

外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

管政権は、科学研究費補助金(科研費)を受ける大学などの研究室に対して、外国からの資金協力があるか開示を義務付ける方針を打ち出した。

当初は科学技術振興機構(JST)など政府系4機関のみに関して開示を義務付ける方針だったが、対象範囲を広げた。

虚偽申告が判明した場合は資金配分の決定を取り消すとし、早ければ2022年度にも導入するとの方針だ。

経済安全保障を重視するアメリカ政府に歩調を合わせる方針だと言えるだろう。

この方針転換は大賛成である。

ただし、それでも課題は大きい。

第一に、日本の場合には外国からの資金提供が発覚した場合に資金配分の決定を取り消すだけとなっているが、アメリカの場合には研究者が起訴・逮捕されることもありうる。

制度の実効性を上げるためにも、日本も違反が発覚した場合の比較的重い刑事罰を導入すべきではないだろうか。

第二に、「早ければ2022年度」というのは実は遅くないだろうか。

2021年度まで前倒しすることも検討すべきである。

第三に、研究室内の留学生についての扱いが決められていないのは、抜け穴があるということにならないだろうか。

大学の実情からすると、第三のルールは実現不可能だという意見もあるだろうが、その場合に日本の先端技術が外国に漏れ出てしまうことはやむをえないのだろうか。

それは明らかにおかしい。

少なくとも自由・民主主義・基本的人権の尊重・法の支配という基本的価値観を共有していない国の留学生は、科研費対象の研究室には参加できないようにすべきである。

日本政府には以上の三点について、再検討をしていただきたいものだ。

ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64345400Y0A920C2PP8000/
日経新聞からの引用画像(研究資金の中で科研費が占める割合)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6431003028092020PP8001-PN1-1.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=a892e21d2fb7c36cdb82041237993274

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    WHOが新型コロナウイルスの感染力を過小評価! スウェーデンの研究者グループ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!スウ…

  3. 安全保障

    科学情報の窃盗のほとんどに中国共産党が関与! フランスで報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  4. 安全保障

    新型コロナの中国起源説を否定! 中国外務省がプロパガンダ戦へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    看過できない鳩山由紀夫の発言! 外患誘致罪も考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!鳩山…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)
  2. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国の経済成長率が4%まで下がって大減速? おいおい!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスは生物兵器として開発された可能性が!(朝香 豊)
  5. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)
PAGE TOP